登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
谷川ブルーを狙いに谷川岳へ 谷川岳(関東)
img

記録したユーザー

YAMAgaSUKI さん
  • 日程

    2019年3月19日(火)

  • パーティ

    2人 (YAMAgaSUKI さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:上越新幹線たにがわ401にて上毛高原駅7:53 上毛高原発8:04谷川岳ロープウェイ行きバス乗車9:00頃着

  • 天候

    曇り~晴
    [2019年03月19日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

天神平(09:43)・・・分岐・・・熊穴沢避難小屋(10:37)・・・谷川岳肩ノ小屋(12:00)・・・トマの耳(12:12)[休憩 10分]・・・オキの耳(12:31)[休憩 20分]・・・トマの耳・・・谷川岳肩ノ小屋(13:15)[休憩 20分]・・・熊穴沢避難小屋・・・分岐・・・天神平(14:48)

総距離 約6.4km 累積標高差 上り:約871m
下り:約871m
コースタイム 標準:4時間30分
自己:4時間15分
コースタイム倍率 0.94
谷川ブルーを見たくて、残雪期の谷川岳へ
天神平の所では、曇りでしたが登っているうちに晴れてきて、汗だくに、、、
ついにはレインウェアを脱ぐほどのお天気でした!!
スタートからいきなりの急登。。。ここ登るのかーと思いながらも頂上を目指して登ります。
途中、クレバスみたいになっている箇所があるので注意が必要です。
また、踏み抜くと腰まで埋まる箇所もあります。(下山中女の子が踏み外して腰まで埋まりました。)
更なる急登を登ると、肩の小屋につきます。肩の小屋の雪は解けはじめていて、エビのしっぽは小さくなっていたけど、なかなかの見ごたえでした。
トマの耳からオキの耳を眺める景色は最高でした。
オキの耳までの道は、雪庇がトレースにギリギリだから左側を行くと言いとアドバイスを頂いたのでその様に歩きました。ドキドキ。
オキの耳から見る景色もまた最高で、予定にはなかった奥の院まで行ってみました。
鳥居はまだ雪に埋もれてましたが、記念になりました。
谷川ブルーの濃い青空まではいきませんでしたが、風もなく好条件での山行となりました!

登山中の画像
  • 曇りのスタート
  • やや谷川ブルーが、、、
  • いきなりなかなかの急登です
  • ご褒美ロード
  • 熊穴沢の小屋
  • 熊穴沢の小屋
  • 続く急登
  • 気持ちいい
  • やや谷川ブルー
  • 凄く急登
  • 谷川岳肩の小屋
  • トマの耳
  • トマの耳から
  • あそこまで行くのか、、、
  • 雪庇がギリギリ
  • オキの耳
  • 見事な雪庇
  • オキの耳で撮らせて頂きました
  • 奥の院
  • 覗くと。。。
  • 雪だるま&だるまズ
  • 吸い込まれそう
  • 振り返りの谷川岳
  • 帰ってきました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、スコップ、プローブ・ゾンデ、バイル、ゴーグル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

YAMAgaSUKIさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

YAMAgaSUKI さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!