登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
雨乞山イワウチワ探勝: 15 4月 2019 10:20 雨乞山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん

この登山記録の行程

津山9:10→10:00湯本神社Ⓟ10:20→11:00水場分岐12:00→大岩→13:00 700m地点→12:10山頂三角点12:45→13:11大日如来石塔→13:41不動滝13:47→14:35湯本神社Ⓟ14:45⇒16:30帰着

↑629m ↓650m 6.8㎞ 4:16分 8,893歩?
この春は、まだ花を観てないイワウチワを見に、西端の生育地と云われる、湯原の雨乞山に出かけた。2015年以来3年ぶりの訪問です。さてどうなっているかな?(^_-)-☆・・・

湯本神社の下に駐車し、早速支度します。お参りしてから、神社横から登山道へ入って行きますが、薮をかき分けていく感じです。少し登るとハシリドコロが咲いている。急登を立ち木に摑まりながら登り、送電鉄塔に着いた。

ここから薄い踏み跡が直登している。そして、少し登ると岩の間に目的の花が見られだす。ちょうど最中だったのか、たくさんの花が咲いている。一面イワウチワに覆われている場所だが急斜面、足場に要注意だ。

曇りの上に日陰に咲いているのでなかなか良い写真にならない。なんとか撮影し、さらに上へ登ります。「№49本郷」の杭がある水場分岐を過ぎ、しばらく進むと大岩下のトラバース道で少し傾斜が緩くなるが、すぐに急途に戻る。

大岩の上で一息つける。ここから、大山・蒜山が見渡せる。スタートからほぼ1時間だ。急登はまだ続きさらに100m程登り、700m付近で1度緩くなる。ここも一息付けるが又すぐ急登が始まる。

植林とカラマツ林の境界を、足場を確保しながら頑張って直登していく。さらに小1時間12時10分山頂へ着いた。3等三角点「雨請山(889.13m)」が埋標されている。山頂表示板、「熊のプーさん」は壊れ、板だけになっていた。

山頂でお昼、雲が出て風もあり寒い、気温は6℃だ。12:45分から下りに向かった。下りは東側へ降り、古屋の不動滝を経由して帰る。茅の上をすべるように鞍部へ下ると、鞍部は大きく崩壊し、何時か崩壊してしまうのだろうか?

大日如来の石仏を目指して少し登り返す。ウグイスカグラがあったがまだ蕾、咲いている花を探して撮影する。大日如来と馬頭観音の石仏は健在だった。ここから2回ほど方向を変えながら、尾根筋を滝に向かう。不動滝の上で再び尾根筋が分れているが、今回は未踏の尾根を降りてみた。

滝壺にはアケボノスミレ、キクザキイチゲが咲いていた。滝から古屋集落まで1㎞程舗装路を下り、古屋川を渡ってルート313号に合流する。国道を下り、最後に湯原隧道のトンネルを越えて無事駐車地へ帰りました。

今日は、少しルートファインディング&雑木林の藪漕ぎで自然に触れることが出来ました。お山に感謝です。\(^o^)/
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/04/2019415.html

登山中の画像
登山画像
湯本神社横から入山
登山画像
しばらく登って送電鉄塔を潜る
登山画像
イワウチワ群生地
登山画像
本郷49の杭がある分岐
登山画像
大岩の下をトラバース
登山画像
大岩上の眺め大山・蒜山が望める
登山画像
山頂到着 東側の眺望が広がる
登山画像
下って行く鞍部を俯瞰
登山画像
鞍部崩壊
登山画像
大日如来と馬頭観音の石仏
登山画像
下山尾根からの眺望
登山画像
山頂方向を振り返る
登山画像
古屋の不動滝へ下山
登山画像
帰りの国道から見上げる雨乞山
登山画像
湯原市街の坂道
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年5月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました