登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
『富士山登山ルート3776』海抜0M から山頂へ‼ ~日本一長くて、日本一標高の高いスタンプラリーに挑戦しよう!~ 駿河湾(田子の浦みなと公園)~富士山~富士スバルライン五合目(関東)
img

記録したユーザー

ピーちゃん さん
  • 日程

    2018年8月18日(土)~2018年8月20日(月)

  • パーティ

    2人 (ピーちゃん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:新幹線で新富士駅

  • 天候

    1日目:晴れ 2日目:晴れ 3日目:晴れ→雨→晴れ(山頂)→雨(七合目以下)
    [2018年08月18日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

DAY1
田子の浦みなと公園(10:00)‣‣‣田子の浦漁港(10:12)‣‣‣Coffee shopアドニス(11:53)‣‣‣よもぎ湯(15:43)
DAY2
よもぎ湯(05:30)‣‣‣誠信会ふくしの里(06:50)‣‣‣天照教社(08:38)‣‣‣表富士グリーンキャンプ場(09:50)‣‣‣高鉢駐車場(12:10)‣‣‣村山古道‣‣‣富士宮口五合目(15:50)‣‣‣六合目 雲海荘(16:25)
DAY3
六合目 雲海荘(01:15)‣‣‣七合目(02:00)‣‣‣八合目(03:20)‣‣‣九合目(04:20)‣‣‣富士山山頂(06:00)‣‣‣剣ヶ峰(07:06)‣‣‣富士吉田口頂上(08:37)‣‣‣八合目(09:05)‣‣‣富士スバルライン五合目(11:15)


総距離 約46.0km 累積標高差 上り:約3,967m
下り:約1,664m
昨年、「北アルプスを縦断しよう」計画が終了し、SUMMIT TO SEA は経験しました。次はやっぱり SEA TO SUMMIT それも日本一の所へ… ということで、静岡県富士市が設定した「富士山登山ルート3776」に挑戦です。富士市の推奨は3泊4日ですが、諸条件を勘案して2泊3日で計画を立て、実行しました。

1日目 「田子の浦みなと公園~よもぎ湯」
この日は、新幹線での移動などもあり、さらに暑い中で標高の低い市街地を通過するという熱中症リスクも考えて、富士市の設定通り「よもぎ湯」までの12.4Kmにしました。
時間的余裕もあり、田子の浦漁協で生しらす丼を食べたり、吉原商店街でつけナポリタンを食べたりして、半分グルメツアーな感じとなりました。楽しかったです。また、市街地はコンビニも多く、水分補給にも困りません。大渕中学校を過ぎた次のセブンイレブンがラストコンビニになります。ここで翌日の仕入れを忘れずに!

2日目 「よもぎ湯~六合目雲海荘」
「よもぎ湯」から富士山六合目までの25.6Km。標高差で2183Mとなります。途中、大渕南林道や村山古道などショートカットできる区間があります。「よもぎ湯」~「表富士グリーンキャンプ場」間は自販機、コンビニはないので(見当たりませんでした)、相応の水分や食料を準備してください。村山古道に関しては、山と高原地図では破線ルートです。リボンや踏み跡は比較的しっかりしていますが、慣れていない人は通行しない方がよいと思います。また、直線的な登りとなるため、結構疲れました。

3日目 「六合目雲海荘~富士山頂~富士スバルライン五合目」
この区間はメジャーな登山道です。富士宮口からのルートは、富士山の陰になってご来光を見ることができないので、どうしてもご来光が見たい方は、ご来光時に頂上にいる必要があります。

今回、舗装路の区間が長いので、靴に関してはかなり迷いました。ランニングシューズと登山靴の2足持ちか(一番間違いないと思いますが荷物が…)、トレランシューズのようなものか、ミッドカットの登山靴か… 結局、ミッドカットの登山靴を選択し、新規に購入しましたが、舗装路もそこそこ快適で、富士山の下りにも何とか耐えられ、結果的に良かったと思います。(下山中一度滑って大コケしましたが)

「富士山登山ルート3776」は、海抜0M~3776Mの富士山山頂まで、このルートでしか得られない達成感を味わうことができます。僕自身も今回頂上に立った時、過去に登った富士山とは比較にならない喜びを感じました。
また、海抜0Mから登ることで、環境や自然の変化を肌で感じ取ることができます。

このようなルートを発案、設定してくれた富士市役所富士山観光課の皆さん、富士市の皆さんありがとうございました!

登山中の画像
登山画像
新幹線で新富士駅に到着。久々の新幹線。快適で…
登山画像
田子の浦みなと公園 展望が良さそうなこちらを…
登山画像
ルート3776の起点です。
登山画像
スタンプ帳と1つ目のスタンプGET! 
登山画像
ゼッケンももらいます。0641番
登山画像
お父さんも気合いが入ってます!
登山画像
富士山頂は遥か彼方…
登山画像
お約束の海面タッチ。
登山画像
10:00 スタートです↑
登山画像
こんな感じでルートが示されます。
登山画像
田子の浦漁港
登山画像
まだ。1kmも歩いてないのに…
登山画像
漁協の市場に吸い込まれてしまい…
登山画像
生しらす丼♥ うーん、しらすとは思えない濃厚さ.…
登山画像
燃料補給してリスタート!
登山画像
村山古道とルート3776。新旧の交差点です。
登山画像
しらす丼を食べたばかりなのに… 吉原商店街に寄…
登山画像
つけナポリタン大盛り♥
登山画像
和洋中を一度に味わえます! ほとんどグルメツア…
登山画像
さらにAPITAで本を調達。
登山画像
やっとマジメに歩き始めます。
登山画像
途中コンビニで水分補給。よもぎ湯までは随所に…
登山画像
第二東名を通過。
登山画像
よもぎ湯まであと3km!  そんなに暑くなく、い…
登山画像
この交差点を越えて、大渕中学校を過ぎると
登山画像
ラストコンビニです。翌日の朝食、昼食を補給し…
登山画像
1kmほどでよもぎ湯分岐。
登山画像
2つ目のスタンプポイントです。
登山画像
まずはスタンプ
登山画像
1日目の宿泊場所 よもぎ湯です。
登山画像
2日目。富士山がキレイに見えました。
登山画像
05:30 スタート!
登山画像
469号線を横断すると…
登山画像
大渕林道は一気に細くて薄暗くなります。
登山画像
珍しい縦長バージョン 道路幅に合わせているよ…
登山画像
06:50 誠信会ふくしの里で休憩。
登山画像
お父さん、ショートカットルートを検討中。
登山画像
太平洋戦争中にこんなことあったんですね。
登山画像
北海道のものと比べると、可愛らしいです。(笑)
登山画像
鬱蒼とした林道になります。夜の通過は怖いかも…
登山画像
途中、大淵南林道を通ってショートカット。ここ…
登山画像
富士宮市に入ります。
登山画像
広域基幹林道 富士山麓線に出ます。一気に開け…
登山画像
だんだん富士山が近づいて来ました。
登山画像
天照教社。中には入りませんでした。
登山画像
ここから村山古道を通ってショートカット。
登山画像
歴史を感じさせられるルートです。
登山画像
最初にぶつかる林道を左折します。
登山画像
富士山スカイラインに出るとすぐに表富士グリー…
登山画像
09:50 表富士グリーンキャンプ場に到着。よもぎ…
登山画像
3っ目のスタンプポイントです。
登山画像
お父さんも押します。
登山画像
この先のルートを検討。
登山画像
富士山スカイラインはあまりに車が多く、とばし…
登山画像
富士山自然休養林歩道。
登山画像
休養林歩道は整備されて歩きやすいです。
登山画像
いい感じのルートでした。
登山画像
もうすぐ高鉢駐車場。ここは裾野市なんですね。
登山画像
12:10 高鉢駐車場。 まだ二合目(泣) ここで昼…
登山画像
またしばらく自然休養林歩道を歩き、村山古道に…
登山画像
村山古道の分岐点です。
登山画像
村山古道の案内があります。
登山画像
山と高原地図だと破線ルートです。少し藪っぽい…
登山画像
登山者はほとんどいません。静かで歴史を感じる…
登山画像
涸れ沢を渡ります。
登山画像
ガスが濃かったりすると、部分的に分かりにくい…
登山画像
倒木帯。富士山っぽくないルートです。急登が続…
登山画像
また自然休養林歩道と合流すると...
登山画像
富士山名物ブルドーザーがあって...
登山画像
15:50 富士宮口五合目に到着! 普通はここが登山…
登山画像
五合目でこんなに嬉しいとは…。富士市方面を振り…
登山画像
六合目に向かいます。
登山画像
今日のゴール、雲海荘が見えて来ました。
登山画像
16:25 雲海荘到着。ラストのスタンプポイントで…
登山画像
最後のスタンプを押します。スタンプを押すこと…
登山画像
とりあえず乾杯!
登山画像
遠くに田子の浦みなと公園らしきところが見えま…
登山画像
スタンプが全て埋まりました。大の大人が…(笑)…
登山画像
これが最後のルート3776の旗でした。
登山画像
夕焼けがキレイです。
登山画像
空がだんだんと赤く染まり...
登山画像
夜景に変わっていきます。
登山画像
富士市の夜景です。あそこから歩いて来たと思う…
登山画像
3日目
登山画像
01:30スタート!
登山画像
3000Mを越えました。
登山画像
七合目。この頃から雨模様。
登山画像
八合目。
登山画像
例の柱です。暗い時に初めてみると不気味かも…
登山画像
雨です。レインウエアを着ます。
登山画像
九合目です。
登山画像
雨足が強まり、萬年雪山荘の中で休憩。
登山画像
九合五寸
登山画像
太陽が顔をだしました!
登山画像
もうすぐ頂上!
登山画像
06:00 富士宮口頂上鳥居をくぐります。
登山画像
0640と0641、ルート3776達成です!五合目から登…
登山画像
最高地点の剣ヶ峰に向かいます。頂上での写真渋…
登山画像
剣ヶ峰到着。
登山画像
高度計は残念ながら3776になりませんでした。
登山画像
富士市に送った証拠写真。ルートを発案してくだ…
登山画像
お父さんも無事登頂。
登山画像
はっきりしたブロッケンも出現!
登山画像
噴火口
登山画像
ホームの八ヶ岳や甲斐駒も見えました。
登山画像
お父さん、完全に貫禄負けです。
登山画像
吉田ルートで下山開始。山梨県です。
登山画像
七合目以下はガスっぽいです。
登山画像
厚い雲にダイブする感じで、下山ルートを下りま…
登山画像
八合目。この分岐は見逃さないように…! この後…
登山画像
ブルドーザーお仕事中。
登山画像
スバルライン五合目到着。日本人よりも確実に外…
登山画像
11:15 「富士登山ルート3776」 終了しました。…
登山画像
お疲れさまでした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ピーちゃんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ピーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。