登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
日の出山北尾根からロンデン尾根経由で勝峰山、天竺山(横沢入) 日の出山北尾根、日の出山、麻生山、ロンデン尾根、白岩山、梵天山、真藤ノ峰、深沢山、勝峰山、唐松山、天竺山、横沢入、初後亭、阿伎留の四季(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年1月19日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山5:03→東急目黒線→大岡山5:08~09→〃大井町線→溝の口/武蔵溝ノ口5:24~26→南武線→立川6:01~21→青梅線→御嶽7:19

    復路:武蔵五日市14:32→五日市線→秋川14:41→秋留の湯(阿伎留の四季)14:50~15:50→秋川16:02~05→ホリデー快速あきがわ2号→新宿16:58~17:03→山手線→目黒17:15

  • 天候

    晴れ
    [2019年01月19日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

御嶽駅7:22→光仙橋(日の出山北尾根入口)270m7:35→伐採地400m7:47→519m地点8:04→680m地点8:23→二つ岩734m8:29→日の出山北側ピーク860m8:43→日の出山902m8:58~9:09→つるつる温泉・金比羅尾根分岐9:16→麻生山入口9:28→麻生山794m9:33→麻生山出口9:42→幸神(ロンデン尾根)分岐9:54→白岩山631.7m9:57→梵天山607m10:08→真藤ノ峰543m10:20→新所沢線17号鉄塔10:26→449mピーク10:44→441mピーク10:51→深沢山北峰452m10:54→深沢山(南峰)460m10:59→勝峰山454.3m11:13~23→駐車場11:34→林道→勝峰山登山道出口11:47→幸神神社11:49→横沢入北尾根入口11:54→天竺山方面分岐12:07→313mピーク12:10→JR基準点ピーク約310m12:17→唐松山307.6mピーク12:27→下ノ川12:46→横沢入中央(作業小屋)12:49→天竺山登山口12:51→石山ノ池13:00→道間違い→天竺山310m12:19~27→三内神社里宮12:34→五日市線踏切12:37→初後亭12:42〜14:10→武蔵五日市駅14:15

合計6時間20分(初後亭迄)


総距離 約17.8km 累積標高差 上り:約1,487m
下り:約1,541m
1月19日(土)は先週の続きで、初心者向けのバリエーションルートとして名高い日の出山北尾根を再訪して来ました!

でもそれだけじゃすぐ終わってしまうので、帰りにまだ行ったことのなかった勝峰山のロンデン尾根と、横沢入の天竺山にも行って来ました!

日の出山北尾根は、山頂までしっかりした道が通じているのは昔と変わりがなかったのですが、登り始めに広大な伐採地が出来て展望も楽しめるようになっていました。この日気軽に歩けたバリエーションルートのはここだけ。

ロンデン尾根は、レビューを見るとちゃんとした標識があるようだったので、サルギ尾根のみたいにほとんど一般道化してるんじゃないかと思っていたのですが、予想以上にバリエーションルートっぽく、特に前半の白岩山~梵天山~真藤ノ峰あたりは道もか細くアップダウンも多くて、意外なぐらい時間がかかりました。ただ後半、勝峰山が近づくにつれて道は良くなります。想像ですが、上からフルコースで来る人は少なく、下から2~3峰を周回するだけの人が多いのでそうなっているのかも知れません。

最後の横沢入も、地元が里山として整備したと書かれていたので、公園の中の遊歩道みたいなものを想像していたんですが、ここもロンデン尾根に負けないぐらいバリバリでしかもやぶっぽく、長々と縦走してきた帰りにオマケとして寄るには結構しんどいものがありました。2度も迷いかけるし…。ここだけ周回なら大したことないんでしょうが。

まあそれでも予定の1時間遅れぐらいで下山出来たので、急がなければそんなに大変な道ではありません。

という感じで、先週と同じ電車の乗り継ぎで、1つ手前の御嶽駅で降ります。自販機で水分補給したら、バスには乗らずに7時22分スタート。多摩川を橋で渡り、大鳥居をくぐった少し先の「光仙橋」が日の出山北尾根の入口です。橋を渡ったところにある階段を登り、植林の作業道を進みます。

すると最初に出てくる400m圏の小ピークを越えたところで広大な伐採地に出ます。向かい側の御嶽山の展望が良いです。振り替えると高水三山の惣岳山が大きいです。

この伐採地を過ぎ、急坂を登りきったあたりが地図上の519m地点です。ここからしばらく道が平坦になります。

そしてその平坦な道が終わり、ちょっと岩っぽい急な尾根を登りきった場所が680m地点。ここから再び尾根がゆるやかになり、少し進むと左手に二つ岩があるのが確認できます。

二つ岩を過ぎると、今まで右か左のどちらかが植林だったんですが、全面的な自然林の林を登るようになります。

葉の落ちた明るい自然林の中を進むと、やがて日の出山山頂の1つ北側のピークに着きます。ここだけ自然の針葉樹の林になっていて、奥秩父を思わせる深山の雰囲気です。

でもその雰囲気も一瞬ですぐに日の出山山頂直下に着き、ひと登りで山頂です。9時ちょっと前に到着。御嶽駅から約1時間40分かかりました。

日の出山山頂は天気が良く朝早かったこともあり、光る東京湾の向こうに千葉の山まで見ることができました。

少し休憩後、標識に従って南側の急な階段を下ります。階段を全部下りきると伐採地の林道に出て、そこがつるつる温泉と金比羅尾根の分岐です。勝峰山へは金比羅尾根方面に進みます。

金比羅尾根の道はまず最初に上養沢への道を分け、やがて麻生山への分岐に着きます。急いでいる時はここは巻くのですが、今日は時間が早いので山頂に寄り道していきます。麻生山山頂は展望のない地味な場所だったんですが、久しぶりに登ってみたら、東側が伐採された大展望の場所に変わっていました。

再び金比羅尾根縦走路に戻り、ロンデン尾根分岐を見落とさないように進みます。ロンデン尾根分岐は道が右に大きく曲がった先にあって、標識には「幸神」とだけ書かれていて、勝峰山ともロンデン尾根とも書かれていないので注意が必要です。日の出山から麻生山経由でここまで約45分。9時54分通過!

ロンデン尾根の始まりは立入禁止の柵に沿って進みます。この柵は最初のピークである白岩山で終わり、少しずつバリエーションルートっぽく細く落ちた木の枝などのゴミが多くなって行く道を進んで行くと、やがて2つ目の梵天山に着きます。当然展望のない場所です。

この梵天山から次の真藤ノ峰を越えるあたりまでがロンデン尾根の一番山深い部分です。梵天山の下りにはトラロープで下る滑りやすい急坂もあり、真藤ノ峰には文字が読めなくなりつつある手書きの山頂標識しかありません。

真藤ノ峰を過ぎると、すぐに新所沢線17号鉄塔の下に出ます。ここで道は16番鉄塔方面と18号鉄塔方面に分かれますが、18番鉄塔方面へと進みます。

しばらく何もない林の中を進んで行くと、地図上の448m地点に449mの標識が出てきます。この辺りから再び道が良くなってきて、次の441地点では北側が伐採され、下の採石場が見下ろせます。

441地点から少し行った場所が深沢山分岐(北峰)で、南に深沢山山頂(南峰)への道が分岐しているのでピストン往復して行きます。深沢山山頂はここも展望のないピーク。

深沢山を過ぎると終点の勝峰山まであと少しです。ここまで思っていた以上に時間がかかって疲れてきてはいるんだけど頑張って進むと、11時13分、ようやく勝峰山山頂に到着しました。ロンデン尾根分岐からここまで約1時間20分、途中誰にも会いませんでした。金比羅尾根直進ならもう五日市駅近くまで来ているはずなんだけどな~。まあとにかくここで2度目の休憩。

勝峰山山頂は桜の園地になっており、ベンチと石祠と鎧塚という平将門伝説が残る場所があります。展望は木の間から日の出山方面が見えますが、良いとは言えません。でも駐車場方面に少し下ったところに五日市の町が見下ろせる展望台があり、帰りに景色を楽しむことが出来ます。

駐車場から林道を下り、途中の近道の標識があるところから再び山道に入ると、幸神神社のすぐ側の交差点に出ます。100円の自販機があったので缶コーヒー飲みながらしばし休憩。

その後、地図を見ながら集落の中を進むと、すぐに横沢入北尾根の取り付きに着いて、11時54分、棚田を下に見ながら登り始めます。登り始めに登山者の爺さん1人とすれ違いました。横沢入で合った登山者はこの1人だけ。

横沢入の北尾根は天竺山への分岐までは良い道なんですが、そこを過ぎると徐々にやぶっぽくなります。そんなこととはつゆ知らず、まず送電線鉄塔より少し上にある313mピークに到着。ここには送電線鉄塔の標識しかありません。

そしてその先少し行ったところからトラロープを使って鞍部まで急降下し、同じような傾斜の斜面を登り直すとJRの基準点のある標識約310mのピークがあります。JR基準点ピークを過ぎると、またトラロープの急降下が待っていて、道もさらにやぶっぼく怪しくなって来たので、そろそろ下りた方が良いのではないかとエスケープルートを探しながら進むのですが、それらしきものは見つからずズルズルと先に進みます。

そしてもう一度急斜面をよじ登ると307.6mの三角点がある唐松山に到着。展望も何もないピークです。

唐松山からまた鞍部まで下り、沢沿いに下に下れそうな踏み跡があったので行って見るも道は通じておらずまた戻って、次の日の出団地が見下ろせるピークでようやく下ノ川というところに下れる分岐を見つけたので、そこを下って横沢入の中央湿地に出ました。

ここまで里山というより、ほとんど裏山アルプスのノリで、帰りについでに寄るようなじゃありません。

次は中央湿地から横沢入の棚田を戻るように進んで天竺山を目指します。湿地の上の今も耕作が行われている棚田では、ここを維持管理している付近の農家の人たちが集まって何かの作業をしていました。付近には立派な共同の作業小屋もありました。

作業小屋から少し奥に進んだところに横沢入の案内板と尾根づたいに天竺山へ行く道の入口があったので、そこから山頂を目指します。この道は石山ノ池という小さな採石場の跡地に水が溜まった場所までは順調なんですが、そこからどうやって山頂に行ったら良いのかわからず、とりあえず左の道を進んだら途中で戻りUターン出したので、分岐まで戻って右の道を進むと、良く見えない場所に山頂への標識発見。こりゃ迷うわ。

でもそこから上へと登り、さっきあった北尾根から天竺山へ続く道と合流して、送電線鉄塔の脇を抜けると、ようやく天竺山山頂に到着です。時間は13時19分なのでなんやかんやで取り付いてから1時間25分もかかったことになります。

天竺山山頂には三内神社があって、東側が刈り払いされており、五日市線沿線の市街地が良く見えます。何はともあれここで最後の休憩。

休憩後は三内神社の里宮に通じる階段を下って五日市線の線路を渡り、武蔵五日市駅を目指します。でもその前にせっかくめったに来ない駅の東側に来たので、知る人ぞ知る武蔵野うどんの名店「初後亭」に寄って行きます。

初後亭のどこが凄いかっていうと、埼玉県産の地粉を使った武蔵野うどんは数あれど、ここはあきる野の大地で採れた正真正銘の東京都産小麦の地粉を使った武蔵野うどんが食べられるということです。同じく東京都産の蕎麦もあります(季節限定)。

でも1月に冷たい蕎麦はさすがに寒いので、温かい肉うどんをいただいて駅に向かいました。

武蔵五日市駅からは、五日市は都心に近いので真っ直ぐ帰らずに秋川駅で途中下車して、徒歩5~7分の「阿伎留の四季」にある「秋留の湯」に寄って汗を流してから帰りました。ここは沸かし湯のスーパー銭湯なんですが、料金も土日の90分コースが650円と安く、つるつる温泉や瀬音の湯ほど混んでいないので穴場の日帰り入浴施設です。

と書こうと思ったら、平成31年3月31日で営業終了とのこと。経営母体が代わって存続するのかどうかは不明ですが、まだ行ったことが無い方はお早めに!

阿伎留の四季からの帰りは、秋川駅でちょうどホリデー快速に間に合ったので、新宿まで乗り換えなしで行けて楽でした。

100%自家栽培粉のうどん・蕎麦 初後亭です。
http://www.gws.ne.jp/home/shogotei/

あきる野の温泉なら阿伎留の四季(平成31年3月31日迄)
http://www.akirunotoki.com/

登山中の画像
登山画像
先週より1つ手前の御嶽駅からスタート。
登山画像
橋を渡って鳥居をくぐる。ここまでバスを使うこ…
登山画像
鳥居のすこし先の光仙橋を渡ったところにある階…
登山画像
バリエーションルートといっても初心者向けの道…
登山画像
400m圏の小ピークを越えると伐採地に出る。
登山画像
伐採地から御嶽山の眺め。
登山画像
同じく、高水三山の惣岳山の眺め。
登山画像
伐採地を過ぎ急坂を登り切ると519m地点に着く。…
登山画像
平坦な箇所を過ぎると今度は岩っぽい急坂。
登山画像
岩っぽい急坂を登り切ると、680m地点に到着。標…
登山画像
734m地点にある二つ岩です。
登山画像
二つ岩の先から冬枯れの自然林の気持ちの良い林…
登山画像
約860mにある日の出山北側のピーク。ちょっと山…
登山画像
この上が日の出山山頂です。山頂北側の巻き道の…
登山画像
日の出山山頂到着。
登山画像
一番乗りだと思ってたのに先客がー!
登山画像
この日は天気が非常に良くて、光る東京湾の向こ…
登山画像
振り返れば、先週登った川苔山付近の眺め。
登山画像
まず南側のつるつる温泉・金比羅尾根方面に下り…
登山画像
伐採地に出たら金比羅尾根方面へ。
登山画像
金比羅尾根はハセツネ最後の超高速コース!ガン…
登山画像
まだ朝早いのでいつもは素通りする麻生山に寄っ…
登山画像
超地味で展望も無かった麻生山山頂は知らない間…
登山画像
金比羅尾根に戻って少し進むと、ロンデン尾根の…
登山画像
ロンデン尾根の入口は幸神とだけ書いてあって、…
登山画像
最初は立ち入り禁止の柵沿いに進みます。
登山画像
最初のピーク白岩山に到着。この少し先で柵を離…
登山画像
テープはあるものの、結構バリエーションルート…
登山画像
梵天山に到着。
登山画像
梵天山の下りはロープの張られた急坂。それにし…
登山画像
次の真藤ノ峰の山頂標識は読めません。このあた…
登山画像
真藤ノ峰を過ぎると新所沢線17号鉄塔に出る。
登山画像
縦走路は18号の方に進みます。
登山画像
南に迷い込みやすい尾根があるところに標識があ…
登山画像
449mピークの標識。このあたりから、再び道が良…
登山画像
続いて441mピークの標識。短い樹脂製の杭に書か…
登山画像
411mピークは眺めの良い場所です。
登山画像
下に採石場が見えます。
登山画像
そして深沢山分岐(北峰)到着。
登山画像
深沢山山頂(南峰)をピストン往復。
登山画像
勝峰山山頂に着いたー!
登山画像
勝峰山山頂は桜の園地になっている。
登山画像
鎧塚という平将門の史蹟がある。
登山画像
勝峰山山頂からの眺めです。左大岳山、中央麻生…
登山画像
園地の中の遊歩道のような道を下る。
登山画像
途中にある展望台。東側の眺め良し。
登山画像
血の池なんていうたぶんわき水を溜めた昔のダム…
登山画像
駐車場に到着。バイクが1台停まっていた。
登山画像
駐車場からは林道。
登山画像
林道の途中に近道あり。
登山画像
幸神の勝峰山登山口付近です。変形の十字路にな…
登山画像
十字路を渡ったところにある幸神神社。
登山画像
集落の中を5分ほど行くと、横沢入北尾根の登山…
登山画像
出だしはとても良く踏まれた道です。
登山画像
右手に棚田を眺めながら登る。
登山画像
2つほど送電線鉄塔の下を通ります。
登山画像
するとその先に西尾根経由で天竺山へ行く道の分…
登山画像
313mピークは次の送電線鉄塔の上で、送電線鉄塔…
登山画像
その先でトラロープをつたって急坂を下る。この…
登山画像
再び急坂を登るとJR東日本の基準点のあるピーク…
登山画像
それが証拠に山頂には何の標識もありません。
登山画像
JR東日本の基準点のあるピークから再びトラロー…
登山画像
ここにはちゃんとした標識があります。
登山画像
唐松山からさらに進むと、この標識のあるところ…
登山画像
もう少しがんばってやぶっぽい道を進むと…。
登山画像
日の出団地が見下ろせる場所に出ます。
登山画像
そこに下ノ川に下る道の標識があるのでそこを下…
登山画像
下りきったところにある下ノ川の標識。あたりは…
登山画像
湿地の中の道を右に曲がると、横沢入保全地区の…
登山画像
棚田に出たところにある立派な共同作業小屋。
登山画像
共同作業小屋から少し行ったところにある案内図…
登山画像
天竺山手前にある石山ノ池。石切り場の跡らしい。
登山画像
ここも今は水はありません。
登山画像
石山ノ池から右へ行くのか左へ行くのかわからな…
登山画像
さっきの北尾根の分岐からの道を合わせ、送電線…
登山画像
送電線鉄塔からひと登りで天竺山山頂です。三内…
登山画像
天竺山から五日市線沿線の眺め。
登山画像
山頂の神社から参道の階段を下ると、三内神社の…
登山画像
里見から線路を渡って右へ進むと武蔵五日市駅に…
登山画像
その途中にある初後亭で昼飯。ここは知る人ぞ知…
登山画像
これが東京産地粉を使った武蔵野うどんだー!
登山画像
秋川駅で途中下車して秋留の湯に寄って行く。
登山画像
秋川駅から徒歩5〜7分のところにある秋留の湯(阿…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?