登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
月山~雲海と日本海を望む晩秋登山~ 月山(東北)
img

記録したユーザー

miusan さん
  • 日程

    2018年10月21日(日)

  • 利用した登山口

    姥沢口  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:レンタカーで仙台宮城IC~月山IC~姥沢駐車場

  • 天候

    晴れ、弱風

この登山記録の行程

姥沢口(07:45)・・・雄宝清水(08:02)・・・リフト分岐(08:44)・・・牛首(09:12)・・・月山(09:54)[休憩 70分]・・・牛首(11:32)・・・金姥(12:00)[休憩 25分]・・・リフト上駅(12:39)・・・リフト分岐(13:00)・・・雄宝清水(13:31)・・・姥沢口(13:45)

総距離 約11.9km 累積標高差 上り:約1,028m
下り:約1,028m
コースタイム 標準:6時間20分
自己:4時間25分
コースタイム倍率 0.70
出羽三山のひとつ、月山に登頂してきました。
初雪も秒読みのこの時期、山頂付近では霜柱も見られます。晴れていても風が吹くと相当の寒さなので、防寒対策は必須です。
 
昼前までは雲が多め。それが高度を上げているうちに雲海へと変化し、やがてすっきりとした秋晴れに。
地元にも近い鳥海山や日本海、先日登った蔵王など360度の展望を楽しむことができました。
 
■コース状況
・登山道の入り口では環境美化の協力金(200円)が必要です。とてもいい山だったので、個人的にもこの山の景色を守るために協力して頂きたいと感じています。
・雄宝清水の水場にはコップが置かれていて目印となっています(ただしシーズンオフ中は不明)。
 水場周辺だけは花が咲いており、少し水場を離れると同じ種類の植物でも枯草になっているのが印象的でした。
・牛首から上はガレた道もありますが、姥沢登山口からほとんどの行程で木道・石段が整備されており、初心者~中級者にとってやさしい道だと感じました。
 牛首までは傾斜もゆるいまま淡々と高度を上げていくことができます。
 豪雪地帯で標高の低い場所でも背の高い木は無いため、終始開放的な山歩きを楽しめます。

登山中の画像
  • 姥沢駐車場から、ガスのかかった姥ヶ岳。この後徐々に晴れていきます。
  • 少しの間車道歩き。姥沢駐車場から登山口までは駐車不可です。
  • リフト・登山道の入り口。
  • 環境美化にご協力を。
  • 左手に戻ればリフト乗り場、階段の先からは登山道。今回は歩いて登ります。
  • 今年登った山の中では一番歩きやすい山でした。木道・石段などがとても綺麗です。きっと先ほどの協力金がこういう所に活きてくるんだろうな…
  • まだ紅葉が残っています。この標高で既に高い木はほとんどありません。
  • 雄宝清水の水場。
  • ここだけ植物が元気。これはトウゲブキ...?
  • ミヤマシシウド。
  • 今回の主役は間違いなくナナカマド。葉は落ちたものの、中腹は赤い実でびっしりでした。
  • 牛首の分岐。この辺から少しやせた尾根を歩きます。
  • 雲が生まれる場所。ここだけ風が強くてえらい寒いです...!
  • ブロッケン現象...もどき。人の影がもう少し上に来れば完璧なんですか...!
  • 霜柱や氷があちらこちらで見られました。
  • 山頂周辺の池塘もちょっと凍っています。
  • 雲の上に立つ神社。
  • ここからはカメラをしまい、帽子を脱いで参拝。
  • キャッチボールできそうな山頂原。
  • 朝日連峰、奥に飯豊連峰。
  • 葉山、船形山方面。
  • 姥ヶ岳方面。
  • 日本海。
  • 鳥海山。
  • 蔵王方面。
  • イワカガミ。
  • キツネの背中みたいな草原。
  • リフト乗り場と...これから向かう姥沢駐車場です。遠いなー。
  • 帰ってきました。
  • 月山湖パーキングエリアにて。
  • せっかくなので噴水を見物してから帰りました。
  • また登りたい...
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、ライター、ローソク・ランタン
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

miusanさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

miusan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...