登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
蛭ヶ岳に登ってきました! 蛭ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

ピコリット さん
  • 日程

    2019年4月6日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:相模原方面からの国道413号線は現在も途中災害通行止めですが、駐車場へ続く県道76号線への接続には問題ありません。
    2台の自動販売機が並んでいる丁字路を左折すれば駐車場のある林道に入れます。(現在はコカ・コーラとダイドー)
    道幅狭く、途中に水路もあるので注意しましょう。
    駐車場は手前と奥の2箇所あります。

  • 天候

    晴れ
    [2019年04月06日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

ゲート(07:42)・・・八丁坂ノ頭分岐(07:57)・・・八丁坂ノ頭(09:51)・・・姫次(10:13)[休憩 23分]・・・地蔵平(10:58)・・・蛭ヶ岳(12:01)[休憩 63分]・・・地蔵平(13:43)・・・姫次(14:04)[休憩 6分]・・・八丁坂ノ頭(14:23)・・・八丁坂ノ頭分岐(15:37)・・・ゲート(15:49)

総距離 約14.5km 累積標高差 上り:約1,696m
下り:約1,696m
コースタイム 標準:7時間50分
自己:6時間35分
コースタイム倍率 0.84
今回は黍殻山登山口駐車場から八丁坂コースを通って蛭ヶ岳までのピストン山行をしてきました。

八丁坂コースの尾根への取り付きは容易で100m程林道で標高を稼ぎます。
八丁坂ノ頭までの登山道は倒木が多く、足元が崩れやすい箇所もあり注意が必要です。
傾斜がきつく平坦歩きの箇所はほぼ無かったので、心拍が上がり汗も噴き出し心が折れかけました。
八丁坂ノ頭まで到達すれば姫次までは1kmほど。丹沢三峰や蛭ヶ岳が見えて足取りも軽くなります。

姫次ではベンチが3つありしっかり休憩できます。残念ながらガスが多く富士山は見えませんでしたが、日差しで服が直ぐに乾くほど暖かく春を感じた瞬間です。

八丁坂ノ頭から姫次までもそうでしたが、姫次から先も整備された登山道が続きます。
今回階段はノーマークだったので、続く階段に右往左往しながらも膝に鞭打って登ってきました。
息を切らせながらも気が付けば山頂の到着です。やれば出来るものですね。
とりあえず、丹沢最高峰に登れたのと、見たかった丹沢山へと続く主脈の稜線が見れたので大満足です。いつかは蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳を歩いてみたいものです。

登山中の画像
登山画像
尾根取り付き足のエンジン掛からず
登山画像
所々道が細い箇所もあります
登山画像
チラホラ新芽が出てたりしますようやくエンジン…
登山画像
途中からモノレールと並走ですちょっと乗ってみ…
登山画像
八丁坂ノ頭分岐に到達しんどかった・・・
登山画像
振り返れば丹沢三峰が出迎えてくれました
登山画像
わーい最高標高地点だ
登山画像
姫次の到着袖平山へもここから分岐です
登山画像
姫次からの蛭ヶ岳すごく高く見える・・・
登山画像
結構よく見る看板今度は焼山登山口から来てみよ…
登山画像
大室山と檜洞丸に連なる熊笹ノ峰そのうち登りに…
登山画像
原小屋平基礎が残ってるから昔は小屋があったの…
登山画像
檜洞丸も楽しそうな山体してます
登山画像
丹沢エリアは山崩れが目立ちます
登山画像
ここの山崩れは結構大きめ
登山画像
山頂まではもう少し!
登山画像
到着!丹沢最高峰!
登山画像
姫次方向歩いてきたルートを眺める
登山画像
この稜線を見たかったのです!
登山画像
主脈と主稜がぶつかるところ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ピコリットさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    山頂でマメザクラ満開。シロヤシオとトウゴクミツバツツジ間もなく。天候急変に対応できる装備で
    19年05月21日(火)
    西丹沢ビジターセンター~西丹沢
    西丹沢ビジターセンター
    気温が上がっていて、シロヤシオは標高1100mあたりで咲き始め。ユーシン谷は当面通行止めが決定
    19年05月16日(木)
  • 秦野ビジターセンター~表丹沢・塔ノ岳
    秦野ビジターセンター
    新緑が上がってきていて、表尾根では行者ヶ岳付近で芽吹き始めています。シロヤシオはまだ咲いていません
    19年05月09日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ピコリット さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...