登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
春風のごとく風神山から神峰山・鞍掛山を縦走 風神山、真弓山(真弓神社)、高鈴山、御岩山・賀毘禮之高峯、神峰山、羽黒山、鞍掛山(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年4月7日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには「風神山公園」をセット。帰りの事を考えると大甕駅(おおみか)周辺が便利だが、今回はあえて風神山公園をスタートとした。駐車場は20台以上。トイレあり。

  • 天候

    曇天
    [2019年04月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

風神山公園駐車場(07:09)・・・真弓山(真弓神社)(08:04)・・・日立高鈴ゴルフクラブ(09:09)・・・高鈴山(10:33)・・・御岩山・賀毘禮之高峯(11:08)・・・神峰山(11:53)(昼食~12:27)・・・羽黒山(13:01)・・・大煙突展望台(13:24)・・・鞍掛山(14:05)・・・かみね公園(14:38)・・・日立駅(15:14)・・・電車待ち・移動・・・大甕駅(15:56)・・・風神山公園駐車場(16:40)


総距離 約40.4km 累積標高差 上り:約1,645m
下り:約1,645m
※:GPSの軌跡は、JR移動区間を切って編集しています。

最近、ロングを歩いていない。このままでは身体が鈍ってしまうという事で、今日は縦走コースを選択。トレーニングを兼ねて久しぶりに高鈴山を代表に近辺の大好きな山々に挨拶をしてこようと言う計画。
縦走のスタートは風神山公園とする。ここから高鈴山を目指し、御岩山、神峰山、鞍掛山を縦走して、かみね公園経由でひたち駅へと降り、一旦、JRで大甕駅まで移動して公園まで戻ってくる約30km(JR区間除く)のコースとなる。これを日立アルプスと呼ぶ。(前はそんな名前はなかったような??)。
車を公園に駐車して歩き出す。風神山公園は既に山頂に近く、登山と言うより散策のようなスタート。綺麗に整備された道が林の間に延びているので、それに沿ってひたすら歩いていく。
昨日と打って変わって曇天で少し肌寒いが、朝の空気が気持ち良い。鳥の声が林の中に響いていた。
真弓神社に立ち寄る。神社からの見晴らしが良く、金毘羅さんの境内からの眺めを連想させた。
登山道に戻り、少し進んだところで車道に出る。ここがコースの中で一番分かりにくい場所で、一瞬登山道を見失いそうになる。登山道への復帰点は車道の少しあるので注意。
軽いアップダウンを繰り返しながら稜線を進んでいくと、いきなり綺麗に整った芝生が目に入る。ゴルフ場(日立高鈴ゴルフクラブ)だ。動き回っているカートが見えた。
再び車道に沿いながら歩いていくと、左側にクラブハウスが見えてきた。手前に朽ちかけた看板があり「ハイキングの方もレストランご利用頂けます」と書かれていたので、そう言えば朝食をとっていなかったので、売店でもあればと寄ってみる。クラブハウスの入り口にホテルマンのようなタキシードを着た人が2人立っていた。物腰は穏やかだったが、明らかに「なんだこいつは?」という視線が突き刺さる。どう見てもザックは不釣り合いな場所だったので、せめて「自動販売機で飲み物が買いたいのですが?」と声を掛けたら、建物裏の自動販売機まで案内してくれた。ジュースを買って、早々にゴルフクラブを退散する。
歩いていると見覚えのある大きな鉄塔が見えてきた。手前でちょっとだけグッと急な坂を登ると高鈴山の山頂に到着。よくお昼ご飯を食べていた展望台へと行ってみる。これから向かう御岩山や神峰山が良く見えた。高鈴山は花の百名山で、ここから御岩山へかけての縦走路が特に気に入っている。寒いので休憩はせずに、早速、その縦走路に入っていく。登山道脇になにか花が咲いていないかと足元に注視しながら進んだが、結局、花らしい花を見ないうちに御岩山・賀毘禮之高峯に到着。
ここに来たらお約束の光る石柱にご挨拶しなければいけない。有名なパワースポットで、宇宙飛行士の向井千秋さんが、宇宙船の中から地球から発せられた一本の光の柱を見たとか。その場所を調べた結果、この石柱だったと言われている。本当だとしたら、もっと本格的に調査して欲しいものだ。
次の目的地、神峰山へと向かう。神峰山へはいったん登山口付近まで降ることになる。これまで変化が少なかったので、ちょっとした登り降りが楽しい。
神峰山へ到着。ちょうどよい時間だったので、ベンチに腰かけて昼食とする。ここからの眺望も素晴らしく日立の市街のその向こうには太平洋も見渡せる。かつて日立鉱山として大きな町を形成し賑わっていた場所だ。その名残として、日立鉱山の大煙突が見える。完成当時は世界で最も高い煙突だったとか。当時の勢いをそのまま象徴しているかのようだ。
食事を終えて再び歩き出す。まだ距離はそこそこ残っているのでゆっくりもしていられない。ただ、ここから日立駅までは基本緩やかな降りとなるため、速度はキープできるはずだ。
羽黒山を越え、途中、道を外れて大煙突展展望台へと立ち寄る。先ほどの神峰山からは遠く小さく見えていた大煙突が、ここからはかなり近くに見ることが出来た。
鞍掛山へと進む。この緩やかな道は、映画のワンシーンに出てきそうな、両脇に樹がアーチ状に整然と並んだ美しいお勧めの道だ。
一旦車道を横切り、階段を登ってさらに進むと、鞍掛山へと到着。日立の市街が眼下に見渡せる。逆に高鈴山の鉄塔が霞むほど遠くなっている。いつもながら縦走はこの振り返った時の達成感がたまらない。
さて、実は今回、日立アルプスを選んだのには理由があった。少し前に竪破山に登った帰り道に、かみね公園に立ち寄ったところ六分咲きの桜を見て、今日あたり満開になっているだろうと狙っていたのだ。
果たして、結果はドンピシャ。かみね公園に向かう道中の桜がどれも満開に咲き誇っていた。かみね公園に到着。かみね公園で一番好きなのは、展望台に向かって階段を登っていくと一気に視界が開け、日立の市街と真っ青な海が目に飛び込んでくる瞬間。何度来てもその瞬間は感嘆の声が知らずもれる。今日はその景色に加えて、満開の桜が飾りつけをしている。最高だ。この風景が見たくて、風神山から歩いてきた甲斐があった。
更に桜に関してはもう一つ名所がある。かみね公園を降りて日立駅へと向かう。この日立駅の正面通りが実に見事な桜並木なのだ。行ってみると、満開の桜並木の中、ちょうどお祭りをやっていた。歩行者天国で車道かまわず桜の下には大勢の人で賑わっていた。
時計を見ると電車の時間が近い。ゆっくり桜と祭りの雰囲気を楽しみたかったが、一本のがしたくなかったので速足で歩き、最後には駆け足で駅に飛び込む。残り5分。なんとかなるか!と思ったら、目の前にはものすごい行列。祭り帰りの人たちが切符を買おうと並んでいた。迂闊だった。待ち時間15分。確実にアウト。これだったらもっとゆっくり桜を見てくるんだった。。。
電車で大甕駅まで戻り、最後の舗装道路の登りながら風神山公園へと戻る。
約30kmの縦走路。全体的にアップダウンは少なく、道は整備されているため快適に歩くことが出来る。長距離登山にチャレンジしてみたいと思っている方には、お勧めのとても良いコースだ。

登山中の画像
登山画像
さあ、出発だぁー。
登山画像
真弓神社。
登山画像
日立高鈴ゴルフクラブ。
登山画像
高鈴山に着きました!!。
登山画像
展望台から眺める景色は素晴らしい。。
登山画像
大好きな高鈴山から御岩山への縦走路。
登山画像
御岩山からの眺望。
登山画像
パワースポット。光の柱が見える???
登山画像
花を期待していたのに。。。マムシ草ばっかり。
登山画像
神峰山。日立と海が見えます。
登山画像
拡大。大煙突も見えますね。
登山画像
羽黒山。
登山画像
大煙突展望台。だいぶ近くに見えるようになりま…
登山画像
ここ、素敵でしょう。
登山画像
鞍掛山。日立の街が眼下に。。。
登山画像
どこを
登山画像
みても
登山画像
満開。美しい。
登山画像
かみね公園はいつ来てもいい。
登山画像
思わずかえるも喜んでいます。
登山画像
日立の駅前も桜並木が素敵です。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    見える人には見えるんですよ 光る石柱★

  • Yamakaeru さん
    修行が足りぬと言うことですな。

  • レオ さん
    近くに長距離を歩ける縦走コースがあってよかったですね。四季それぞれ楽しめそうです(^^)

  • Yamakaeru さん
    早くも雪山欠乏症の症状が現れていますが。^_^

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?