登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
東北百名山(20) 乳頭山(烏帽子岳)(東北)
img

記録したユーザー

杜のマサ さん
  • 日程

    2018年9月23日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:休暇村乳頭温泉郷の駐車場にへ

  • 天候

    曇後晴

この登山記録の行程

駐車場(8:03)・・・大釜温泉前林道入口(8:13)・・・(8:26)孫六温泉登山口(8:32)・・・(10:21)田代平山荘(10:45)・・・黒湯温泉分岐(11:17)・・・(11:33)山頂(11:57)・・・黒湯温泉分岐(12:08)・・・(13:25)一本松温泉跡(13:43)・・・(14:23)黒湯温泉(14:35)・・・駐車場(14:55)


総距離 約10.2km 累積標高差 上り:約863m
下り:約863m
登山道は濡れて滑り安かったが、特に危険個所は無かった。一部藪のため足元が見にくい箇所が有った。山頂では360度展望があった。紅葉は山頂付近に見られた。下山後は黒湯温泉で汗を流し帰宅した。

登山中の画像
登山画像
一本松温泉跡
登山画像
乳頭山(烏帽子岳)
登山画像
山頂南側
登山画像
山頂付近の紅葉
登山画像
山頂
登山画像
田代平山荘
登山画像
田代平
登山画像
孫六温泉登山口
登山画像
大釜温泉林道入口
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

杜のマサさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

杜のマサ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。