登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
山上ヶ岳 山上ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

NAKA-P さん
  • 日程

    2018年11月24日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:洗浄大橋前駐車場(有料¥1,000 トイレ有)
    洞川温泉まではきついカーブもあるが道幅は広い。洞川温泉から先は狭くなるが大きな問題はない。
    店横に封筒が吊るされており車NOを記載し投函。下山するとワイパーに領収書が
    トイレはきれいでとても立派

  • 天候

    快晴だが寒かった
    [2018年11月24日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

洗浄大橋(6:35)-お助け水(7:32)-(7:47)洞辻茶屋(8:00)-(8:24)鐘掛岩(8:29)-(8:58)大峯山寺(9:04)-山上ヶ岳頂上(9:09)-(9:41)レンゲ辻(9:51)-林道終点(10:45)-洗浄大橋(11:02)


総距離 約9.3km 累積標高差 上り:約1,080m
下り:約1,080m
紀伊シリーズ第5弾。1時過ぎ駐車場到着も先行車2台。車載温度計で3℃。寒い中仮眠。5時半起床も車載温度計は0℃。レンゲ辻方面の山が真っ白。霧氷か?寒いわけだ。今日もタイツと風を通しにくいアウターを装着。支度を整え出発。洗浄大橋から結界に入る。急登もなく歩きやすい道を登る。途中の階段や橋が白い。霜か?と思いきや違う。雪だ!登り始めて1時間。樹氷の林に。この先すぐに洞辻茶屋だ。ここで大峯奥駈道に合流。ザックを置き霧氷の写真撮影。雪と太陽に輝く木々や草原。ん~んたまらん。この先からは道は険しくなる。傾斜が増し露岩も多くなる。おまけに雪と氷で滑りやすい。鎖場もある。慎重に登ること約20分。鐘掛岩到着。真っ白な見晴台に向かう。目の前の霧氷の向こうに緑の峰々。いい眺めだ。ここから約15分で名物「西の覗き」到着。氷の付いた岩から少しだけ身をのりだし下を見る。しっかり下を見たのではないが怖~!私にはできないかな?ここから10分ほどで大峯山寺到着。閉山期で宿坊も閉まっており誰もおらず静かだ。頂上登頂後お花畑を通りレンゲ辻方面に。分岐から先はとても急な厳しい下りだ。氷のついた露岩、雪のついた階段など危険がいっぱいだ。だが景色はたまらん。エビの尻尾となった霧氷。まだ白い山々。別世界だ。分岐から約30分。レンゲ辻到着。霧氷に囲まれ休憩。写真撮影のペアが登ってきた。一人は女性。やっぱり結界には入らない。山上辻方面に登って行った。ここから先も厳しい道だ。急な九十九折を下る。やはり氷のついた露岩、雪のついた階段がある。何度もコケそうになった。しばらく下ると沢沿いのトラバース風。道幅は狭く斜めになっており歩きにくい。ここを過ぎると沢歩き。雪こそなくなったがゴロゴロした岩が歩きにくい。レンゲ辻から約1時間。ようやく林道終点。ヤレヤレだ。下ること少々で駐車場到着。車は20台に増えていた。コースタイム4:45を4:00くらいの予定でいたがほぼコースタイムになってしまった。雪と氷の足元となったこともあるが思いもよらぬ景色に立ち止まりが多かった。でもいい時間だったなと満足でした。

今日はこれで終わりません。大峯奥駈道の終点金峰山寺に向かう。大峯奥駈道上の300名山の3座を登り終えたら行こうと考えていました。だから早く下りてきたかったのです。少々予定がくるったが行ってよかった。今月末まで蔵王堂秘伝のご本尊「金剛蔵王大権現」の特別ご開帳をやっていた。写真こそ取れなかったが青くかっこいいご本尊を見ることができた。

今年の山行は終わりかな?

300名山 19座目/301

登山中の画像
登山画像
洗浄大橋からの結界。現代では考えられない
登山画像
鐘掛岩
登山画像
西の覗からスマホで下を覗き見
登山画像
霧氷ではなく樹氷
登山画像
エビの尻尾
登山画像
白い向かいの山
登山画像
金峰山寺
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

NAKA-Pさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

NAKA-P さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年7月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?