登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
両神山日帰り縦走!(坂本~八丁尾根~七滝沢コース~日向大谷) 両神山、八丁尾根、七滝沢(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年11月23日(金)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:目黒4:32→山手線→池袋4:52~5:00→西武池袋線→小手指5:41~42→〃→飯能6:00~04→西武秩父線→西武秩父6:48~7:00→西武観光バス→小鹿野町役場7:35~40→〃→坂本8:10

    復路:日向大谷15:10→小鹿野町営バス→薬師の湯15:45~16:58→〃→三峰口17:20(遅延)~57→御花畑/西武秩父18:19~33→西武秩父線→飯能19:22~24→西武池袋線→池袋20:22~31→山手線→目黒20:52

  • 天候

    晴れ
    [2018年11月23日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

坂本バス停500m8:12→登山口8:20→山ノ神8:36→大岩960m9:18→八丁峠1490m10:18~30→行蔵峠10:56→西岳1613m11:03→龍頭神社奥宮1550m11:21→東岳1660m11:47→両神山1723m12:10~20→両神神社1627m12:34→鈴ヶ坂(七滝沢コース分岐)12:50→養老の滝12:58→会所14:00→日向大谷バス停670m14:20

合計6時間8分


総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約1,724m
下り:約1,594m
11月23日(祝)は、すごく久しぶりに両神山に行って来ました!コースは、やっぱり八丁尾根を縦走しないと両神山に登った気がしないので、個人的に定番にしていた坂本から日向大谷への縦走です。

日向大谷から坂本じゃないのは、坂本の方が早く着くバスがあるのと、坂本から八丁峠に登る道は年々バリエーションルート度が上がっていて、下山路にした場合、万が一途中で暗くなると非常にヤバいことになるから。

天気のいい日の午前中に登る分には、道が崩壊してわかりにくいだけで、特に危険は無いんですが。

坂本へ行くには、西武秩父駅から栗尾行か小鹿野車庫行のバスでまず小鹿野町役場まで行って、そこで乗り換えます。乗り換えが面倒に思えるけれど、使い慣れてしまうと意外と簡単です。

ちなみに、坂本坂本と言ってもイマイチわかりにくいかもしれませんが、秩父に2つある二子山の奥にある岩峰の方の登山口になっているバス停です。二子山に背を向けて、道の反対側に登って、行くと、両神山に着く感じです。

そんな感じでバスの終点である坂本バス停を8時12分スタート!志賀坂峠に上がる車道を少し登って、両神山の登山口を目指します。ここ近道もあるんですが、荒れているので車道を大回りしても一緒です。

登山道に入るとしばらく非常に良い道が続きます。でもそれはベンチがあって休憩するのに良い「山ノ神」までで、ここを過ぎると状況は一変します。道は、ピンクテープに従って荒れた河原や斜面を行ったりきたりするようになります。

でもずっとこんな道が続くのかな~?と思っていると、突然最初のような良い道に戻ったりします。これは沢の斜面につけられた道が度重なる沢の増水で流されてしまったせいで、この状況は大岩を過ぎるまで続きます。

大岩は、沢の途中に大きな岩が次から次へと出てきますが、テーブルとベンチがある大岩は1箇所だけなのですぐにわかります。

大岩を過ぎると沢の水量は極端に少なくなり、道も大きく高巻くようになるので、沢の中をウロウロしながら道を探す必要はなくなります。でも道は急斜面につけられた細くて崩れかかった踏み跡なので、それはそれで緊張します。

この細くて崩れかかった踏み跡がジグザグを繰り返して登るようになったら、八丁峠はあと少しです。そして10時18分、2時間少々かかってどこにでもある平凡な峠といった感じの八丁峠に到着しました。

すぐ横にテーブルとベンチのある見晴台があるですが、まわりの木が成長して景色が良く見えなくなっていました。でも2時間頑張ったので10分少々休憩していきます。

八丁峠から両神山方面に進みます。道は、最初はちょっと岩っぽい尾根といった感じなのですが、徐々に鎖が出てきて、その鎖も、軽く補助的に使うだけの物から、両手でしっかりつかんで垂直に切り立った岩場を腕力で登るような物に変わって来ます。

そんな感じで、たまに大展望の広がる小岩峰を越えて行くと、目の前に西岳らしき巨大な岩峰が現れてきます。でもそれは西岳ではなく行蔵峠です。山頂に峠の標識があります。

そしとその行蔵峠から目の前に見える同じような岩峰が西岳です。

行蔵峠と西岳を鎖につかまって越えて、いったん龍頭神社奥宮に降りてから、カニの横這いみたいなヤセ尾根を抜け、東岳のこれでもかというぐらい連続する垂直の鎖場を登りきるまでが八丁尾根の核心部です。

まあ一番楽しい場所です。

人によっては、ビビって鎖にしがみつ来すぎて、翌日酷い筋肉痛になるかもしれません。

ちなみに龍頭神社奥宮から尾ノ内沢コースに下る明確な道が分岐しているのですが、縦走者が迷いこまないようにロープが張ってありました。

東岳の垂直の連続鎖を登りきるとしばらく穏やかな道が続きます。そして最後、思い出したかのように鎖場が出てきた鎖場を登りきると、これまでとうってかわって人口密度の高い両神山山頂に飛び出します。12時10分到着。八丁峠から約2時間、坂本から約4時間かかりました。

こんな人の多いところで休憩しなくともいいんだけれど、ちょうど12時だし、腹も減ったので昼飯休憩をとって行きます。

両神山山頂からは、今日は全然気がついていなかったんだけれど、富士山と八ヶ岳が良く見えました。

両神山山頂から次は両神神社を目指します。この間、昔は地主とのトラブルで地獄の巻き道の連続だったんですが、道が尾根に戻って歩きやすくなっていました。

そしてお約束のリアル狛犬がいる両神神社に到着。神社から再び急な下りが始まります。この下りをほぼ下りきって、清滝小屋に着く少し手前に七滝沢コースの分岐があります。

別に行く予定は無かったのですが、このまま下ると、日向大谷コースは道が良いので、バス停で寒いなか2時間近く待っ可能性が出てきたので、時間潰しがてら七滝沢コースを大回りして帰ることにしました。

ここ2~3度通ったことがあるんですが、今日は地面が乾燥しているから、濡れるとヤバい鎖場も問題なく行けるんじゃないかと。

でも、鎖場は確かに問題なかったんですが、鎖場意外の道が落ち葉で埋まって、沢沿いなんでそのしたに浮き石がゴロゴロありすぎて、意外と快適には進めませんでした。

しかも養老の滝は水が全然なくて、まるで迫力が無かったし。

まあそれでも人が全然いなくて、雰囲気だけは良かった。

1時間10分かかって会所で日向大谷コースに戻り、いきなり道が良くなったので、今日は全然走ってないこともあり、少しぐらいは走らなくてはということで、日向大谷の集落の上まで走り、14時20分、無事に日向大谷バス停到着。

まだ50分あるけど、そこそこの時間潰しにはなったでしょう!

日向大谷バス停からは、小鹿野町営バスで帰ります。小鹿野町営バスは町営の薬師の湯をハブにしていて必ず寄っていくので、この日帰り温泉は、最近10年近く行ってないので、ついでなんで汗を流していきます。

薬師の湯の料金は600円、泉質はph9.2のアルカリ性単純温泉。隣に道の駅というか農産物直売所があります。まあ普通なんですが、ここの問題点は風呂が内湯1つしか無いこと。

昔来た時は、真冬でガラガラにすいてたので快適だったんですが、今回は紅葉シーズンで結構混んでたんで、逃げ場がなくて結構しんとかったです。 まあ西武秩父の祭りの湯は風呂がたくさんあってもさらに混んでるだろうから、それよりはマシなんでしょが。

でも逃げ場がないので早く上がって、食堂でカレーうどんを食べて缶ビールを飲みました。カレーうどんには小鹿野名物なのか、ジャガイモの揚げたのか入っていました。

食事を終えたら、再度16時58分発の小鹿野町営バスに乗って三峰口駅を目指します。このバス、三峰口駅の乗り換え時間が3分しかなく、間に合うかな?と思っていたら、国道に出る交差点が紅葉シーズンで混んでいて、見事に間に合わず!乗る場合は注意が必要です。

それでもなんとか秩父鉄道で西武秩父(御花畑)駅まで行って、今日は時間が遅いので特急レッドアローで帰ろうと思ったら、案の定紅葉シーズンで満席で、しょうがないから各駅停車を乗り継いで帰ったら、家に着いたの、まあ夕飯食ってコンビニ寄ったせいもあるんだけど、10時になってしまった!

小鹿野町〔西武観光バス〕|路線バス時刻表|ジョルダン
https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen/timetable/小鹿野町%E3%80%94西武観光バス%E3%80%95/

町営バス - 小鹿野町
https://www.town.ogano.lg.jp/menyu/basu/top.html

両神温泉薬師の湯 - 道の駅 | 小鹿野町観光協会
http://www.kanko-ogano.jp/spa/

登山中の画像
登山画像
登山口の坂本へはまず西武秩父駅から小鹿野町役…
登山画像
乗り換え場所の小鹿野町役場です。ここで坂本行…
登山画像
8時10分、到着予定時刻より5分早く、坂本バス…
登山画像
八丁峠登山口です。少し入ったところに登山届入…
登山画像
最初はとってもいい道!
登山画像
でもそれも山ノ神まで。
登山画像
山ノ神の気は沢の氾濫で道が崩壊していて、ピン…
登山画像
こんな巨石をよじのぼってすり抜ける箇所も。
登山画像
大岩に到着。他の大岩と違いここにはベンチがあ…
登山画像
大岩を過ぎると徐々に沢を離れ、斜面をジグザグ…
登山画像
小春日和の八丁峠到着!
登山画像
峠横の見晴台。昔は景色が良かったんだけど…。
登山画像
両神山方面に進むと、少し行ったところで待望の…
登山画像
見晴らしの良い小岩峰到着!
登山画像
隣のよりハードな赤岩尾根です!
登山画像
進行方向の西岳と東岳の眺め!
登山画像
隣の二子山(下)とその向こうに御荷鉾山です。
登山画像
上の方に雲のかかった浅間山!
登山画像
そして、奥秩父の主稜線。あの凹んだところが雁…
登山画像
徐々に垂直の鎖場が出て来ました!
登山画像
行蔵峠到着。鞍部ではなく西岳とツインピークを…
登山画像
そして西岳到着。
登山画像
西岳からの下りの鎖場!
登山画像
龍頭神社奥宮到着!
登山画像
尾ノ内沢方面には侵入禁止のロープ。
登山画像
天高く、今越えてきた西岳です。
登山画像
そして面妖な東岳!
登山画像
ナイフリッジを渡る。
登山画像
東岳下段の垂直の鎖場!
登山画像
東岳中段の垂直の鎖場!!
登山画像
東岳上段の垂直の鎖場!!!
登山画像
無事落ちずに東岳山頂に到着!山頂にはトレイル…
登山画像
東岳から今越えて来た八丁尾根を振り返ります。
登山画像
東岳から秩父方面の眺め.尖った山は当然武甲山!
登山画像
東岳から高崎方面。うっすらと赤城山が見えます。
登山画像
そして両神山山頂到着!
登山画像
百名山なので山頂は人がいっぱいです!
登山画像
両神山山頂から八ヶ岳です!
登山画像
そしてほんの少し富士山!
登山画像
山頂で休憩後、まず両神神社まで下ります。
登山画像
お約束の秩父風リアル狛犬!
登山画像
時間が大幅に余りそうなので七滝沢コースを大回…
登山画像
七滝沢コースの道はこんな感じ。谷の斜面をへつ…
登山画像
最初の鎖を下ったところを横に行くと、養老の滝…
登山画像
養老の滝だろか?水がほとんどないので迫力無し。
登山画像
そしてまた鎖場を下る。
登山画像
さっきの養老の滝の谷を下から見たところ。
登山画像
落ち葉がいっぱいの渓流沿いを下ります。
登山画像
赤滝のベンチ。水があまりないので見には行かず。
登山画像
下の方に来たら、まだ紅葉が残っていました!
登山画像
紅葉もう一枚!
登山画像
会所に到着。ここから日向大谷コースなので良い…
登山画像
冬桜咲く日向大谷に到着!
登山画像
日向大谷の紅葉真っ盛りの銀杏の木。
登山画像
日向大谷バス停到着!
登山画像
バスでまず薬師の湯を目指します。
登山画像
薬師の湯は道の駅の隣にあります。
登山画像
薬師の湯です。
登山画像
風呂上がりのビール。
登山画像
カレーうどんには名物なのかじゃがいもの揚げた…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...