登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
20190310 長福山・男体山・月居山(奥久慈) 長福山・男体山・鍋転山・月居山(奥久慈)(関東)
img

記録したユーザー

mc22161 さん

この登山記録の行程

上小川駅(08:45)・・・登山口(09:02)・・・林道(奥久慈パノラマライン)出会い(09:35)・・・長久保分岐点(09:41)・・・長福観音下(09:41)・・・長福山山頂(10:17)・・・長福観音下(10:33)・・・滝倉トンネル(10:56)・・・大円地方面分岐(11:27)・・・四阿(12:19)・・・男体山山頂(12:23)[休憩 11分]・・・四阿(12:36)・・・持方方面分岐(12:44)・・・男体神社方面分岐(12:47)・・・白木山方面分岐(13:20)・・・水根方面分岐(14:32)・・・第2展望台(14:40)・・・鍋転山山頂(第1展望台)(14:54)[休憩 4分]・・・国道461号西方面分岐(15:02)・・・国道461号東方面分岐(15:12)・・・月居山山頂(月居城跡)(15:35)・・・月居山北十字路(15:44)[休憩 2分]・・・滝本方面分岐(15:44)・・・登山口(15:59)・・・袋田駅(16:37)


総距離 約15.8km 累積標高差 上り:約1,415m
下り:約1,391m
コース定数:33(実際の歩行時間で計算)

この日は西から天気が崩れる予想だったため、夕方まで雨が降らなさそうな奥久慈に出かけた。鎖場の連続する男体山、すぐ西に位置し女体山の異称のある長福山、そしてこれらの北約4kmに位置する月居(つきおれ)山を中心に歩いた。今回のルートの大半は大子町が発行するハイキング・登山コースマップにも掲載されているが、予想に反し歩きごたえのあるコースだった。
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/dir000193.html
なお残雪や路面凍結はなかった。

<上小川駅~長福観音下>
上小川駅の待合室には大子町の発行するハイキング・登山コースマップが置かれていたのでありがたく頂戴する。内容はウェブサイトで PDF ファイル形式で公開されているものと同じである。駅から南中学校の東側までは舗装車道、そこから先が登山道である。ここに登山道の標識があるので躊躇せずに進めたが、民家の敷地を横切るように進む。最初は登山道というよりも作業道なのかもしれないが、あまり整備されていないようで倒木が多い。道が通れなくなるような倒木ではないが、先行きに不安がよぎる(実際には今回のコースでこの先倒木はほとんどなかった)。やがて路面が岩がちになり、勾配が急になってくると間もなく舗装林道(奥久慈パノラマライン)と交差する。林道の反対側にも登山道は続いており、すこしジグザグに登ると長久保分岐点である。ここで軽トラ程度は走れそうな未舗装の車道に合流する。この未舗装道をしばらく南に向かう。途中東側(長福山山頂方面)に分岐する道があるが、山頂に行く保証がないのでおとなしく道なりに長福観音に向かった。

<長福観音下~長福山往復>
大子町の地図や地理院地図には長福山への登山道は描かれていない。インターネット上の山行情報を事前に収集しておいた。長福観音の下から長福観音までは石積みの階段を上る。一段一段が狭く非常に歩きにくい。290段あるらしい。長福観音の右手に頂上への踏み跡があるので、こちらに進む。事前に何も情報を得ずに来たら進むか躊躇しただろう。笹藪にやや浸食されているものの踏み跡ははっきりしていて、白いペイントも木につけられているので迷う心配はない。最近伐採したと思われる切り株もあったので誰かが手入れをしているらしい。登っていくとだんだん勾配がきつくなり、登山靴のグリップだけで登るのがきつくなってくる。女体山ということでもっとなだらかな山容を想像していた。とは言え大した距離ではないのですぐに尾根につく。ここから頂上へは尾根沿いの道を進んでいく。地理院地図の等高線には表現されていない細かなアップダウンを繰り返しながら先へ進む。GPS を確認しながら先に進むとやがて山名標識がある場所についた。岩がちな狭い頂上である。冬枯れで木々の間から周囲が見渡せるが、夏場は何も見えないかもしれない。帰路は道がわかっていることもありすぐに長福観音下に着いた。石積みの階段を下るのが結構危険である。

<長福観音下~滝倉トンネル>
長福観音下からは民家の私道とも思える未舗装道をしばらく下っていくとやがて舗装林道(奥久慈パノラマライン)に出る。道なりに林道を下っていけば良いのだが、敢えて一部区間で旧道と思われる狭い道路を通った。距離が若干短くなる。

<滝倉トンネル~男体山>
滝倉トンネルの北側から西へ分岐する舗装路に入る。舗装路を少し登ったところから南に登山道が分岐する。北東に進んで367mのピークを経て大円地からの登山道に合流する。地理院地図には載っていないが、踏み跡のはっきりした登山道である。合流後は本日の目当てともいえる鎖場が連続する区間に入る。無数の鎖場が間髪を入れずに続くため、気を抜く暇がない。また重力に逆らって仕事をするとやはり体力的にもしんどく、休み休み登っていく。大子町の地図だとコースタイムは40分だが、自分は50分以上かかってしまった。もう鎖場はお腹一杯である。四阿から頂上までは5分ほど。頂上はほぼ全方向に眺望が開ける。

<男体山~鍋転山(第1展望台)>
男体山から鍋転山までは特徴的な地形が無く、白木山方面分岐を過ぎると水根方面分岐まで1時間以上目標となる地点がない。特に危険な個所はないが、数か所鎖場があり、路肩が崩壊した個所もある。また木の根が露出した個所や濡れた岩場もある。ごく一部であるが、背丈程に笹藪が成長した個所や、落ち葉で踏み跡が解らない箇所もあった。分岐や分岐に見えうる箇所(鞍部や尾根先端を回り込む箇所など)には道標が設置してあって迷わないように配慮されているが、初心者向けではない。地理院地図で422.7mの三角点がある場所を鍋転山というようである。

<鍋転山~月居山山頂(月居城跡)>
鍋転山以北は車道から比較的近いこともあり、やや道が踏まれているような印象である。人工林も多い。最後月居山への登りは疲れた脚にはきつい急勾配である。月居山山頂の南に小ピークがあるが、これはピークは通らず巻き道を通った。

<月居山山頂(月居城跡)~袋田駅>
月居山からは袋田の滝方面に向かうこともできたが、時間も体力も尽きてきたため素直に袋田駅に戻ることにした。月居山北側の鞍部が十字路になっており、ここを西に折れて袋田駅方面を目指す。道はまた別に分岐に突き当たるが、ここは袋田温泉(旧県道)方面に進む。道標の案内が統一されていないのは余所者にはわかりにくいところ。地図なしでは歩けない。分岐から5分ほどで舗装車道にでる。ここが月居山の登山口で、旧県道である。舗装車道であるが、現在車の通行が禁止されていて、落ち葉や枝が堆積しつつある。車の通らない舗装車道をしばらく降りると袋田温泉の近傍に出る。ここから袋田駅まではバスもあるが、本数が少なく時間が合わないので、舗装車道を歩いて袋田駅に向かった。

登山中の画像
登山画像
上小川駅、駅待合室に大子町のハイキング・登山…
登山画像
南中学校東の登山口
登山画像
いきなり倒木
登山画像
登山道
登山画像
ちょっとした岩場もある
登山画像
林道(奥久慈パノラマライン)と交差
登山画像
林道(奥久慈パノラマライン)と交差、左奥のガ…
登山画像
(振り返って)長久保分岐点、左下から登ってき…
登山画像
登山道、というか作業道かもしれない
登山画像
長福観音の石段
登山画像
長福観音
登山画像
長福観音右手の笹薮、頂上への踏み跡はこの奥
登山画像
登山道というか踏み跡
登山画像
尾根上の道、白ペイントが続く
登山画像
長福山頂上
登山画像
長福観音の石段下り、結構危険
登山画像
滝倉トンネル、右手に分岐する道に進む
登山画像
舗装車道からさらに南に登山道が分岐する
登山画像
367mのピークに向け尾根を登る登山道
登山画像
尾根のやや西側を進登山道
登山画像
大円地方面分岐、右下が大円地方面
登山画像
登山道、鎖場
登山画像
登山道、鎖場
登山画像
鎖場から見下ろす長福山方面、左下の太陽光パネ…
登山画像
四阿
登山画像
男体山山頂
登山画像
男体山山頂
登山画像
男体山山頂
登山画像
(振り返って)男体神社方面分岐、右からきて左…
登山画像
背丈ほどの笹藪、踏み跡ははっきりしているが
登山画像
白木山方面分岐、月居山方面は左に下る
登山画像
同じ場所には手書きの持方方面の看板もあった
登山画像
(振り返って)登山道、桟橋も何ヵ所かある
登山画像
登山道
登山画像
登山道、道標は要所にある
登山画像
登山道、だが落ち葉に埋もれている
登山画像
水根方面分岐、らしいが水根方面の踏み跡はほと…
登山画像
第2展望台からの眺め
登山画像
鍋転山山頂(第1展望台)
登山画像
登山道
登山画像
国道461号西方面分岐
登山画像
国道461号東方面分岐
登山画像
月居山山頂(月居城跡)
登山画像
月居山北十字路
登山画像
滝本方面分岐
登山画像
登山道
登山画像
登山道、旧車道なのか舗装されている
登山画像
月居山の登山口
登山画像
旧県道
登山画像
袋田駅
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mc22161さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mc22161 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?