登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
外秩父縦走2:剣ヶ峰~堂平山~笠山 白石峠・剣ヶ峰・堂平山・笠山峠・笠山(関東)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2019年4月20日(土)

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅発(8:30)・・・所沢IC・・・嵐山小川IC・・・県道11号線・・・R254・・・県道274号線・・・県道11号線・・・和紙の里駐車場着(9:40)
    和紙の里発(10:20)・・・(徒歩5分)・・・半場バス停発イーグルバス(10:33)・・・白石車庫バス停着(10:55)

  • 天候

    晴れ
    [2019年04月20日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

白石車庫バス停(11:05)・・・白石峠(12:05)・・・(休憩10分)・・・(12:15)・・・剣ヶ峰(12:35)・・・堂平山(13:00)・・・(昼食休憩30分)・・・(13:30)・・・笠山峠(14:00)・・・笠山(14:35)・・・(コーヒー休憩25分)・・・(15:00)・・・萩平分岐(丁字路)(15:55)・・・名水「観音水」(16:42)・・・和紙の里(17:10)


総距離 約13.1km 累積標高差 上り:約829m
下り:約1,042m
「外秩父縦走 第2弾」の今回は登山口までマイカー+路線バスを利用して、東武線沿線自然ハイキングの「堂平山・笠山コース」を歩いてきました。
バスの終点「白石車庫」から登山開始。「白石峠」ではハイカーよりもサイクリストが多かったです。
「堂平山」からの眺望は遠方は霞がかかっていたものの、360度のパノラマが素晴らしかったです。
「萩平分岐」からは舗装道路を延々と下って行きます。ゴールの「和紙の里」が見えた時には足の底面がかなり疲労していましたが、最後の力を振り絞って到達出来ました。

東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・トレッキング情報  
堂平山・笠山コース コースマップ
http://tabi.tobu.co.jp/playing/hiking/shizen/doudaira/

詳細は以下の通り。

【和紙の里~白石車庫バス停】
 「和紙の里」の第2駐車場に車を停め、時間に余裕があったこともあり、次のバス停「半場」まで5分程歩きました。ここからバスに乗車すると、バス代が360円/人となり、「和紙の里」から乗るよりも140円/人節約できます。
「乗車の際、整理券を取るのを忘れないようにしましょう!」
途中からセンターラインのない細い山道(舗装道路)を登って行き、「こんな山奥にバス会社の車庫があるのか」と疑問に感じましたが、終点の「白石車庫」はバスの転回スペースがあるのみでした(笑)。
槻川にかかる「萩殿橋」を渡った先の左手に男女別のトイレ(男性用:小便器・和式の個室各1・女性用:和式・洋式各1、手洗い有)があります。

【白石車庫バス停~白石峠】
バス停まで戻り、そのまま舗装路を登って行きます。「関東ふれあいの道 白石峠2.8km」の標識があります。
舗装路の終点に「外秩父七峰縦走ハイキングコース」の標識があり、右に「白石峠経由大霧山」と左に「笠山峠経由 堂平山」となっていますが、私たちは右折して「白石峠」を目指します。
途中でカタクリの花が1輪だけ咲いていて、私たちを出迎えてくれたような気分になりました。
登山口から1時間位で「白石峠」に到着しました。峠には麓を流れる槻川の源流の石碑や東屋があります。私たちも東屋のベンチで休憩しました。

【白石峠~剣ヶ峰(標高876m)~堂平山(標高875.9m)】
 白石峠は幾つもの方向に道が続いています。私たちは鋭角に曲がって堂平山・笠山方面に進みます。「堂平天文台 2km」の看板もあります。途中、未舗装の林道を越えますが、標識があり木の階段が続いているので迷うことはないでしょう。
途中にトウゴクミツバツツジが咲いていたり、蕾が膨らんでいるのを見かけました。
電波塔がある所が「剣ヶ峰」の山頂のようですが、山頂標識はありませんでした。
電波塔の前を左折して急な階段状の道を下ります。その後舗装された林道を少し歩いた先の左手に「堂平山 ↑」の木の標識があり、また山道に戻り登って行きます。このように何回か舗装路と山道を交互に歩きながら登って行くと、最後に先が開けた所が「堂平山」の山頂です。山頂は広くなっていて、360度のパノラマが望めます。隣にはときがわ町の「堂平天文台」があります。
私たちは山頂のベンチで遅い昼食を摂りました。ハイカーの他にトレランナーやライダーの人々もいました。
トイレは山を下った先のログハウスの中にあるようですが、私たちは行かなかったので詳細は不明です。

ときがわ町 堂平天文台HP
https://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=11604

【堂平山~笠山(標識837m)】
 堂平山からは天文台の左側の黒いフェンス沿いに下って行くと、「堂平スカイパーク」というパラグライダーのプラットホームがあり、ロープで仕切られた外側に下る道が続いています。ここは下山者用の標識がなく、分かりづらいので注意が必要です。実際に迷っている人がいたので、私たちが教えてあげました。ここから先も上り方面には標識があるのですが、下り方面の標識がほとんどないので、見返しながら確認する必要があります。下りきると林道と交差しますが、また山道を少し登ったところに「笠山峠」の標識が出て来ます。「ハイキング道 →」の標識に従い、林道沿いの道を進んで行きます。
下ったところで未舗装の林道をしばらく進み、また山道に入る所に「道路案内図」がありますので、右に折れて登って行きます。登った先がT字路になっていて、右折すると「笠山・笠山神社」方面となります。その先に「笠山837m」の山頂標識があります。
さらに奥に進むと岩場の道になりその上で「笠山神社」の裏側に出ます。表に廻ると鳥居と小さなお社があります。その近くに「笠山842m」の石碑標識があり、笠山神社のある所が本当の山頂であることが分かりました。私たちは風が避けられるお社の横でコーヒー休憩をとりました。

【笠山~和紙の里】
 笠山神社からまた先程のT字路まで戻り、「← 萩平」の方向へ進みます。東武鉄道のコースマップでは「荻平」となっていますが、現地の地図等によると「萩平(はぎだいら)」が正しいようです。未舗装の林道を交差しながら上り下りを繰り返します。山道を下りきった所で舗装路に突き当たり、ここからは舗装路を右に折れて下って行きます。「萩平分岐」では東武鉄道のコースマップでは「荻平丁字路」の表記があると書かれていますが、私たちは見つけることが出来ませんでした。この辺りから人家が現れ、里山の雰囲気となります。
 少し高くなった所に萩平公民館と赤い屋根の建物の「常光寺」があり、その手前の下に男女別のトイレがあります。ベンチもあったので、一旦靴を脱いで休憩しました。
 「名水『観音水』」は竹筒が何本か出ている所だったようですが、特に標識看板も無く、通り過ぎてしばらくしてから、あそこがそうだったのだと気が付きました。でももう引き返す元気はないので、飲まずじまいとなってしまいました。
しばらく歩いた先で何と子供のイノシシと遭遇! 一生懸命餌を探しているのか下を向いていたので私たちには気が付かなかったようですが、近くに親イノシシがいる可能性を考え、急いで通り過ぎました。
 秩父工業(株)のセメント工場が出て来たら、「和紙の里」沿いの道までもうすぐです。
突き当たりを右に折れると前方に「和紙の里」が見え、ゴールです。

登山中の画像
登山画像
東秩父村「和紙の里」第2駐車場に駐車
登山画像
「道の駅」にもなっています。トイレは道路を渡…
登山画像
一つ先の「半場」バス停
登山画像
「半場」バス停時刻表
登山画像
イーグルバス「白石車庫」行きに乗車
登山画像
「白石車庫」バス停
登山画像
橋を渡って左側にあるトイレ
登山画像
奥へ続く道が登山道です
登山画像
ここから登山道。「白石峠」方面へ
登山画像
登山道
登山画像
カタクリの花が1輪だけ咲いていました
登山画像
カタクリの花アップ
登山画像
「白石峠」到着。槻川源流の石碑と東屋
登山画像
「堂平天文台」方面へ。林の中の登山道が続く
登山画像
登山道へ進む
登山画像
未舗装の林道を渡り、木の階段を上がる
登山画像
「剣ヶ峰」山頂にある電波塔
登山画像
電波塔正面左の階段状の道を下る
登山画像
一旦舗装道路に出て歩いた先で「堂平山」の登山…
登山画像
舗装の林道カーブ沿いに進む
登山画像
この電波塔の脇を通過。空にパラグライダーが見…
登山画像
また舗装道路に出て進む
登山画像
舗装道路から「堂平山」への登山道へ
登山画像
山頂直下の道は空へ続くよう
登山画像
「堂平山」山頂と天文台
登山画像
下りは天文台の黒いフェンスに沿って進む
登山画像
パラグライダーのプラットホームの境界にあるロ…
登山画像
舗装道路脇に「笠山峠」がある。道路沿いに登山…
登山画像
林道に出て直進。奥のカーブを右に入ると登山道
登山画像
笠山山頂手前のT字路。笠山は右へ。帰りはここま…
登山画像
「笠山」第一山頂
登山画像
「笠山神社」の正面
登山画像
本当の「笠山」山頂
登山画像
下りは林道と交差することが多い。左の登山道を…
登山画像
登山道の最後。ここからゴールまでは舗装道路を…
登山画像
下り方面
登山画像
この辺りから人家が出て来て、里山の風景となる
登山画像
赤い屋根の建物が「常光寺」。手前が「萩平公民…
登山画像
トイレは男女別
登山画像
「常光寺」正面
登山画像
名水「観音水」
登山画像
イノシシの子供「ウリボウ」と遭遇
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、マット(個人用)、カップ
【その他】 膝サポーター、ヒートテック短スパッツ、敷シート、スマートフォン、携帯ティッシュ、ウェットティッシュ、日焼け止め、化粧ポーチ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...