登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
20190324 脊振山地を行く③~筑紫ショウジョウバカマに会えた! 鬼ヶ鼻岩、猟師岩山、金山、城ノ山、三瀬山、井原山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年3月24日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]福岡市内~椎原
    <<[西鉄バス]17[博多駅~早良高](早良高校前[正門前]行)>>
    ①6:35発 博多駅前B - 7:10着 早良営業所
    << [西鉄バス]3[早良営~椎原](椎原行)>>
    ②7:40発 早良営業所 - 8:04着 椎原
    [復路]井原山入口~福岡市内
    << [糸島市コミュニティ]はまぼう号[井原山線](前原駅北口行)>>
    ①17:00発 井原山入口 - 17:35着 波多江駅西
    ②17:52発 波多江 筑肥線(福岡空港行) - 福岡市内

  • 天候

    晴れ!
    [2019年03月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

椎原バス停08:02 - 08:38椎原峠登山口 - 09:26椎原峠09:27 - 09:48鬼ヶ鼻岩09:50 - 10:22猟師岩山10:23 - 10:29小爪峠 - 11:23金山11:25 - 11:55アゴ坂峠 - 12:11城ノ山12:12 - 12:25三瀬山 - 12:40三瀬峠12:44 - 13:24野河内新道分岐 - 13:53新村別れ - 14:24縦走路水無分岐 - 14:28井原山14:30 - 14:41縦走路瑞梅寺分岐 - 15:07水無尾根分岐 - 15:39アンノ滝分岐15:40 - 15:46アンノ滝 - 16:22瑞梅寺登山口16:24 - 16:28井原山入口バス停


総距離 約20.1km 累積標高差 上り:約1,889m
下り:約1,861m
 福岡にいる間に脊振山地を歩いてみたい!ということで始めた赤線つなぎによる脊振山地歩き、今回は前回(3月17日)の『脊振山~九千部山』に続く第3弾です。
 脊振山地の主なピークは『十坊山~浮嶽~女岳~羽金山~雷山~井原山~金山~唐人舞~脊振山~蛤岳~石谷山~九千部山~基山』となります。これまで『雷山~井原山、椎原峠~基山』をつないでいますが、前回の『椎原バス停』を利用しての『椎原峠~金山~井原山』つなぎへのチャレンジ。筑紫ショウジョウバカマ等、今回も春告げ花に気をとられてはしまいましたが、最終バスが17時とお尻を切られていることもあり、今回はCTキープで。なんとか無事につなぐことに成功しました~(^^)v♪
 詳しくは写真レコで。

登山中の画像
  • おはようございます!先週に続き椎原バス停からの出発です。椎原バス停も今回が3回目になりました。3回もなると、不安であった早良営業所でのバス乗り継ぎも、余裕をかまして過ごすことができるようになりました(笑)。
  • 絶好の山歩き日和ですね~。今日の終点は、井原山から井原山自然歩道コースを下ったとこにある井原山入口バス停です。最終バスは17時、乗り遅れると悲惨なことになりそうなので、今日はCTキープで頑張ります。
  • 矢筈峠・椎原峠分岐に到着しました~。先週は車谷を通って矢筈峠に向かいましたが、今日は「赤線つなぎ」のため椎原峠に向かいます。
  • 車谷ほどではありませんが、途中、こちらのルートも沢沿いを進むことになります。
  • ヤマネコノメソウでよかったでしょうか。「もしもし、写真をとるのはいいですが、今日はCTキープですよ・・」(-_-;)。
  • いつもながら、脊振の沢の水の透明度は半端じゃないですね~。
  • 途中、冬枯れのメタセコイアの樹林帯を抜けていきます。すっと天を衝くように伸びている姿が美しいですね~。
  • モフモフ、よし合格!(笑)
  • あれっ、これって筑紫ショウジョウバカマですよね!
  • よく、見るとあちこちに咲いています。脊振山地に咲くと聞いていたのですが、こんなに早くお目にかかれるとは。幸先良し!
  • 矢筈峠・椎原峠分岐から1時間ほどで、椎原峠に到着しました。
  • さぁ、これより縦走のスタートです。頑張っていきましょう~!
  • 最初のピーク(?)、鬼ヶ鼻岩です。縦走路からやや外れたところにあります。
  • 昨夜は雪がぱらついたようですね、日陰には雪が残っています。
  • 本日の1座目、鬼ヶ鼻岩ゲットしました~!
  • ビビリの私ですが、岩によじ登ってみます。
  • ちょっと霞んではいますが、素晴らしい景色が広がっていました。奥に見えるピークは脊振山です。山頂のメロン(レーダードーム)も見えています!
  • 眼下のピークは、昨年12月に登った油山。
  • 尾根沿い見えている2つのピークは、手前が漁師岩山、2つ目はは・・・?。
  • 尾根沿いに付けられた登山道をガシガシ歩いていきます~。
  • 空も青い!
  • こうしたスリリングなところも!
  • ガシガシ~♪
  • 登山道からの眺めです。天山方向。
  • 油山。
  • マンサク、もう終盤ですね~。
  • 2座目、漁師岩山ゲット!
  • 今日も忘れていません!(笑)。
  • 続いて小爪峠。ここに直登できる登山口があるようですね。
  • 峠というだけあって、ここから下った分を再び登り返し・・。
  • まだ、空を見え上げる余裕があります(笑)。
  • ひょっとして金山か!と思ったらちがいました~・・(-_-;)
  • 綺麗にはまっています。
  • 金山はあれでしょうか・・、まだまだ先がながい。
  • ガシガシ、行ってます。
  • 3座目、金山ゲット!
  • お約束のタッチ!
  • 山頂の様子。
  • ここでランチをしようかと思ったのですが、あまりの賑やかさにソソクサと退散し、次の三瀬峠に向かいます。
  • ここにも筑紫ショウジョウバカマが♪
  • 三瀬峠までそのまま下っていくのかと思いきや、思いの外アップダウンが多く・・、まずはアゴ坂峠
  • 井原山でしょうか、やっと視界にはいってきました。毎度のフレーズになって恐縮ですが、とおぃ・・(-_-;)。
  • ガシガシ行きます。
  • 4座目、城の山ゲット!
  • ガシガシ行きます。
  • 城の山と次の三瀬山の間はシロモジの群生地になっており、すでに花が咲いている株もありました。
  • シロモジはまだ大半がつぼみで、これから花を楽しめそうですね~。
  • 5座目、三瀬山ゲット!
  • ここにも筑紫ショウジョウバカマが♪
  • やっと三瀬峠が見えてきました~、長かった~。
  • 井原山登山道への取り付きがわかりにくかった。駐車している車の向こう側にある踏み跡が取り付きでした。踏み跡を直進しようとしたら、近くにいた方に、「井原山へは、赤テープが付けられている右斜面を登っていくように」とのアドバイスをいただき助かりました。踏み跡をそのまま直進すると、太陽光パネルが設置してあり、行き止まりになるようです。
  • 倒木等がありわかりにくところもありましたが、踏み跡を辿っていくと、このような立派な登山道になってきます。
  • ホッとしたところで、ランチタイム♪
  • 歩きづくめだったので、リフレッシュできました。元気がでると同じ杉林ですが、見え方が違うものですね(笑)。
  • 熊笹に覆われた登山道をガシガシ行きます。
  • ようやく井原山の山頂が見えてきました~!
  • 6座目、オーラスの井原山ゲット~! 昨年8月以来、2度目になります。
  • 井原山からのパノラマビュー。まずは東側から反時計回りに。中央は脊振山、その左は金山になります。よくあるいてきた!と自分自身をほめてあげたくなります(笑)。
  • 続いて北東方向、眼下には油山。
  • 霞んでいますが、その奥には博多湾が広がっています。
  • 北西方向。井原山の尾根に続く雷山、その奥は羽金山になります。雷山から先はこれからになりますが、先は長いですね~。脊振山地、恐るべし・・(^-^;。
  • こちらは南西方向。右奥は天山でしょうか。
  • 以上、本日のミッションコンプリート。下山は井原山自然歩道コースを使います。少し、雷山側にいったところに
  • キトク橋・アンノ滝への分岐があり、ここから井原山自然歩道コースに入ります。
  • 井原山自然歩道コース
  • 途中から沢沿いの道になります。
  • コガネネコノメソウ~!
  • 時間に余裕ができてきたので、ちょっと寄り道です。
  • こちらがアノン滝。落差13mの滑滝。名前の由来は、滝の近くにに庵があったからとか、下流の滝に対して上流の滝を兄(あん)の滝と呼んだとか言われているそうですが。
  • 静々と水が滴り落ちてくるこの感じ
  • いいですね~。
  • 再び、登山道に戻って
  • 途中、で林道を横切って下っていきます。
  • ここにもありました!
  • シャガ
  • 登山口(瑞梅寺登山口)が見えてきました。井原山入口バス停までもう少しです。
  • いい風景ですね~
  • 藤原神社という名前にひかれ、立ち寄ってみました。
  • 拝殿前で狛犬発見!昭和17年生まれ、歯のコマーシャルに使ってみたいような一品でした(笑)!
  • 無事に井原山入口バス停に到着しました~(^^)v。
  • 糸島市コミュニティ「はまぼう号」がちゃんと来てくれて(当然ですが)、ようやく一安心(笑)。CTキープで『椎原峠~井原山』間を無事につなぐことができ、おまけに筑紫ショウジョウバカマ&アンノ滝も見ることができ、なかなか充実した山行になりました。今日も無事であったことに感謝し、「おやっとさぁ」でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、カップ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、おはようございます。

    2週連続の背振山地つなぎ、しかも今回も長めの20km、おやっとさぁでした~!
    山の中のメタセコイアにも驚きですが、やはり目を引くのは筑紫ショウジョウバカマですね。。。色も形も貴品があって、何ともいえず良い花ですね~。

    もう一つ気になるのはシャガの次の次の写真の花、、、初めて見る気がしますが、ハナニラの一種でしょうか?、まるで折り紙の様ですね。

  • ハンター さん
    ぼっけもんさん、お疲れ様でした。
    結構花、咲いているんですね。
    花粉も落ち着いて来たし、花を見に行きたくなりました。
    情報ありがとうございます。

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、おはようございます。

    >筑紫ショウジョウバカマ
    ショウジョウバカマが分化したもののようで、九州や四国に咲くようです。脊振山地の中でも、西側にある羽金山周辺に群生しているようで、先週末、確認しに行ってまいりました~。

    >シャガの次の次の写真の花
    道端に咲いているのをゲットしたものですが、仰る通りハナニラだと思います。折り紙に例えるとは、あいかわらずうまいですね~!ツボに入ってしまいました~(笑)。

       ぼっけもん拝

  • ぼっけもん さん
    ハンターさん、おはようございます。

    先週末、羽金山に行ってきましたが、筑紫ショウジョウバカマが群生していました。まさに、今が見頃といった感じで、このほかアブラチャンなども、これから楽しめそうな感じです。花を楽しむなら、このエリアがお勧めかもしれません。

       ぼっけもん拝

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?