登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
鍋割山 (寄~後沢経路~鍋割山~小丸尾根~二俣~大倉) 鍋割山(関東)
img

記録したユーザー

ぷーすか さん

この登山記録の行程

新松田 6:55発 =(寄行きバス)= 寄 7:20着
寄 7:21 - 寄大橋 8:00 - 8:14 後沢出合 8:18 - 8:38 後沢経路・木製3連橋 8:43 - 後沢乗越 9:26 - 9:54 1,000m地点 9:57 - 10:46 鍋割山 12:11 - 小丸尾根分岐 12:45 - 14:14 二俣 14:20 - 15:45 大倉バス停


総距離 約15.2km 累積標高差 上り:約1,600m
下り:約1,599m
後沢経路(バリエーション)は、ところどころ危険なところがあります。
登山後は愛甲石田近辺で反省会。
雨予報でしたが、だんだん晴れのマークも現れてきたので、鍋割山は風が強い予報(てんきとくらす)でしたが出掛けてみました。皆さんのキャンセルが相次ぎ、一人で行こうと思っていたところ、体調不良から回復したMさんから連絡、MさんがいないのでキャンセルしていたAさんにも連絡してみると、新松田駅には、なんと!3人集まりました。新松田はもう春の気配で、河津桜でしょうか、なにか早咲きのお花が上の方の公園に咲いているようでした。寄でバスを降りて歩き始めると、やはり咲き始めの桜が私たちを迎えてくれました。後沢出合までゆっくり歩き、後沢経路へ突入しました。朽ちた橋に気を付けながら、3連橋なども堪能して進んでいくと、沢を離れ九十九曲の整備された作業経路を尾根へ上がっていきます。枝打ちか何か、林の整備作業が現在進行形のようで、明るい山道を進みます。急な勾配も緩むとまもなく、最後は鹿柵の張られた尾根づたいに登りきると後沢乗越近くの登山道に合流しました。そこからは、よく整備された急登を上り、途中視界が開けると、富士山が雲の上に少しだけ顔を出していました。ほどなくして鍋割山山頂へ到着、心配された風もあまりありませんでした。名物鍋焼きうどん(少し値上がりして\1,200 ※GWなどは\1,500)をいただいたり、慣れないストームブレイカー(SOTO)を火だるまに(なれない機材はちゃんと説明書読もうね)しながら、きしめんを作って食べ、ストームブレイカーの練習をしたりして、予定より長い1:15ほど滞在して、久しぶりの鍋割山からの景色を楽しみました。帰りは、鍋割山稜から小丸尾根を下りました。「遭難が多い」との注意書きがありましたが、転倒、滑落、道迷いが発生するのかなと、歩きながら思いました。とにかく急な坂をひたすら下り、針葉樹の九十九曲になってくると、間もなく二股に到着します。すでに足は終わったので、地獄の林道を1:30ほどトボトボ歩いて、こちらも春の訪れを感じる大倉(大倉バス停)に到着しました。私は途中で長ネギなどの食材を調達、ストックでなくネギをしょって歩くことになりました。同行したお二人は「Let's Go! 丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー」をコンプリート、記念品をもらっていました。おめでとうございます!このために鍋割山を計画したかいがありました。恒例の反省会は...2軒梯子をしてしまい...足だけだなく頭も痛い翌日でした。反省...

登山中の画像
登山画像
新松田では、春の足音を感じました...
登山画像
...このように花が咲いています。寄を出発!
登山画像
後沢経路に突入、
登山画像
沢を渡り、防波堤を登っていきます。
登山画像
足下が怪しいですが、注意しながら、
登山画像
ここは左の方へ進みます。
登山画像
また、沢を渡り、
登山画像
沢から離れ尾根を登ります。林の整備がされてい…
登山画像
整備された作業経路を登り、最後は尾根づたいに…
登山画像
天気も良くなってきました。
登山画像
こうしたところを登ると、まもなく。
登山画像
富士山の頭が雲の上に!分かるかな?
登山画像
南アルプスも、見えている...かな?
登山画像
塔ノ岳から丹沢山、蛭ヶ岳方面を一望し、
登山画像
ヤッホー!
登山画像
急な下りを、下ります。
登山画像
こんな感じになると二俣もすぐ。
登山画像
大倉までは、まだ長いな~。
登山画像
と、言うことです。
登山画像
大倉も春。コンプリート!お疲れさまでした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぷーすか さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!