登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
熊倉山聖尾根(帰りは城山コース) 熊倉山、光岩、聖尾根、城山コース(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年11月10日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:32→山手線→池袋4:52~5:00→西武池袋線→小手指5:41~42→〃→飯能6:00~04→西武秩父線→西武秩父/御花畑6:48~7:18→秩父鉄道→三峰口7:38

    復路:武州日野14:30→秩父鉄道→御花畑/西武秩父14:50~15:08→西武秩父線→飯能15:58~16:06→西武池袋線→小手指16:24→〃快速急行横浜中華街行→渋谷17:08~10→東横線→学芸大学17:18

    ※秩父鉄道は2018年11月1日からダイヤ改正になっています!要注意!!

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2018年11月10日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

三峰口駅7:45→聖尾根取付7:47→三角点白久622.6m8:31→670mピーク8:40→光岩(巻く)9:22→三峰口下降点(沢沿い)9:29→750mピーク8:39~47→802mピーク9:57→1010mの岩壁(右側から巻く)10:34→大血川分岐11:37→谷津山林道分岐(廃道)11:41→三門の広場11:53→熊倉山1426.5m12:00~12:13→日野沢コース分岐12:17→大岩12:25→林道13:18→日野沢コース入口13:27→水車小屋(駐車場・トイレ)13:40→寺沢の如意観音堂13:47→花ハス園13:53→武州日野駅13:58

合計6時間13分


総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,445m
下り:約1,472m
11月10日(土)は、奥武蔵の熊倉山の聖尾根を三峰口駅横の尾根末端からフルコースで登って来ました!ここ何度か登ってるんですが、沢沿いの道を光岩に上がるルートしか登ったことがなかったんですよね。

でも、その沢沿いのルートは、途中滑落注意のよじ登る場所なんかがあり、かなり大変な道だったので、尾根づたいに行けば楽なんじゃないかと思って行ってみたら、距離が長い分さらに大変だった…。

まあ尾根づたい行く方が楽だったら、みんな尾根づたいに登ってわけで、このルートは光岩と次の750mピークをを越える(巻く)までが一番大変です。でも、この2つのピークを越えてしまえば、1~2箇所危険な場所はあるものの、奥多摩あたりの普通のバリエーションルートのノリで登りきることが出来ます。

ということで、7時45分、三峰口駅をスタート。駅前の道を右に2~3分進むとお墓に上がるスロープがあるので、そこから取り付きます。

スロープを上がり、畑に入らないように右に行くと、ススキの原になった急斜面があるので、その左端のイノシシの踏み跡をよじ登って尾根に出ます。

尾根に出たら、しばらく歩きやすい斜面が続きます。でもそれも長くは続かず、標高500m位から岩が出てきて、最後は古いロープがつけられた急斜面を手を使って強引によじ登り、622.6mの三角点白久に登り着きます。

ちなみにここでヤバい!と思った人は、同じような急斜面がこの先幾つも出てくるので、素直にここで引き返した方が良いです。

622.6mの三角点は山頂にあるわけではないので、いましばらく登ると、折れ曲がった木のある670mピークに着き、尾根に軽く下り一息着けます。

一息着いたのも束の間、しばらく進むと、このコース最大の難所である光岩の上り下りが待っています。

ここは、まず滑りやすい岩場をロープにつかまって、光岩との鞍部まで降ります。そして再びロープに捕まって、左側から光岩を巻きます。

光岩は巻き終わったところから戻る感じで登り返せば上に立つことが出来ますが、今回は予定よりかなり時間がオーバーしていたので見送りました。

光岩を巻いて、次の750mピークとの鞍部に下り立つと、三峰口駅への古い標識がありますが、ここは廃道に近い状態になっているはずなので下ってはいけません!

そしてこの鞍部から再び750mピークによじ登り、立ち木や岩につかまってまた下ります。ここまでたどり着けば最初言ったとおり、あとは大きな危険箇所はありません。

今回は750mピークで、下るルートを確認した後、若干の休憩をとりました。

750mピークを越えて10分ぐらい進むと「この先行き止まり危険!危険!」という貼り紙がしてある進入禁止のロープがあるピークに着きます。ここが802mピークです。熊倉山へは右に直角に曲がります。

802mピークから曲がって下り着いた鞍部から、しばらく平凡な長い急坂が続きます。それを登りきって少し進むと、1010mあたりで岩壁に突き当たります。この岩壁はロープが垂れか下がっているので無理してでも登らなくてはいけないように見えますが、通常は登らずに右側から巻きます。

岩壁の右側に林業の作業道があるので、それを進み、標識があるところから左に尾根を登ると岩壁の上に危険な思いをしなくとも登り着くことが出来ます。

まあ自信のある人はロープで岩壁を登ってもいいんですが、完全にロッククライミングのレベルなので、一般の人にはお勧めしません。

1010mの大岩壁を過ぎるとまたしばらく平凡な急坂が続きます。そして道が、左側が着れ落ちた岩がちな痩せ尾根になってきたら山頂は近いです。

でも山頂を前にして最後のロープが張られた危険箇所が待っています。でもここはロープが何本も張られているので、見た目ほどは危険はなくよじ登るすることが出来ます。

このロープをよじ登った上あたりが高根のはずなんですが、昔あったはずの手書きの山頂プレートも消失しており、どこが山頂が良くわかりませんでした。

でも、山頂付近に大血川に下る道の標識と、そのすぐ先に廃道になった谷津川林道へ下る標識は残っていました。当然、どちらも最後まで道がある保証はないので下ったらいけません。

高根の次にある井戸沢ノ頭は道が北側を巻くので山頂は通りません。巻き切って飛び出す広場のようなところが三門の広場です。

三門の広場からひと登りすると、12時ちょうどに熊倉山山頂1426.5mに到着しました。聖尾根はバリエーションルートだけど標高差が1100mしかないので、3時間あれば余裕で着くかなと思っていたのですが、よじ登る箇所が多すぎて、4時間15分もかかってしまいました。

熊倉山の山頂は、岩の上に赤錆びた山頂標識と三角点があり、ちょっと奥に石祠があるのはいつも通りだったんですが、若干刈り払いがされていて、秩父盆地と隣の雲取山方面が木の上から見えるようになっていました。

この山の場合、景色が見えない方が深山ぽくていいと思うんだけどな~!

山頂で10分少々休憩をしたら、城山コースを下山します。城山コースは急坂で知られるコースなんですが、今登ってきた聖尾根に比べれば、踏み跡とかじゃないちゃんとした道もついてるし、天国のようでした。

ただ落ち葉の下にところ構わず滑る木の根や石などが隠れているのには参った!

でもまあそういうところは立ち木につかまってゆっくり下り、約1時間で林道に到着。

ここからさらに登山道を下って白久駅から帰っても良かったんですが、先週の千葉のいのししうどんの延長で武州日野の「いのししラーメン」が食べたかったので、林道経由で武州日野を目指します。

そして林道を出て、集落の入口の分岐は左に進み、ちいさな峠を1つ越え、花ハス園を過ぎ、駅横のいのししラーメン犬喫茶「ぼるかどっつ」に到着すると、この紅葉真っ盛りのかきいれ時にやってない!廃業してしまったのかな~?ホームページは生きてたんだけれど。

理由ともかくラーメン食えなかったにもかかわらず、食ってる時間を計算して下りて来たので、武州日野駅で後片付けしながらボーッと時間をつぶして電車を待ちました。

それでしょうがないから飯は西武秩父駅周辺で食べようと思って、御花畑/西武秩父駅まで戻ってきたのですが、駅周辺は紅葉で観光客が溢れていて、温泉は当然のことながら飲食店も混んでそうだったので諦めて、売店で岩魚寿司とビール買って食べながら各駅停車で帰りました。

登山中の画像
登山画像
秩父鉄道終点の三峰口駅からスタート!
登山画像
聖尾根の取りつきは駅から2〜3分のお墓に上る…
登山画像
畑を迂回して、ススキの原っぱを登る。左端に猪…
登山画像
尾根に登り着いたところはこんな感じ。しばらく…
登山画像
でも、500m前後でこの大岩が出てきたあたりから…
登山画像
そして最後は、古いトラロープにつかまって強引…
登山画像
よじ登った上にある622.6m三角点白久!山頂では…
登山画像
たまに古びたテープあり。
登山画像
下の方の紅葉。
登山画像
三角点の上の670mピーク。曲がった木が目印。こ…
登山画像
光岩が近くなってくるとモミジの木が多くなり、…
登山画像
あれはたぶん妙法ヶ岳だな!
登山画像
光岩手前の鞍部にトラロープにつかまって下りる…
登山画像
木々の間から光岩です!
登山画像
そしてまたトラロープにつかまって、光岩を左側…
登山画像
しかしここいら、紅葉がきれいだなー。
登山画像
光岩と750mピークの間にある古い三峰口駅への標…
登山画像
750mピークで今日最初の休憩。たいした標高差は…
登山画像
750mピーク北側から三峰口駅方面の眺め。
登山画像
次の802mピークの山頂は、ロープが張ってあって…
登山画像
1010m付近にある大岩壁。トラロープがつり下がっ…
登山画像
右手の巻き道は直進せず、この標識のところから…
登山画像
1165m付近にある県造林の標識。下ってきた場合、…
登山画像
その後、しばらくやせ尾根が続く。
登山画像
あれは霧藻ヶ峰だろなー!
登山画像
そして、最後の難所。ロープが蜘蛛の巣みたいに…
登山画像
高根山頂付近にある大血川方面分岐。道はありま…
登山画像
そしてそのすぐ先にある谷津川林道分岐。聖尾根…
登山画像
ちなみに谷津川林道も廃道です。
登山画像
ようやく熊倉山山頂が見えてきた!
登山画像
三門の広場!昔はしっかりした道があったのだが…
登山画像
熊倉山山頂手前の分岐に出た!
登山画像
ここにも谷津川林道は廃道の標識。
登山画像
そしてなつかしの熊倉山山頂に到着!
登山画像
山頂標識と三角点拡大!
登山画像
すこし奥にある神社!
登山画像
景色が見えない深山ぽいのがウリの山だったのに…
登山画像
下りはさっきの分岐から城山コースで。
登山画像
分岐から下るとすぐに日野沢コースと分かれる。
登山画像
城山コースの大岩!
登山画像
城山コースは林道までに2つ急な小ピークを上り…
登山画像
林道に出た!最後直進せずに脇道から下ったので…
登山画像
日野沢コースの入口である未舗装の林道の分岐。
登山画像
駐車場兼トイレ兼水車小屋に到着。普通はもっと…
登山画像
集落に出た!二又は左に行った方が早い。
登山画像
イチョウの紅葉!
登山画像
寺沢の如意観音堂!
登山画像
小丘を1つ越えて、花ハス園。近所に水芭蕉園も…
登山画像
武州日野駅到着!駅すぐ手前でいのししラーメン…
登山画像
西武秩父周辺も紅葉の観光客でごった返してした…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする
  • うめさん さん
    探検のようで楽しそうな感じが伺えました。今度私もチャレンジしてみます。廃道とか大好きです。

  • 目黒駅は品川区 さん
    コメントありがとうございます。聖尾根は登る分には滑落も道迷い遭難の危険もほぼないですが、手を使ってよじ登る急坂が多いので距離や標高差の割に時間がかかります。途中で休憩を取りすぎると、今が日が短いので下りで暗くなる危険性大です。それだけが要注意点ですね。暗くなりそうな場合、日野沢コースは増水で道が崩壊している箇所があるので、行かない方が無難です。城山コースの方が多少急ですが一本道で、とにかく林道に出てしまえばなんとかなるので安全です。

  • うめさん さん
    アドバイスありがとうございます。これから冬山になっていきますので低山行きが多くなりますね。日没がどんどん早くなってきますので十分注意します。ありがとうございました。

関連する現地最新情報

  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山荘周辺では10cmほどの積雪あり。曇りから雪に変わり、更に積もる可能性あり
    19年02月19日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?