登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
20190223 脊振山地を行く①~基山・九千部・とりごえ温泉 基山・九千部山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年2月23日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:[往路]福岡市内~原田
    ①福岡市内  JR鹿児島本線 - 6:44着 原田
    [復路]とりごえ温泉~福岡市内
    << [西鉄バス佐賀]1[市民の森~鳥栖駅](鳥栖駅前行)>>
    ①15:57発 とりごえ温泉 - 16:23着 鳥栖駅前
    ②16:35発 鳥栖 JR鹿児島本線 - 福岡市内

  • 天候

    曇り!
    [2019年02月23日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

原田駅06:58 - 08:30基山08:44 - 10:29柿ノ原峠 - 11:30大峠11:34 - 12:34九千部山13:03 - 14:55とりごえ温泉 栖の宿


総距離 約19.3km 累積標高差 上り:約1,447m
下り:約1,265m
 福岡県と佐賀県にまたがる東西約50km、南北約25km脊振山地。最高峰の脊振山(標高1055m)をはじめ雷山などの1000m級の山が連なっており、福岡の山家ではあこがれ(?)の大縦走コースです。主なピークは『十坊山~浮嶽~女岳~羽金山~雷山~井原山~金山~唐人舞~脊振山~蛤岳~石谷山~九千部山~基山』となります。すっかり福岡の山家となった私も、もちろん歩いてみたい(笑)!
 皆様のレコ等を拝見すると、テントを担いで縦走する猛者もいらっしゃるようですが、さすがに私にはちと無理・・(^_^;。ということで、得意の赤線つなぎ(?)でのチャレンジです。ちなみに、これまで歩いた区間は『雷山~井原山、唐人舞~脊振山』となります。
 赤線つなぎをするとしても、この山域は、公共交通機関の便があまり良くなく、公共交通機関派としては繋ぐのがなかなか難しい・・。まずは、基山から脊振山の間から考えてみようと、目を付けたのが今回のゴールに使った鳥栖市民の森。バスの本数も比較的多く、さらに温泉(とりごえ温泉)まであるではないですか~!それで、早速、『基山~九千部山』の歩きで使って見た次第です。結果については以降の写真などを覧頂くとして、結論から言えばOK~!ということで、次回は脊振山までのつなぎに利用させていただきます。

登山中の画像
  • おはようございます。こちらは今日のスタートの原田(はるだ)駅。
  • まずは、目指すは基山(きざん)。基山は振山地の東端になる位置し、原田駅から徒歩で1時間半ほどかかります。
  • 道端の土手ではホトケノザが賑やか。
  • スミレも咲いていました。
  • 朝日に色付く梅の花。
  • こちらは菜の花。
  • クサイチゴの花も咲いています。
  • 豪雨の影響でしょうか、林道が崩落しています。
  • その近くに植えられていた桜。河津桜でしょうか、ほぼ満開です。
  • 崩落個所を抜け
  • 再びの林道歩き
  • 山登山口。写真撮影に道草を食いすぎたようで50分もかかってしまいました。イザっ!
  • 美しい杉林が続きます。
  • しばらく登ると、しめ縄が渡さた何やら厳かなムードが漂うエリアが。
  • 奥を覗いてみると、地蔵や不動明王などの石像が賑やかに鎮座しています。
  • さらに登ると、聖観世音菩薩を祀ったお堂があります。登山道はお堂の手前から右方向に続いています。
  • 進んでいくと、城址の山であることを偲ばせる『東北門跡』と呼ばれる所にでます。
  • 往時を偲ばせる遺構はありませんが、ちょっとした広場になっています。
  • 『丸尾礎石群』。
  • 礎石の遺構が残っています。
  • 『礎石群』
  • 杉の樹林帯を抜けると、そこはもう山頂の一角。実は、基山は、西峰(坊住山)、北峰、東峰とそれをつなぐ稜線で形成された山々の総称です。見えてきたのは北峰(標高411m)になります。
  • 北峰山頂からから西峰(左奥)を望んで。これより西峰に向かいます。
  • 北峰から西峰に向かう途中に基肄(きい)城跡を示す標柱があります。白村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗した後、大和朝廷が日本の防衛のために築いた基肄城ですが、現在は原っぱが広がるのみです。途中にあった遺構はこの基肄城のもだったのですね。
  • 西峰が見えてきました。
  • 西峰山頂(標高404.5m)にある『タマタマ(霊霊)石』。ちょっと微妙な名前ですね(笑)。左奥に見える柱は『天天智天皇欽仰碑』。
  • 北峰のほうが高いのですが、こちらが基山と呼ばれています。ちょっと標柱が寂しい感じもしますが。。
  • お約束のタッチ!
  • こちらが『天智天皇欽仰碑』。基肄城建設を決めた天智天皇を記念して1932年(昭和7年)に建立されたそうです。
  • 眼下には筑紫平野が広がっています。
  • 東側に見えているのは東峰でしょうか、その向こうには、同じく日本防衛のために築かれた『大野城』があった四王寺山、さらに左の奥に見えるのは宝満山。こうしてのんびり眺めていますが、基肄城に駐屯した防人たちは、もっと張りつめた心境で眺めていたことでしょうね
  • 基肄城の土塁跡から、右奥が脊振山。ちなみに、左側の奥のピークが今日の最終目的地、九千部山です。まだまだ先は長い・・目がくらみそう・・(笑)。
  • 土塁の急傾斜を下り林道に合流します。
  • ちなみに現在地はここです。
  • 長い林道歩き・・本当に長かった~。古屋敷集落付近で林道にわかれをつげ、石畳道に向かいます。
  • いい香りですね~。
  • 石畳道にはいります。
  • 石畳道の様子
  • 峠を越え下りにはいったところで登山道が崩落しており、倒木が多く荒れ放題。進むのに思いの外、時間がかりました。
  • なんとか荒れ場を抜けて
  • 見えてきたのは、佐賀県道・福岡県道137号です。
  • 県道137号を通って、柿ノ原峠に向かいます。
  • 柿ノ原峠が見えてきました。
  • 柿ノ原峠から大峠へ!
  • ちなみに、この道は天心園につながっています。
  • この分岐より山道に入ります。ちなみに右に進めば天心園となります。
  • 山道を進んでいくと、再び下りとなり
  • 鳥栖市道(河内・大峠線)に合流します。
  • 現在地はここ(大峠)です。
  • 大峠から九千部山まで、まだ2.6km。。
  • しばらく進むと、鳥栖市民の森からのルートに合流。
  • 巨木がちらほら
  • 先ほどの大峠の先で、鳥栖市道(河内・大峠線)から分岐するように林道が付けられています。その林道に合流します。
  • アンテナが林立している辺りが山頂になります。
  • 山頂近くまで舗道歩き。
  • 佐賀TVのアンテナの後ろが山頂になります。
  • 九千部山に到着~!それにしても立派な標柱ですね~(笑)。
  • 山頂にあった弁財天の祠にお参りを済ませ、ここでランチです。
  • 折角なので山頂の展望台に登ってみましょう。
  • 九千部山って不思議な名前だと思っていたのですが、こうした謂れがあったのですね~。
  • 林立するアンテナの向こうに見えるのは脊振山(北西方向)。
  • 九千部山の山頂の様子。ベンチがあり、ランチはそこでとりました。その向こうに広がるのは筑紫平野。
  • 中央に見えるのは三郡山でしょうか。
  • 霞んではいますが福岡市内も見えています。
  • 展望台の近くで三角点発見~!見落とすところでした、これで安心して、『とりご温泉』に向かえます(笑)。
  • 先ほどの合流ポイント。林道からは意外とわかりにくいですね。
  • 大峠と鳥栖市民の森からのルートとの合流ポイント。先ほどは左(大峠)からきましたが、今度は直進です。
  • 杉の樹林帯を黙々と進みます。
  • 何度か林道を横切りながら
  • 突然、視界がひらけたと思たら、大規模な採土場がありました。社会で生活していく上で、こうした採土の恩恵を受けているのはわかっているのですが・・、心が痛む景色です。。。
  • 市民の森までもう少し
  • 工事中の箇所があり予定したルートを通ることができず、戸惑ってしまいましたが、なんとか入口にたどり着くことができました。
  • 本日の最後のミッション、『とりごえ温泉 栖の宿』です。
  • ちなみに、バス停は『とりごえ温泉 栖の宿』の前。
  • 入浴料300円~!お得感がありました。帰りのバスがくるまで、頑張った(?)ご褒美に「だれやめ」の一杯です。「かぁ~、うまい!」
  • 無事にバスに乗車して、鳥栖駅に到着。ちょうど、サガン鳥栖対名古屋グランパスのサッカーの試合が終わったところのようで、駅が大混雑、いきなり現世に戻されました~(^-^;。何はともあれ、今日も無事で「おやっとさぁ」でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、カップ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...