登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
吾策新道から万太郎山~谷川岳 大ベタテ沢ノ頭、万太郎山、大障子ノ頭、小障子ノ頭、オジカ沢ノ頭、トマの耳(上信越)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年7月14日(土)

  • 利用した登山口

    土樽駅  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒5:47→山手線→東京6:06~36→MAXたにがわ→越後湯沢8:06~13→上越線→土樽8:29

    復路:天神平15:05→谷川岳ロープウェー→谷川岳ロープウェー駅15:12~50→関越交通バス→上毛高原16:48~17:26→MAXとき→東京18:40~48→山手線→目黒19:06

  • 天候

    曇り

この登山記録の行程

土樽駅600m8:30→高波吾策像(水場)8:38→吾策新道分岐(橋)8:42→登山道入口9:06→舟窪1320m9:59→大ベタテ沢ノ頭1520m10:22→谷川岳方面分岐11:28→万太郎山1954m11:30~45→大障子ノ頭1800m12:15→大障子避難小屋12:27→小障子ノ頭1730m12:37→オジカ沢ノ頭避難小屋13:03→オジカ沢ノ頭1840m13:06→中ゴー尾根分岐13:34→谷川岳肩ノ小屋13:50→谷川岳(トマノ耳)1963m13:56~14:07→天狗の溜まり場(岩)14:15→熊穴沢避難小屋14:30→天神平駅1319m14:48

合計6時間18分

総距離 約15.5km 累積標高差 上り:約2,133m
下り:約1,429m
コースタイム 標準:10時間40分
自己:5時間53分
コースタイム倍率 0.55
7月14日(土)は、先々週の平標新道の続きで、吾策新道から万太郎山に登り、谷川岳まで縦走してきました!

吾策新道は、大昔に下った時にものすごく急で滑りやすい一本道という記憶があったのですが、今回逆に登ってみたら、息継ぎできる適度に傾斜が緩む箇所が随所にあり、思っていたほど大変な道ではありませんでした。しかも平標新道と同じようにきれいに下草が刈られていて、急な滑りやすい箇所にはトラロープが張られているので、ここも土樽駅かあるいは下の林道に車を置いてピストンならば十分一般向きのハイキングコースとして使えます。

問題があるとすれば、万太郎山は谷川連峰のちょうど真ん中にあるので、谷川岳に抜けるにしても、平標山に抜けるにしても、どちらも遠いということでしょうか。しかもどちらのコースも道が結構ハードボイルド!まあそれは、車で行って朝4時にスタートするとかすればいいわけで、でもそこまでしなくとも山頂ピストンする分には何ら問題無いので、吾策新道はもう少し登られても良い道だと思います。

ということで、今回も土樽駅を8時半スタート!駅を出たら、土合方面にって言っても道がつながってないので、茂倉新道とか蓬峠へ行道と同じ方に進みます。

線路をくぐった先の水場の前の広場に吾策新道を作った偉大なる高波吾策大先生の銅像があるので、お参りして行きましょう!

吾策っつあんの銅像を過ぎるて右手に橋が見えてくるのでそれを渡ります。橋の入口に標識があります。

あとは登山道入口までほぼ一本道。最後の方のゴミ処理施設の周辺が多少分岐が多いですが、常識的に直進すれば、右手に吾策新道の標識が現れます。

ここまで土樽駅から3.5km強、平標新道みたいにアプローチが5km以上あるわけじゃないですから楽です。わりとすぐ着きます。

登山道入口から、最初に書いたように下草が刈られた、思ってたよりも急じゃない道を50分ほど登ると雪田跡のある舟窪に着きます。

この先少し登ると徐々に、森林限界の境のなだらかな灌木帯の尾根に入って行きます。ここまで思ってたほど急じゃなかったけれど、クソ蒸し暑かったー!

そしてその灌木帯の尾根の一番高い場所が大ベタテノ頭です。ここで完全に森林限界を越えます。

大ベタテノ頭を越えると、再び道は傾斜を増していき、地図に表記の無い小ピークを幾つも越え、1時間以上かかって、万太郎山北側の谷川岳方面への縦走路分岐にたどり着きます。

井戸沢ノ頭は小ピークが多すぎて、壊れた案内板があったところかその先の岩場を巻いて迂回したピークのどちらかだと思うんですが、はっきり良くわからず。

まあともかく、分岐にから山頂までは2~3分なので山頂に向かいます。ここで吾策新道ピストン往復の人なのか、今日最初のよその登山者のおじさんに会いました。

そして11時30分、土樽駅からちょうど3時間で薄日のさす無人の万太郎山山頂に到着。谷川連峰全体が見渡せるはずなんだけれど、ガスで景色は全然見えず。でも汗かきすぎでめちゃくちゃくたびれたので、とりあえず15分休憩していきます。

休憩後、先ほどの分岐に戻り、谷川岳方面の縦走を始めます。

万太郎山の下り始めは足の置場が下草で良く見えない滑りやすい急坂で、意外と時間がかかります。そして下りきって平坦な場所に出ると、一面のニッコウキスゲの群落が!当然足を止めて写真を撮っていきます。

この辺りから、連休ということもあって、谷川岳方面から来る登山者に頻繁に出会うようになって来ました。

そして、急坂を登りきると大障子ノ頭に到着。山頂標識があるだけの場所です。

大障子ノ頭から再び足元の見えない滑りやすい急坂を下ると、カマボコ型の大障子避難小屋に到着。谷川岳から万太郎山をピストン往復している感じの団体が休憩していました。

次の小障子ノ頭は、大障子避難小屋からわずかな距離で越え、その後、南側の俎ぐら山陵との間にわずかに残ったら雪渓を見下ろしながら進みます。

そして、今日の縦走路最大の登りであるオジカ沢ノ頭への登りにかかります。朝から登ってばっかりで、いい加減バテてきた!

そして、山頂手前にあるオジカ沢避難小屋で、ずっと前を歩いていたおじさんを追い越し山頂へ。登るの大変だった割りにここも単なる通過点といった感じの山頂です。

でもともかく、オジカ沢ノ頭さえ越えれば谷川岳は目の前と思っていたら甘かった!オジカ沢ノ頭からしばらくの間、途中に鎖場もあるヤセ尾根の岩稜が続きます。ここ、細かな迂回路が多くて、なかなか前に進みません。

それでもようやく中ゴー尾根の分岐に着き、あとひとのぼりで谷川岳肩の小屋に到着です。小屋の前から物珍しそうにこっちを眺める人たちの視線を一身に浴びながら、13時50分到着。予定よりも若干遅れぎみなので休まず、トマノ耳まで行って10分休憩!

トマノ耳で休憩したら、連休なのでやたら人が多く、所々渋滞している天神尾根を一気に下ります。

そして14時48分、谷川岳ロープウェー天神平駅に到着!これでなんとか予定の15時10分のバスに間に合った。万歳-!と思った瞬間、目の前にロープウェーの乗車待ちの長い列が-!

で、結局、15時10分のバスには間に合わず、15時50分のバスになって、飯でも食おうかと思ってロープウェー駅の食堂へ行ったら、食堂はすでに営業を終えていて、仕方がないので自販機で缶ビールを買って寂しく乾杯!

飯は、上毛高原駅に着いた後、夏の連休のせいか珍しく人がたくさんいて、立ち食い蕎麦屋も開いていたので、そこで「上州もつ煮定食」なる物を食べました!

ロープウェーの行列のせいで、今日は温泉は無し!

谷川岳ロープウエー株式会社
http://www.tanigawadake-rw.com/

関越交通 水上温泉・谷川岳・宝川温泉・湯の小屋 バス時刻表
http://kan-etsu.net/publics/index/20/&anchor_link=page20#page20

<a href="http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=47224" target="_blank" title="<地図>"><地図></a>

登山中の画像
登山画像
先々週の平標新道と同じく、今週も土樽駅を8時30…
登山画像
まずは、吾作新道を作った高波吾作大先生の銅像…
登山画像
吾作っつあんの水場!銅像のすぐ前にあり。
登山画像
吾作大先生の銅像を過ぎるとすぐ右手に橋が見え…
登山画像
万太郎山は雲の中!
登山画像
雪国っぽいドーム型の建物は廃棄物処理場。この…
登山画像
すると車止めのゲートが出て来る。単に鎖を張っ…
登山画像
ゲートのすぐ先が吾作新道の入口。
登山画像
先々週撮り忘れたエゾアジサイがまだ咲いていた!
登山画像
吾作新道も平標新道と同じく刈り払いされていて…
登山画像
とりあえず舟窪に着いた。
登山画像
舟窪はちょっとした平坦地で雪田の跡がある。
登山画像
舟窪を過ぎるとほどなく森林限界を超える。
登山画像
土樽方面の眺め!
登山画像
文字が半分欠けた大ベタテ沢ノ頭の標識。
登山画像
ハクサンオミナエエシ!
登山画像
キンコウカ!
登山画像
山頂が近くなるについれて、徐々に傾斜が増して…
登山画像
タテヤマウツボグサ!
登山画像
オオバギボウシ!
登山画像
ハクサンシャクナゲ!
登山画像
井戸沢ノ頭は小ピークが多すぎて何となく通り過…
登山画像
万太郎山山頂到着。薄日がさしているものの、ガ…
登山画像
一応標識の拡大です。
登山画像
谷川岳方面分岐に戻り、大障子ノ頭方面を目指す。
登山画像
シモツケソウ!
登山画像
トネアザミかな?オニアザミのような気もするが…。
登山画像
モミジカラマツ!
登山画像
そしてニッコウキスゲの大群落!
登山画像
アズマギクだろうか?
登山画像
ハクサンフウロ!
登山画像
ウサギギク!
登山画像
ポチっと雪渓!
登山画像
あれが大障子ノ頭の頭だろか?
登山画像
大障子ノ頭到着!
登山画像
そして大障子避難小屋到着!谷川岳からピストン…
登山画像
小障子ノ頭到着!
登山画像
これから向かうオジカ沢ノ頭方面を臨む。谷川岳…
登山画像
今来た方を振り返る。万太郎山も雲の中!
登山画像
越後湯沢方面!
登山画像
クルマユリ!
登山画像
アキノキリンソウ!
登山画像
キオン!
登山画像
さっきより大きい雪渓!
登山画像
オジカ沢ノ頭避難小屋到着。おじさんが休んでい…
登山画像
オジカ沢ノ頭到着!
登山画像
オジカ沢ノ頭まで来れば谷川岳はあと少しだと思…
登山画像
こんな鎖場もあります!
登山画像
それでも何とか中ゴー尾根分岐まで到着。
登山画像
ウスユキソウ!
登山画像
あと少しで肩の小屋だ〜!でも上から興味深そう…
登山画像
あそこに見えるは懐かしの谷川岳の肩の標識じゃ…
登山画像
人でごった返すトマノ耳到着。オキノ耳は面倒だ…
登山画像
天狗の溜まり場まで降りて来た。人多過ぎてあま…
登山画像
熊穴沢避難小屋到着。年々派手になるはこの小屋!
登山画像
そして谷川岳ロープウェイ到着。ロープウェイに…
登山画像
谷川岳ロープウェイです!
登山画像
やっぱりバス停にバスは無し。次のバスは15時50…
登山画像
食堂閉まってしまったので、とりあえず缶ビール…
登山画像
上毛高原駅の立ち食い蕎麦屋で上州もつ煮定食!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。