登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
伊予富士 瓶ヶ森周回 伊予富士 瓶ヶ森(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2018年11月15日(木)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:寒風山トンネル高知口から寒風山隧道へ登り、隧道入口駐車場で車中泊
    自転車を瓶ヶ森駐車場へデポ

  • 天候

    ☁後☀ 2℃
    [2018年11月15日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

寒風山隧道Ⓟ泊6:04→6:56桑瀬峠→8:24伊予富士→9:15東黒森山→10:01自念子の頭→11:40西黒森→12:47瓶ケ森→13:30瓶ケ森Ⓟ14:00☞自転車☞15:45寒風山隧道Ⓟ16:00


総距離 約27.1km 累積標高差 上り:約2,421m
下り:約2,419m
↑1,898m ↓1,808m 29.7㎞(自転車17㎞) 9:47分 22,802歩
昨日は別子のお山を歩いた後、ここから瓶ヶ森駐車場まで往復、自転車をデポしてきました。暮れたUFOラインは猿が出没する寂しい道で、17㎞の往復が、とても遠く感じた。

6時登山口へ向かいます。桑瀬峠までは前回歩いているので、記憶が新しい。
6:37分日の出。ちょうど峠の中間ぐらいで夜が明けた。今日の☀を予感させる日の出だ。

6:56分桑瀬峠まで上がってきた。今日はここから西へ、10㎞先の瓶ケ森まで縦走し自転車で帰ってくる予定。時折ガスが流れてお日様を隠す中、縦走路を西へ進みます。伊予富士前衛の1600mピーク付近までくると、霧氷の花が迎えてくれた。今シーズンお初の冬景色です。

笹原に出て緩やかな稜線を快適に進むと、伊予富士の雄姿が見えてきた。霧氷で覆われた山腹は、時折覗くお日様に照らされると圧巻です。

8:27分最初のピーク伊予富士登頂です。\(^o^)/
絶景〃\(◎o◎)/!
3等三角点「伊予富士」1,756.1m自分の影も入れて撮影だ。

次の目標は東黒森1735m。笹と紅葉と霧氷の絶妙な景観を愛でながら先へ進みます。
UFOラインから登って来る道と出会う鞍部に古い指導票が立っている。なんとか読める。

東黒森登頂9時15分。ここにも絶景が広がっていた。UFOラインと瓶ケ森の眺望だ。
本当にいい時に来たものです。「素晴しい」の一語に尽きます(*^-^*)

そして一度UFOラインへ降り立ち、3・400m歩いて再び縦走路へ復帰、自念子ノ頭へ登っていく。振り返るとまさに天空のハイウエイだ。10:00自念子ノ頭3等三角点「黒森」1,701m登頂です。

ここで縦走路は北西に向きを変え西黒森へ向かう。西側に手箱山・筒上山、そして雲で覆われた石鎚山も見えてきた。南側の土佐湾が光っているし、瓶ケ森の登り口付近も見えているけどまだ遠い( `―´)ノ。頑張って前へ進もう・・・

小ピークをいくつも超え、積もった霧氷に足をすくわれ、少し草臥れた体を激励しながら西黒森を目指す。ここが胸突き8丁だ。鞍部まで進み、一度UFOラインに出て、西黒森の登りになる。笹原のスロープが頂上へ駆け上がっている。

山頂はトラバースとリサーチしていたので、登り始めて何時トラバース道になるのかと期待しながら頑張って登る。山頂登山道との分岐は11時40分通過。ここからトラバースして瓶ケ森の登山口へ降りている。しばらくトラバース道を進み視界が広がると、下に亀ケ森への登山口が見えた。UFOライン上の鞍部へ降りたら12時07分だった。

最後のピーク、瓶ケ森の登りは200mを一気に登って行く。ここをクリアすればあとはゴールの駐車場へ下るだけだ。最後の登りを楽しもう(^O^)/

そして山頂へ向け40分、12:47分に登頂した。10人くらいの登山者が思い思いに休憩されて、石鎚山と並ぶ人気を実感する。眼下に氷見2千石原の広大な笹原が広がって、向こうに雲に覆われた石鎚山が聳えている。

13:00下りに向かう。男山に寄ろうと下っていると、そのまま男山へ着いた。駐車場へ580mの表示があり、そのまま下ってから休憩しましょう。

13時33分瓶ヶ森駐車場へ無事下山し、まず自転車確認。
14:05分、自転車を漕いで下り17㎞にトライ・・・走ってみると意外と快適、緩い登りもあるが指して気にならない。それよりも下りのダウンヒルが快適だ。車に気を遣うがおおむね下り基調で、途中の吉野川源流碑や神鳴池も見ることが出来た。

15:45分予定をオーバーして無事寒風山駐車地へ帰還した。
1泊2日で四国遠征。今年5回目の四国の山歩きでした。
今回も満足な山行が出来、お山の神様に感謝です。\(^o^)/

詳しい山行レポはブログでどうぞ
 https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2018/11/201811151756m1897m.html

登山中の画像
登山画像
朝陽を背中に受けて登ります
登山画像
桑瀬峠到着
登山画像
1600m付近の霧氷
登山画像
伊予富士の絶景
登山画像
山頂到着
登山画像
鞍部指導標
登山画像
東黒森の霧氷
登山画像
東黒森到着
登山画像
UFOラインとこれから向かう縦走路
登山画像
UFOラインへ一度降りる
登山画像
自念子ノ頭から歩いて来た方向を振り返る
登山画像
自念子ノ頭到着
登山画像
西黒森
登山画像
瓶ヶ森の山容
登山画像
瓶ヶ森到着
登山画像
男山
登山画像
氷見2千石と石鎚山
登山画像
瓶ヶ森休憩所
登山画像
UFOラインをサイクリングして帰る
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!