登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
塩見岳 2018 塩見岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん

この登山記録の行程

鳥倉林道ゲート(05:30)・・・鳥倉(豊口山)登山口(06:05)[休憩 5分]・・・三伏峠(07:42)・・・本谷山(08:31)・・・塩見小屋(09:32)・・・塩見岳(10:15)[休憩 20分]・・・塩見小屋(11:11)・・・本谷山(12:02)・・・三伏峠(12:43)・・・鳥倉(豊口山)登山口(13:46)・・・鳥倉林道ゲート(14:15)

総距離 約24.3km 累積標高差 上り:約3,328m
下り:約3,328m
コースタイム 標準:15時間
自己:8時間20分
コースタイム倍率 0.56
 前日の仙丈ケ岳から移動し,大鹿村の道の駅で一泊。4月に出来たばかりなので新しく,生活用品,食料品もあるちょっとしたコンビニのような売店もある。
建物内のトイレも夜間開放しているので,シュラフを持って屋内ロビーで足を伸ばして寝ることが出来た。・・・最高!いい駅だ。
 さて,早起きして鳥倉林道駐車場へ,丁度前車両で満車になったので少し戻り,安全そうな待避所に駐車。第二駐車場もあるが1キロほど手前だったもので・・・・。
身支度をし出発,今日は前日と違って遠くの山がハッキリ見えて,好眺望の期待大。鳥倉登山口まではアスファルト舗装路の上を延々と歩く。対面の斜面に駐車場が小さく見え,谷も深い。
登山口から暫く整然としたカラマツ林を通り,三伏峠までの距離なのか10等分した標識があっていい目安になる。
三伏峠到着,これで日本三大峠を制覇。三大峠とは甲武信ヶ岳近くの雁坂峠,北アルプスの針ノ木峠,三伏峠で,この三伏峠が一番標高が高い。・・・鞍部にしか立っていないけれど。
三伏小屋には多くの人達とカラフルなテント。
それを横目に次は本谷山へ,途中三伏山があり,ここからの眺めも非常にいい。塩見岳はもちろん,南アルプス北部,南部方面,中央アルプスなどが一望だ。ただ塩見岳までは遠いなって感じ。
本谷山頂は木が茂っているが,西側は開けて見晴らしがいい。
次に塩見小屋へ,樹林下の緩い傾斜のアップダウンを繰り返し,少し勾配がきつくなったところで小屋到着。その手前では,昨日ガスで残念だった仙丈ヶ岳を始め,甲斐駒(この辺では東駒ヶ岳と呼ぶようで,確かにお隣の地区名を冠するのは抵抗があるのかも)や白峰三山などがハッキリ見えて,昨日見られなかった眺望を取り返した気分。
この辺りから見る塩見岳もなかなか急勾配で岩がゴツゴツ状態。東側が這い松,西側は断崖で非対称の形。
山頂へは何処を通って登るのか,岩をよじ登るのか,ワクワクしながら進んだ。脆く砕けた岩が足元に転がり,蹴飛ばさぬよう気をつけて岩を登る。
上りきると大展望。大きく裾野を広げた富士山と手前に沢山の山並みが連なり,山々の稜線が白峰三山や荒川岳方面に延びているし,中央アルプスも連なり,いい景色で大満足。
暫く眺め,写真を撮った後に下山開始。山頂直下の岩場は登り以上に慎重に足元に注意して下った。
 さて,ここから延々とアップダウンを繰り返しながら下山。
三伏小屋を過ぎてもまだ登りの人とすれ違う。
登山口の先で途中すれ違ったバスには大勢の人が乗っている。
皆,小屋かテント泊で山を楽しむのだろう,翌日も良い天気の予報なので,さぞかしいい景色が見られることだろう。・・・羨ましい。
 このコースは全24キロとのことだったが,舗装林道を差し引くと20キロぐらいで,また登山道の傾斜も急なのは山頂直下の岩場ぐらいなので歩き易く,距離ほどの疲労感は感じず往復できた。また,道中の大きな段差に設置してある木製の階段などの足場は朽ちつつあり,傾き気味なので,滑らぬよう足の置く角度には注意が必要だ。
 帰路,大鹿村内の鹿塩温泉に入ろうと行ったが,時間的に断られたので,遠く高遠のさくらの湯に入り,町内で高遠蕎麦を食べて帰ってきた。
高遠蕎麦はつゆが地元産辛味大根のおろし汁を使っていて,辛いものの味が淡白なので味噌を溶かして塩味の濃さを調整するという食べ方で珍しい。

登山中の画像
登山画像
鳥倉林道ゲート前駐車場
登山画像
谷を隔てて駐車場が小さく見える。
登山画像
鳥倉登山口
登山画像
三伏峠までの等分距離?表示板
登山画像
整然としたカラマツ林
登山画像
苔むした地表に日が差した。
登山画像
ほとけの清水
登山画像
塩川小屋方面からの分岐点。・・・塩川小屋方面のル…
登山画像
このように木とトラロープで道を塞いであった。
登山画像
三伏峠小屋
登山画像
テント場
登山画像
三伏山。奥は塩見岳
登山画像
三伏小屋
登山画像
中央アルプス。木曽駒,空木岳方面
登山画像
仙丈ヶ岳
登山画像
本谷山山頂
登山画像
塩見岳。少し近づいた。
登山画像
塩見小屋の手前からみた仙丈ケ岳,甲斐駒ケ岳,…
登山画像
塩見岳。手前のピークは天狗岩
登山画像
塩見小屋
登山画像
なかなか手強そうに見える。
登山画像
こんな岩場を登る。
登山画像
トウヤクリンドウ
登山画像
西峰到着
登山画像
東峰から荒川岳,赤石岳
登山画像
北岳,間ノ岳,農鳥岳
登山画像
中央アルプス。奥に見える頭は御嶽山ではないか…
登山画像
東峰から西峰を見た。
登山画像
降り口から塩見小屋方面
登山画像
赤い岩
登山画像
本谷山の先から富士山の頭だけ見えた。
登山画像
振返って塩見岳
登山画像
鳥倉登山口。バスは一日二便。
登山画像
林道ゲートに無事到着。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。