登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
三峰山・霧氷号に揺られて 三峰山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2019年1月14日(月)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:近鉄榛原駅下車、駅前バスターミナルから霧氷号(三峰山行き)に乗って
    終点のみつえ青少年旅行村で下車、来た道を少しもどると不動滝方面への道標があるので従い進めば林道から山道に変わるので変わった地点が登山口と言える。

  • 天候

    晴れ(朝は薄曇り)
    [2019年01月14日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

近鉄榛原駅(8:50)・・・登山口(10:25)・・・避難小屋(11:15)・・・三峰峠(11:45)・・・三峰山山頂(12:15)・・・八丁平(13:30)・・・みつえ青少年旅行村(14:45)・・・近鉄榛原駅(15:45)

今年初めての登山はいつもの友人と一緒に行ける事になったので迷わず三峰山に登ることにしました。
ここは去年に登った高見山と同じく霧氷で有名な山なんですがアクセスもこの季節限定の臨時バスが出ていることから夏場よりもこの季節の方が容易く行くことが出来るのも決め手でした。
それではコース案内です。
近鉄榛原駅までは各自で時間調整してお越しください。
駅前ターミナルから高見山と三峰山へ行くバス(霧氷号)が待機していますので駅員さんにどちらに乗るのか?確認して乗りましょう。
ちなみに三峰山か高見山で検索すると霧氷号のホームページに行くことが出来るので登山届けをダウンロードしておきましょう。
それぞれの山名が記載されたPDF がダウンロード出来るので必要事項を記入して当日バスの運転手さんに渡してあげてください。
万が一、忘れた場合は用紙を下さいますが出来れば事前に用意しておくとスマートですし駅員さんの手間も省けます。
料金も駅の階段を下りたところに駅員さんがテーブルを設けてICリーダーを設置されているのでICOCAでも現金でも支払う事ができます。
往復料金を支払うとチケットをもらえるので無くさないようにしましょう。往路はバスに乗車する際にチケットをちぎられ、復路は帰りのバスに乗車する際に渡す事になります。
バスが出発したらみつえ青少年旅行村バス停までノンストップです。
直行便なので寝ていても大丈夫です。
着いたらキャンプ場なのでトイレや水がない人は確保しておきましょう。
用意が整ったらいよいよ出発します。
バスが来た方向に少し戻ると橋があるので右へ渡ります。
ここからしばらく林道を歩くことになります。
しばらく道なりに進むと右側に橋が架かっています。
この橋を渡ると登尾コースとなり、この周辺では唯一のトイレが途中にあるので女性には嬉しいコースと言えますが特筆するようなものが無いので出来れば下りで利用するといいでしょう。
我々は不動滝コースをチョイスしたのでそのまま林道を上がって行きます。
ちなみに不動滝コースの入り口にもトイレがあるのですが登尾コースの方が綺麗だと思います。
このトイレがある場所から登山道に変わって素敵な山道となります。
このトイレの場所から登尾コースの方へ行くことも出来ますがここまで来たのなら不動滝コースの方へ行きましょう。
不動滝コースは上りで利用する方が良いでしょう。
下りだとかなりの急勾配を下りる事になるのと滝は下から見上げる方が綺麗です。
しばらく道なりに進むと行く手に鳥居が見えてきます。
直ぐ右横には参籠所も設けられているこの場所が不動滝です。
滝の直ぐそばまで行くことが出来るのでゆっくり見学しましょう。
また上へ上がって行けるので滝の真横まで行きましょう、ここにはお不動様が祀られています。
山行の安全を祈願したら少し引き返し本線に戻りましょう。
ここからしばらく急登が続きますのでゆっくり進んでください。
それこそ一歩歩けば高度が変わるくらいの勢いで上へと向かう事になります。
我々は身体を鍛えることが目的でもあるので喜んで登って行きます。
やがて上の方が開けてきたので友人がボチボチ山小屋かな?と聞いて来ましたが時間的にもまだまだと思っていた私はてっきりピークでもあるのではないかと言っていたら実にアッサリと山小屋に着きました。
少し休憩して作戦会議をする事にした我々はコース図を確認して、とりあえず山頂まで行ってお昼ご飯は八丁平で取ろうと決めて進むことにします。
小屋から少し進んだ先に三峰峠があります。
右へ進めば元々帰路に決めていた新道峠方面へ、左へ進めば山頂へと続きます。
左へ進み少しすると左側に大日如来と刻まれた石碑があるので山行の安全を祈願します。
この石碑の先も分岐となっており、真っ直ぐ進めば八丁平へ左へ上がって行けば山頂方面に向かうことになります。
先ずは山頂を目指すのですがこの辺りから霧氷が格段に綺麗なので写真を撮りまくっていると普通なら山頂まで15分かからないくらいの道なのに倍の時間をかけて進んでしまいました。
まあそれだけ周囲が綺麗なので仕方がありません。
途中右側に絶景ポイントがありますのでゆっくりと景色を楽しみましょう。
天気が良ければ木曽御嶽山を見ることができます。
ここから少し進んだ先に三峰山山頂が待ち受けています。
標高看板と三角点がありますし周辺図もあるので三座同定を楽しみましょう。
ここからは倶留尊山や古光山などがとても良く見えるので写真を撮りまくりました。
景色を堪能した我々はお昼ご飯を食べる為、八丁平へ行こうとしましたがすぐ先から一切積雪が無いので山頂周辺の適地で休憩タイムとしました。
ここ最近の暖冬のせいで山頂周辺は霧氷と積雪があるのですが少しズレると途端に何もなくなるのでほとんどの人は山頂周辺で食事を楽しまれていました。
山頂周辺は結構広いのでかなりの人数でも気になりませんでした。
この日もとても良い天気で見上げる青空に霧氷が輝いていて風も無く穏やかな気候だったのでゆっくりお昼ご飯を食べることが出来ました。
食後のコーヒーを楽しんで片づけ終わった我々はもう一度山頂からの景色を写真に撮ったら八丁平へ向かいます。
山頂からも分岐に従って進めば八丁平へ行けるのですが雪が溶けてしまって道はヌルヌルなので気をつけて下りましょう。
こんな場所でコケてしまうと帰りのバスに乗車する事が出来なくなる可能性があります。(着替えがない場合)
しばらくヌルヌルの道をコケないように慎重に下ると目の前がパッと開けて草原のような場所に出ます。
ここが八丁平でとても素晴らしい展望が待ち受けています。
はるか先には大台ケ原を眺めることが出来るバツグンのロケーションを誇る場所なので是非大休憩を楽しんでください。
ただし、季節によっては風が強く吹き付ける場所でもあるのでウェアは気をつけてください。
本当ならこの季節、樹氷原となりとても美しい場所なのですが残念ながら暖冬のせいで普通の草原になっていました。
なので本当は新道峠方面へ下る予定だったのですが霧氷も期待出来ないことから登尾コースの方へ下る事にします。
水平の山道をしばらく進むと先ほどの山頂への分岐に出ますのでそこからは来た道を引き返して行きます。
山小屋の方へ戻らなくても道標に従えば登尾コースへ進むことが出来るので道標に従いましょう。
ここからは素敵な山道を下って行きます。
木製の階段を下りきったくらいで右側に可愛いお地蔵様が祀られているのでご挨拶します。
ここからは実に山道らしい良い道を歩いて行くので登尾コースを利用される方はぜひ下りで利用される事を検討してみてください。
しばらく進むと右側に展望が開ける場所があるので倶留尊山などの景色を堪能しましょう。
ここから少し進んだ先に立派なログハウスチックな小屋があります。
ここは森林作業者専用の小屋なので立ち寄ることは出来ないので注意しましょう。
小屋を通り越してすぐに車道に出ますが渡った先からすぐに山道に戻るので気にするほどでもありません。
左側にある建物はトイレですので利用させて頂きましょう。
ここからみつえ青少年旅行村に戻るまでトイレはありませんので注意してください。
しばらく進むと朝通り越して進んだ橋が見えて来ますので渡った先を左へ進めば来た道をなぞるようにみつえ青少年旅行村に帰ることが出来ます。
15時のバスに余裕で間に合った我々はトントン拍子で京都まで戻りいつもの温泉で疲れを癒してから居酒屋で打ち上げをしました。

登山中の画像
登山画像
樹氷号とバス停です、三峰山へ行く樹氷号は観光…
登山画像
みつえ青少年旅行村からバスの進行方向とは逆に…
登山画像
この橋を渡って不動滝ルートへ向かいます。
登山画像
しばらくは林道歩きが続きます。
登山画像
不動滝ルートと登尾ルートの分岐です。
登山画像
この橋を渡れば登尾ルートですが女性に最適と言…
登山画像
不動滝ルートはまだまだ林道を歩きます。
登山画像
少し展望があります。
登山画像
ここからでも登尾コースへ行くことが出来ますが…
登山画像
わたし的にはここが登山口と考えます。(不動滝…
登山画像
ここから本格的な山道に入ります。
登山画像
鳥居が見えてきました、不動滝はすぐそこです。
登山画像
不動の滝の直下まで行くことができます。
登山画像
不動滝です。
登山画像
木製の階段が結構ありますが段差は低いので意外…
登山画像
要所要所で後何mかの看板があります。
登山画像
結構な急登ですが今日は調子よく上がって行きま…
登山画像
避難小屋です、コースタイムを大幅に短縮して着…
登山画像
山頂に向かいます。
登山画像
このあたりから霧氷が広がります。
登山画像
大日如来と刻まれた石碑があったので山行の安全…
登山画像
八丁平との分岐です、真っすぐに行くと八丁平、…
登山画像
木曽御嶽山が見えるそうです。
登山画像
確かにビューポイントです。
登山画像
霧氷と山脈です。
登山画像
山頂まで山小屋から10分もあれば着けるのです…
登山画像
とても美しいです。
登山画像
霧氷のトンネルを抜けていきます。
登山画像
この分岐からも八丁平に行くことができます。
登山画像
山頂が見えています。
登山画像
三角点があります。
登山画像
周辺図があるので山座同定を楽しみましょう。
登山画像
誰が作ったのか?センスが感じられるかわいい雪…
登山画像
霧氷が青空に良く映えます。
登山画像
山頂です。
登山画像
山頂からは倶留尊山や古光山など我々が昨年訪れ…
登山画像
こんなところにも雪だるまが乗っかってました。
登山画像
八丁平に降りてみましたがやはり日当たりのいい…
登山画像
八丁平はとても素敵な場所です。
登山画像
八丁平のいいところは天気のいい時は大休憩適地…
登山画像
八丁平です。
登山画像
八丁平はすっかり雪が溶けてしまい霧氷も全くあ…
登山画像
本当は新道峠方面へ下る予定でしたが霧氷がない…
登山画像
八丁平は残念ながら霧氷がありませんでしたが少…
登山画像
山々の霧氷を愛でながら進みます。
登山画像
さて、下山を開始しましょう。
登山画像
不動滝の道より楽かもしれません。
登山画像
結局このお地蔵さまが気になりお会いするために…
登山画像
さわやかな道です。
登山画像
木々の合間から景色を楽しめます。
登山画像
素敵な道を進みます。
登山画像
この小屋は林業の方専用なので利用できません。
登山画像
一旦林道に降りるので登山口を写しておきます。
登山画像
道路を挟んで直ぐに道標があるので従います。
登山画像
こちらへ進みます。
登山画像
ここはトイレなので利用するといいでしょう。
登山画像
道標は適所にあります。
登山画像
この道を進みます。
登山画像
下りも急なので気をつけましょう。
登山画像
林道が見えてきました。
登山画像
さみしいですが林道に戻ってきました。ここから…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?