登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
王子ヶ岳・中四国百名山三座が見える山(冬トレ3) 王子ヶ岳(中国・四国)
img

記録したユーザー

みねるう゛ぁ さん

この登山記録の行程

渋川港(10:00)・・・ニコニコ岩(10:30)・・・新割山山頂(10:45着/休憩約20分/11:05発)・・・渋川港(11:45)

のんびり出発できて、冬山ほど気合いも装備もいらず、
でも登った感もあって景色もきれいな近場の山に、
足のなまりがちな冬場のトレーニングも兼ねて行ってきました第3弾。
(登った回数で言えば、本当は第5弾なのですが^^;)

前回登ってみて、新割山山頂付近で実は
中四国百名山の大山・剣山・石鎚山、三座全部見えることに気がつきました。
なので、今回は王子ヶ岳から見える中四国百名山三座についての記録を中心に。
王子ヶ岳の登山道自体の記録は、『冬トレ1』の方にまとめてあります。

中四国の百名山三座が見渡せる、そんな山は他にもいくつかあると思いますが、
訪れやすく、(登山道は整備され、木段でそこそこ登った感もありつつも割とすぐ着く)
景色も良く、(剣山石鎚は海・島々・瀬戸大橋越しに、大山は迫力の!?南壁全貌烏ヶ山付)
三座ともバランス良く見えて、(どの山からも大体似たような距離にある)
となると、かなり絞られるのではないでしょうか。
その上、ここはいざとなったら撮影しに車でも行けてしまう…^^;

ところで、三座を実際に見ようと思うと、ここだけでなく三座の天候も大事です。
ここから三座の各山がそれぞれ見渡せる状態でないといけません。
夏なら割と条件は整いそうですが、冬場は三座ともとなると、意外と厳しい!?

1月14日、各山の天候が良いと予報で言っていたので、
「ひょっとして今日なら三座見えるんじゃない?」と思って行ってきました。
もちろん、自分の足で。

いつもは、スマホで写真は済ませていて、
登山の時は軽量化のために、基本カメラは持っていかないのですが、
今回は山容を撮るために、ズームの効くDSC-RX10M4を持ち込みました。
センサーは1型とコンデジよりちょいましぐらいですが、
おかげで光学600倍相当の明るいレンズが付いています。

当日は大山、剣山方面は天候に恵まれました。
特に大山はこの時期、山陰の天候が荒れがちですから、
肉眼で「大山があんなにはっきり見えるはずがない…」と
思ってしまうほどよく見えたのはラッキーでした。
石鎚山は、周囲の山々を含めて山頂付近がずっと霞んでいて、
山容を拝むのはちょっと厳しかったです。
それでも、よ~く見ていると、うっすら山容が見えます。
(家に戻ってPCで画像処理したら、はっきり見えました^^;)

写真を撮るだけなら車でちゃっと来てしまえば済みますが、
そこは自分の足で登ってこそ、です。
せっかく登るなら、いろんな楽しみ方をしたいですよね。
自分の足で登って三座とも姿が見えると、やっぱり感動もんです。
三座ともいいロケーションで見ることができる山、
新割山、なかなかの贅沢です。

天候をみて、また撮りに登りたいと思います。

登山中の画像
  • 渋川港駐車場。無料23台駐車可。トイレ有り。いっぱいになると、分離帯近くに縦列でもう5台ぐらい停まってます。
  • 登山口まで道路沿いを行ってもいいのですが、歩道が狭く車が来ると結構怖い。渡れるなら写真右側、バスが見える道から行った方が安心。
  • 信号機のそばに登山口があります。山肌に見える柵は登山道のもの。
  • 先ほどのバスが見える道を進むと、海側、信号機の右側に登山口が見えます。この下り坂を車が結構なスピードで下りてくる時があるので、そこは注意!
  • 登山口。イノシシ防護柵が閉まっていますので、開けて入山します。(入ったら閉めましょう)
  • 王子ヶ岳の名所!?ニコニコ岩。ここまで来れば、剣山も石鎚山も見えます。後は天気次第ですが、高度は足りてます。
  • 新割山山頂。大山は北側になるため、山頂付近まで来て山の向こう側が見える様になると、大山を望めます。
  • 今日は冠雪した大山や烏ヶ山がよく見えます。見えすぎて!?「まさか大山があんなにくっきり見えるはずが…あの山は違うだろう…」と疑うほど。
  • 大山南壁アップ。本当に今日は大山が肉眼でもきれいにはっきり見えました。
  • PCでレタッチしています。山容が更によくわかります。
  • 剣山方向も雲が山頂付近にはなく、見晴らしが良かったです。(この写真では剣山はまだ見えていません)
  • 高度が足りないと、剣山は五色台にかくれてしまいます。手前の香川の山の切れ目に良い感じで矢筈山と大川山が見えているので、剣山や次郎笈と間違わないように。
  • 登山道途中でも、五色台の向こうが見える高さまでくればまず剣山が見えます。
  • 山頂付近までくれば、剣山だけでなく、次郎笈・一ノ森もよく見えます。三嶺は矢筈山にかくれて見えません。残念…
  • 剣山方面。見える山容はそれぞれ、こうです。下に見えているのは小槌島ではありません。対岸、香川県の王越山の北山嶺ですが、形が特徴的なので目印にぴったり。
  • 天気は良かったですが、石鎚方面、山頂付近には雲が…うぅ~ん、よくわからん。
  • 東赤石山・笹ヶ峰。雲の周辺にうっすら山容が見えます。今日の石鎚山系の中では、まだ見やすい方。
  • 石鎚山は…やはり厳しいですが、じっくり見ていると、かすかに山容が見えます。
  • 石鎚山アップです。霞の向こうにうっすらと…
  • 先ほどの写真、よ~く見ると、本当にうっすら山容が見えます。
  • PCでレタッチ処理しました。これなら見える!?この感じだと、ここから石鎚山の間が霞んでるだけで、石鎚山頂は晴れている様です。
  • 登山道から見た渋川港駐車場。3連休で天候も良かったので車が多く、戻ってくると満車でした。停めきれない車が縦列駐車しています。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

みねるう゛ぁさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みねるう゛ぁ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...