登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
谷川岳日帰り 西黒尾根-谷川岳山頂-田尻尾根 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

ケンタ さん
  • 日程

    2018年9月5日(水)

  • 利用した登山口

    土合駅  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:上越新幹線で上毛高原駅下車。そこから関越交通バスで谷川岳ロープウェイへ。
    バス所要時間約50分。運賃1250円。乗り継ぎは良い。
    登山届けは谷川岳専用のものが用意されている。下山届けもセットになっていた。
    ロープウェイ駅から少し道路を登り、西黒尾根登山道入り口へ。

  • 天候

    晴れ時々曇り 山頂はガス多い

この登山記録の行程

土合口(09:00)・・・ガレ沢のコル(10:56)・・・トマの耳(12:07)・・・オキの耳(12:20)[休憩 15分]・・・トマの耳(12:45)・・・谷川岳肩ノ小屋(12:55)[休憩 5分]・・・熊穴沢避難小屋(13:38)・・・分岐(13:48)・・・登山口(14:30)・・・田尻尾根入口(14:52)・・・土合口(14:58)[休憩 5分]・・・田尻尾根入口(15:08)・・・土合橋(15:15)・・・土合駅(15:23)

総距離 約11.3km 累積標高差 上り:約1,533m
下り:約1,603m
コースタイム 標準:7時間57分
自己:5時間58分
コースタイム倍率 0.75
登り始めて1時間半ほどたち、そろそろ樹林帯に飽きてきた頃に眺望が開ける。
クサリ場がいくつかあるが、危険視箇所はなく、クサリ場が初めての人でも安心して登る事ができそう。
ラクダのコルからは植生が笹中心になり、景色を楽しみながら岩登りが続く。
クライマーさんが登る急登も見えるが、信じがたいほどの岩稜帯でメッカと呼ばれるだけある。それらを横目にまずはザンゲ岩を目指し、小休止のあと肩の広場へ。
肩の小屋に滞在している人や、ロープウェイを使用して天狗平から登ってきた人たちで賑わっている。
そこからまずはトマノ耳を目指すが、晴れていれば西に広がる眺望に目を奪われる事になる。谷川山系はかなり広いようだ。
ピークも全く危険な場所はなく、登頂しそのままオキノ耳へ。今回は群馬県側が山頂からは見えず残念だったが、新潟県側は雲が切れるタイミングがあり、遠くまで見渡す事ができた。
帰りは肩の小屋経由で天神尾根を下る。登山道は木道がきれいに整備されていて歩きやすい。これだけ歩きやすい木道は他に経験がないかも。
小屋から1時間半ほど歩くと、天神平と田尻尾根の分岐に出る。そこを左に折れて田尻尾根へ。
昨日の台風の影響がこちらは少しあり、ぬかるみが多い。登りも同じだったが、樹林帯では湿度が高く、風も遮られるためかなりの暑さになる。熱中症に注意しながら水分補給を行い、歩くが、こちらはロープウェイがあるためか、あまり人が歩いた形跡がない。
木の根に何度も足を取られながら1時間ほど下り、田尻尾根入り口の沢に出る。
川の水は台風で増水していると思われるが、渡渉できないほどではなく、場所を選べばブーツをほとんど濡らす事なく渡る事ができた。
ロープウェイを上に眺めつつ、ロープウェイ駅の少し下に到着。
下山届を提出し、20分ほど下って土合駅へ。
関東からのアクセスもよく、ピークも2000m以下で高山病の影響もないが、距離はそこそこあり登りごたえはあるので多くの人が来る理由が分かる。
マイカーであれば夜明けから登りだすか、帰りをロープウェイもしくは土樽駅経由にする事で一ノ倉岳、茂倉岳まで足を伸ばす事も可能かと思われる。
天候はかなり変わりやすいと言われるので余裕を持った行動と体力が必要かも。
ともかく去年から計画していた谷川岳に行けてよかった。紅葉はまだまだこれからなので、逆に人が少なく、静かな今頃も結構いいと個人的には思う。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ケンタさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ケンタ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!