登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
根子岳、四阿山、そして槍に刺さる夕陽 根子岳、四阿山(上信越)
img

記録したユーザー

Yamakage さん

この登山記録の行程

峰の原高原こもれびホール駐車場(07:10)・・・根子岳登山道峰の原口(07:20)・・・根子岳避難小屋(08:20)・・・小根子岳分岐(09:15)・・・根子岳(09:35)[休憩 10分]・・・分岐(11:00)・・・四阿山(11:10)[休憩 45分]・・・分岐(12:05)・・・(脚痙攣のため途中30分休憩)・・・根子岳(14:05)[休憩 10分]・・・小根子岳分岐(14:25)[休憩 10分]・・・根子岳避難小屋(15:10)・・・菅平牧場(15:30)[コーヒータイム、入日撮影75分]・・・根子岳登山道峰の原口(17:10)・・・峰の原高原こもれびホール駐車場(17:20)

総距離 約14.0km 累積標高差 上り:約1,285m
下り:約1,285m
コースタイム 標準:6時間25分
自己:8時間55分
コースタイム倍率 1.39
6年前に槍ヶ岳に沈む夕陽を浅間山麓から撮影しようとしたが曇天で叶わず、以来再チャレンジを考えてきた。
今年(2018年)の11月3日(土)に菅平牧場の北縁あたりから根子岳までの登山道から槍への入日が見えることがわかり、峰の原登山口から根子岳と四阿山をピストンして、下山路の最後に菅平牧場で入日の撮影をする計画を立て、実行した。

峰の原登山口から根子岳までのルートは、菅平牧場登山口からのルートに比べて歩く人が圧倒的に少ないが、よく整備されていて全く不安はなかった。西側が開けていて北アルプスが常に遠望できるのもいい。
先月末に降った雪は、ほとんど残っていなかった。登山路には霜が降りていて、スリップしないよう注意が必要。日が当たって霜が溶けたところも滑りやすいので、これまた注意が必要。
この日は終日晴天で、根子岳、四阿山からの遠望もすばらしく、絶好の登山日和だった。
反省点は、四阿山から根子岳への帰路で脚が攣ってしまい30分ほど休憩せざるをえなかったこと。好天だし時間にも余裕があったので問題にはならなかったが、体力の衰え、トレーニングの不足を重々感じることに。

入日の撮影は予め予定した牧場内の斜面で。西側が開けているので難なく撮影ポイントを決めることができた。
だが三脚を立て、カメラをセットしてから、西の空を見て驚いた。靄がかかっていて、槍ヶ岳はもとより北アルプスの稜線が全く見えない。見えるのは安曇野と善光寺平の間にある聖山などの稜線のみ。やむを得ず、見えている前山の稜線とカシミールでの事前シミュレーション図を照合しながら、見当でフレーミング。
また、肉眼でもファインダーを覗いても、見えるのは眩しく輝く太陽ばかりで、フォーカスも露出もカメラにまかせられる状況ではなく、マニュアルフォーカスとして前山の稜線でピントを置き、露出は以前の水晶岳への入日撮影を参考に-3.5EVにブラケット撮影を重ねることにした。
こんなめくら撮影で何度もシャッターを切り続けていたら、高度が下がってきた夕陽の中に突然槍の穂先のシルエットが見えた!やった!シミュレーションは正確だった!
肉眼では真っ白で何も見えなかった北アルプスの稜線近辺にはだいぶ雲が出ていたが、この入日のときに雲が夕陽にも槍の穂先にもかからなかったのは幸運。

登山中の画像
  • 峰の原高原こもれびホール駐車場。 トイレはとてもきれいだった。 私より前に駐車していた車は1台だけ。
  • 案内板と登山届ポスト。 トイレのそばにある。
  • 登山口標識
  • 菅平牧場出合点。 登山者への注意書きあり。 ここからしばらく牧場の北縁に沿って登る。
  • 牧場の西側に北アルプス。 後立山連峰は真っ白。槍・穂高は雲がかかって見えない。
  • 根子岳避難小屋。 2017/8におきた登山道崩落のため、ここから小根子岳の分岐までは迂回路を通る。
  • 迂回路はよく刈り払われていて、標識のピンクリボンがしっかりついていた。
  • 根子岳直下の熊笹の中の路
  • 根子岳山頂の祠とこれから向かう四阿山。
  • 根子岳山頂から見る北アルプス
  • 根子岳から四阿山へは、熊笹の路をいったん下ってから登り返す。
  • 中四阿からのルート合流点。 風がなく陽だまりになっているので、たくさんの登山者が休憩していた。
  • 山頂直前の桟道。 鳥居峠からのルートがここで合流。
  • 山頂標識
  • 四阿山頂から南側展望。 浅間山が近い。 黄葉の落葉松が絨毯のよう。
  • 四阿山頂から北側展望。 根子岳山頂の向こうやや左が後立山連峰、右側に北信五岳。稜線にかかる雲が増えた。
  • 四阿山から根子岳への登り
  • 根子岳山頂からの下山路。 左の菅平牧場登山口へのコースを行く人ばかりで、右の峰の原へのコースは私だけ。
  • 小根子岳山頂からの根子岳と四阿山
  • 菅平牧場北辺に到着。 まだ時間があるので、ここでコーヒータイム。
  • 槍の穂先と太陽が、どちらも雲にかからないジャストタイミングになった。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakageさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakage さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ