登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
湯布院から由布岳2018 由布岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

マッチャン さん
  • 日程

    2018年11月4日(日)

  • パーティ

    2人 (マッチャン さん 、嫁さん さん)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:湯布院の宿から歩いて直ぐ、216号沿いのローソンから道を渡った向こう側を東へ百メートル歩いたところに西登山口がある。
    湯布院駅からは歩くか、路線バスでローソン前で降りる。

  • 天候

    晴れ
    [2018年11月04日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

西登山口(08:52)・・・水場(10:13)・・・合野越(10:34)・・・マタエ(11:47)・・・由布岳西峰(12:07)・・・由布岳東峰(14:29)・・・マタエ(13:50)・・・合野越(14:49)・・・西登山口(15:53)


総距離 約11.2km 累積標高差 上り:約1,422m
下り:約1,422m
九州の山は、一度だけ宮之浦岳に登る目的で嫁さんと屋久島へ行き登山を楽しんだことがあるだけで、それ以外は旅行の途中で眺めるだけでした。今回、たまたま湯布院に泊まる旅行を計画した際、テレビドラマとかで何度か見た由布岳に湯布院から簡単に登れることが分かり登ることにしました。
11月3日、嫁さんと羽田から大分空港へ。そこでレンタカーを借りて、湯布院で二泊し、高千穂で一泊する旅行を楽しみました。大分空港から湯布院へ走るとまさに由布岳の麓を通過して湯布院に着くのですね。その日は湯布院を観光し、翌11月4日に宿から直接歩いて由布岳に登りました。当初、一般的な正面登山口まで車で移動してそこから登るつもりでしたが、湯布院の宿から歩いてすぐの所に由布岳への西口登山口があることが分かったので宿からそのまま由布岳へ登ることにしました。
当日は運良く天気に恵まれ、時期的に暑くも寒くも無く色づいて来た由布岳登山を満喫することが出来ました。特に今回選んだ西口登山口からの道はほとんど歩く人がいないようで、正面口からの一般登山道が合流する合野越までは見渡す限り他の人の居ない静かな山歩きが楽しめました。
合野越からマタエまでは、打って変わって小さな子供を連れた家族など沢山の人とすれ違いにぎやかな雰囲気です。マタエに到着すると一休みです。ほとんどの人はマタエから東峰へ登るようで、西峰の方へ行く人はわずかでした。登り始めると直ぐに鎖場があってナルホドと納得。それでも鎖はしっかりしているし、足場も手のホールドも沢山あるので経験者なら西峰までは特に危険を感じることなく登ることが出来ます。私たちは西峰頂上で東峰を眺めながら、登山口そばのコンビニで買ったお握りのお昼を食べました。
食べ終えると予定していたお鉢巡りへ向かいました。随分滑りやすい下りを下りきるとお鉢のちょうどマタエの反対側あたりに到着。そこから細い岩尾根をいくつか超えました。一般向けの登山道では無いので特にコースを指示する矢印や○も無く、踏み跡と経験を頼りに進みました。思いもよらず部分的には北アルプスや戸隠山の蟻の塔渡りのような怖いところもありました。初心者だけで踏み込んだら結構怖い思いをすることになると思います。
右手に西峰を眺めながら登り返し東峰に登り着くとホッと一息です。その後は、一般向けの登山道をマタエへ下り、その後は来た道を戻って湯布院へ。下山した足で温泉宿に戻ってお湯に浸かるというなんとも贅沢な登山でした。
 去年9月に膵臓がんの手術を受け、今年になって恐々高尾山に登ってからリハビリ登山としてナンバーを付けて記録して来ましたが、無事に1年経ち、その間嬉しいことに普通に登山もできるようになりました。と言うことで、今回からリハビリ登山として記録することは卒業することにしました。今後は二年目、三年目、四年目、五年目の登山を目指すことにします。

登山中の画像
登山画像
登山口はこの標識の道を渡った反対(左)側にあ…
登山画像
登山届を入れていざ登山開始。このルートを登る…
登山画像
本日はじめての由布岳です。
登山画像
合野越へと書かれた方へ進むとすぐに水場があり…
登山画像
この方向から登って来ました。ここで東方向へ。
登山画像
飯盛ヶ城の麓に到着。左に進むと直ぐに合野越で…
登山画像
合野越のベンチで休憩。我々は標識の右手から登…
登山画像
飯盛ヶ城がいつの間にかあんなに下になっていま…
登山画像
マタエに到着。大勢が休憩しています。我々は左…
登山画像
西峰へは鎖場が続くせいか、東峰に比べて登る人…
登山画像
前を行く二人連れ。下の女性は結構怖がっている…
登山画像
嫁さんも恐々登りました。でも、西峰登頂後のお…
登山画像
マタエを振り返るとカラフルな登山者が沢山見え…
登山画像
由布岳西峰に到着。ここで東峰を眺めながらお昼…
登山画像
お昼を食べたすぐ後ろにお鉢巡りへの道がありま…
登山画像
ズルズル滑りそうになりながら一旦下りきった所…
登山画像
東峰へ登り返す途中、難関の尾根を振り返ります…
登山画像
西峰を振り返る。頂上の人達が見えます。
登山画像
東峰に到着してホッと一息。
登山画像
合野越でゆっくり休憩した後、湯布院へ再び静か…
登山画像
以前の震災時の名残りでしょうか。大量の倒木を…
登山画像
無事、西口登山口へ戻って来ると、道を渡った先…
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マッチャンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マッチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...