登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
中房温泉より燕岳・大天井岳ピストン 燕岳、大天井岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん

この登山記録の行程

中房・燕岳登山口(04:30)・・・第2ベンチ(05:22)[休憩 3分]・・・合戦小屋(07:04)[休憩 9分]・・・燕山荘(08:15)[休憩 10分]・・・燕岳(08:56)[休憩 5分]・・・燕山荘(09:23)・・・大下りの頭(10:08)[休憩 2分]・・・切通岩(11:31)[休憩 2分]・・・大天荘(12:10)[休憩 2分]・・・大天井岳(12:23)[休憩 7分]・・・大天荘(12:39)[休憩 16分]・・・切通岩(13:34)[休憩 2分]・・・大下りの頭(14:42)[休憩 2分]・・・燕山荘(15:20)[休憩 3分]・・・合戦小屋(15:54)・・・第2ベンチ(16:43)・・・中房・燕岳登山口(17:21)

総距離 約19.5km 累積標高差 上り:約2,383m
下り:約2,383m
コースタイム 標準:13時間15分
自己:11時間48分
コースタイム倍率 0.89
日の長いこの時期だからこそという事で燕岳、大天井岳迄の日帰りロングルート計画。
とりあえず大下りの頭位迄行ってみてタイムスケジュールより遅れるようなら断念するつもりでチャレンジしてみました。なのでかなりの健脚者向けです。

登山者用の市営の無料の第一駐車場に4時前に到着10台程既に車が駐車していました。
駐車場から徒歩10分ほどの中房温泉の登山口でトイレを済ませ4時30分登山開始!
流石北アルプス三大急登最初からなかなかの急坂です。
第二ベンチまではならしペース気味に抑えながらゆっくり目に登りました。
最初は広葉樹林帯の中ゴゼンタチバナが富士見ベンチ辺りからはイワカガミが多く見られました。
合戦小屋以降も急登が続き槍の穂先が見えるとテンションあがります♪
森林限界の合戦沢ノ頭から燕山荘、燕岳、餓鬼岳迄見えました。
でもここからの燕山荘までの登りが近いようで遠く感じました
中房温泉から4時間位で燕山荘に到着。目の前に広がる北アルプスの山々に感動!
まだまだ残雪の北アルプスの景色はやはり感激です。
そして燕山荘を回り込むと北アルプスの女王燕岳登場!
映像で何度も見てきたカコウ岩とハイマツのコントラストが美しい。
一時間位で燕岳に到着!
立山、劔岳、鹿島槍ヶ岳の贅沢な眺め 感激の絶景です♪
そして大天井岳への憧れの表銀座の縦走路。
常に槍ヶ岳、穂高岳、双六岳、黒部五郎岳、水晶岳等々を横目に何と気持ちの良い縦走路でしょう。楽しみにしていた高山植物 コマクサも咲き始めで所々で見ることが出来ました。
大天井岳迄の約5㎞の道のりは思っていたよりアップダウンがあり最後の急登は辛くて心折れそうでした。開通したばかりの夏道の残り500メートルが長く長く感じました。このトラバース道では二度の雪渓がありました。山小屋の方々が歩きやすいように整備されていて問題なし。
中房温泉からは8時間、燕山荘からは3時間で大天井岳山頂にたどり着く事が出来ました。
より正面側に来た槍ヶ岳、ここ迄来て目にすることが出来る涸沢カールと穂高連邦の山々、そして常念岳、蝶ヶ岳への縦走路まさに360度の大展望。
山頂では貸し切りでのんびり景色を堪能した後大天井荘で山菜うどんを頂いて気合いをいれ中房温泉迄引き返し。
帰りは特に大下りの頭迄の登りがきつかった(^^;
バテバテで燕山荘に帰るまで大天井岳から150分近くかかってしまいました。
これから中房温泉登山口まで5㎞の下山は快調で2時間程で長房温泉登山口に到着。YAMAPで総距離21㎞でした。
時間的に中房温泉は終了していたので登山口より30分ほどの所に日帰り温泉しゃくなげの湯(¥700)に浸かって今日一日の余韻にひたりました。

登山中の画像
  • 市営第一駐車場
  • 登山届を提出して
  • 駐車場より10分位で中房温泉に到着
  • 安全登山を祈願して
  • 立派なトイレあります
  • 4:30登山開始 最初から急登です
  • 樹林帯の向こうに有明山
  • 水場 ここから100㍍程下りた所みたいです。 なのでスルー
  • 30分くらいで第一ベンチ
  • けっこう広いです
  • ゴゼンタチバナ
  • 第二ベンチ 第一ベンチから25分くらい
  • イワカガミ
  • 有明山から朝陽が昇ってきました
  • 目指す大天井岳方面 とおっ!
  • 花崗岩の比率が多くなってきました
  • 富士見ベンチ 残念ながら霞んで確認できませんでした
  • ツマトリソウ
  • 植生が低くなってきました
  • ミヤマナナカマド
  • 合戦小屋に到着 7:00なのでまだ営業前 ベンチでひと休み スイカ食べたかった!
  • 記念に
  • 花崗岩の階段を登ります
  • 槍ヶ岳の穂先が見えました テンション上がります
  • 南アルプス 甲斐駒ヶ岳、北岳がうっすらと
  • 合戦沢ノ頭
  • ここから燕岳が少し見えました
  • 残雪は少し
  • ハイマツの赤い実と大天井岳と少し近くなった槍の穂先
  • 燕山荘見えました♪
  • 鎖場はありますが、それほど危険な感じはありません
  • 大天井岳、槍ヶ岳 小槍まで確認できました どんどん気持ちが上がります
  • 燕山荘迄あと少し 近いようでなかなか近づきません(><;)
  • ようやく北アルプス大絶景とご対面! 双六岳、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、水晶岳等 燕山荘を巻いて100m行くと・・・。
  • 定番の角度 はじめましての燕岳(^^)/
  • この方面何枚も写真撮ってしまいます
  • 初コマクサ あちこちに咲き始めてました
  • 燕山荘
  • 御馴染みのオブジェと燕岳
  • 燕山荘よりの眺め 右側テント場はまだ残雪あり 燕岳と右側後ろに餓鬼岳
  • ずっと見てられます♪
  • ハクサンイチゲ
  • 中房温泉方面に有明山も立派です 奥に八ヶ岳も確認
  • 燕岳へ向かいます 片道1km30分位です
  • まだこの時期はコマクサが咲き始めです この辺りはまだ一株に2輪くらいでした
  • ハイマツ帯を縫って燕岳山頂へ
  • ハクサンイチゲとハイマツと燕岳
  • メガネ岩と槍ヶ岳
  • ハクサンイチゲと槍ヶ岳
  • 花崗岩が砂状になっているので木の階段が整備されています
  • ここから振り返ると燕山荘そして大天井岳、常念岳迄確認
  • 北燕岳、餓鬼岳方面への分岐
  • 山頂への最後の花崗岩の階段
  • 2763m燕岳山頂到着!
  • 三角点
  • 燕岳山頂から① 北燕岳と立山三山、劔岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳方面
  • 燕岳山頂から② 安曇野方面には雲海と南アルプスとうっすら富士山も
  • 燕岳山頂から③ 燕岳山頂から燕山荘、大天井岳方面
  • 燕岳山頂から④ 有明山、燕山荘、安曇野方面
  • 燕岳山頂から⑤ 黒部五郎岳、水晶岳、三俣蓮華岳方面
  • イルカ岩と槍、穂高岳
  • イルカ岩から燕山荘方面
  • 燕山荘に戻ってきました
  • 燕山荘の右脇道から表銀座縦走路を出発
  • 最初はハイマツ帯を歩きます
  • ミヤマキンバイと槍ヶ岳
  • 幸せな稜線歩き♪ 常にこの眺め
  • 蛙岩
  • 燕岳迄1.2km大天井岳迄5.6km
  • 気持ちにいい稜線歩き 正面の大天井岳まだまだです(^^;)
  • イワウメ
  • ミヤマキンバイ
  • コマクサ
  • ミヤマキンポウゲ
  • 大下りの頭に到着 やっと半分
  • 大下りの頭より① 大分大天井岳と槍・穂高が近づいてきました
  • 大下りの頭より②
  • ここで突然の対面 雷鳥さん!
  • 今回一番のコマクサ♪
  • せっかく登ったのにまた下り なかなか下ります
  • 残雪帯も少し
  • ツメクサ
  • この虫が大量発生。 山小屋のスタッフに聞いたらこの時期大量発生するようです(><;
  • クモマスミレ
  • なかなか長い…。
  • 元気があれば走れます♪
  • いよいよ最後の大天井岳への登り返し 結構急登です(^^;
  • 燕山荘から唯一の鎖場
  • 大天井岳鞍部の急な階段
  • 槍ヶ岳方面の大天井ヒュッテと大天井岳山頂へとの分岐
  • 振り返ると燕山荘からの道のり
  • ようやく開通した夏道
  • 大天井荘迄500mの標識 100m毎にあります
  • 途中雪渓をトラバース①
  • 二つ目の雪渓のトラバース②
  • 後100mです ここからが凄く長く感じました(^^;)
  • バテバテで何とか大天荘に到着 中房温泉登山口から約8時間かかりました。
  • 山頂へのガレバ雪渓がまだ少しあります
  • 振り返って大天井荘と常念岳方面
  • 大天井岳山頂に到着! おおっ!と言っちゃいます
  • 大天井岳の祠
  • 大天井岳山頂から① 表銀座縦走路と槍ヶ岳、穂高に涸沢カール
  • 大天井岳山頂から② 黒部吾郎岳、三俣蓮華岳、水晶岳方面
  • 大天井岳山頂から③ 東天井岳、常念岳方面
  • 大天井岳山頂から④ ここまで来た道のり 立山、剱岳、鹿島槍ヶ岳迄確認 湖は高瀬湖かな
  • クモマスミレ
  • キバナシャクナゲ
  • 大天荘受付 スナップフォトやバッジ等
  • 大天井荘の山菜うどん¥800美味しかったです♪ コーラ¥400と頂きました。
  • 休憩ののち13時燕山荘へ引き返します
  • 疲れて登りで見落した小林喜作レリーフ
  • 大下りの頭 この登り返しが一番きつかった(><; そして大天井岳から燕山荘迄ようやく半分帰ってきました
  • 燕山荘に戻ってきました 燕岳ともお別れ。
  • 燕山荘から最後合戦尾根の下り中房登山口迄5.5㎞の道のり
  • 15時20分頃燕山荘を後にします ガスってきました。
  • 燕山荘から30分位で合戦小屋まで下山
  • イワカガミ
  • ミヤマナナカマド
  • ギョリンソウ
  • 中房温泉に帰ってきました
  • 燕山荘より約2時間で下山できました。 いやぁ~疲れました でも天候に恵まれて充実の一日でした♪
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    小屋周辺の花がどんどんと種類を変えて咲いています。有明荘は「安曇野市宿泊施設応援券」の対象施設
    20年08月13日(木)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    高山植物が咲き乱れ大変きれいです。新穂高温泉~黒部五郎小舎までの登山道で問題のある箇所はありません
    20年08月13日(木)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    周辺主ルートに大きな支障の連絡なし。午後ガスや天気急変あり早出早着を。夏山でも防寒具必携
    20年08月11日(火)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    天気変わりやすくガスが出たり風があったりします。白出沢は通行不能。テント泊小屋泊とも予約制
    20年08月11日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中 荷物が重くても肩の痛みがない! 満開のミヤマキリシマと山飯を満喫したマロたんのレポートです
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...