登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
2019年4月21日 県境根原入口から竜ヶ岳に登る 天子山地の竜ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

含鉄 さん
  • 日程

    2019年4月21日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道139号線の静岡県と山梨県の県境にコーヒーと書かれた看板のお店があり、そのお店の隣にある脇道に入ると天徳宮と書かれた看板がある。
    看板のすぐ傍に駐車スペースがあるので、そこに車を停めた。
    駐車スペースのすぐ近く、国道139号線沿いに根原入口と書かれた東海自然歩道の入口がありそこからスタートとなる。

  • 天候

    竜ヶ岳の麓となる朝霧高原は良く晴れておりシャツ1枚でも過ごせるくらいだった。
    [2019年04月21日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

天徳宮の駐車スペース(05:47)…根原入口(05:49)…端下峠(07:07)…竜ヶ岳(07:41)…石仏(08:11)…ヴィラ本栖(08:46)…東海自然歩道を経由して根原入口(09:50)…天徳宮の駐車スペース(09:52)


総距離 約11.7km 累積標高差 上り:約880m
下り:約880m
今回利用させてもらった天徳宮の駐車スペースは、ガイドブックなどで駐車場と紹介されている事が多い。
舗装はされていないが、気を使えば車高が低い車でも停められそうに感じる(ただし段差の激しい部分もあるので要注意!)。
駐車スペースから少し歩けば根原入口がありここから東海自然歩道に入る。
竜ヶ岳と書かれた看板がなかなか無いので歩いていて不安になるが、田貫湖・根原の吊り橋と書かれた看板を頼りに歩いて行く。
木々の間からA沢貯水池と呼ばれる大きなため池が見えてくると、やがて端下峠へ向かうコースとA沢貯水池へと向かう分岐があるので、端下峠へ向かうコースを選択し東海自然歩道とは別れる。
ここからいよいよ勾配がきつくなるが、それほど長く続くわけではないので他の天子山地の山と比べればそんなに大変ではないかもしれない。
坂道を登りきるとそこが端下峠となり、刈り取られたクマザサや木々の間から富士山が見える。
端下峠は、雨ヶ岳と竜ヶ岳の分岐点となるので今回は竜ヶ岳へと向かう。
竜ヶ岳が近付くと、木々は少なくなりクマザサが主な植物になるので割りと視界が利く山だなと感じる。
竜ヶ岳山頂はなだらかで広く、木があまり多くないので開放感がある。
山頂から本栖湖方面へと下っていくと、綺麗に刈り取られたクマザサのコースが続き富士山方面の眺望が素晴らしい。
開催されたばかりの富士芝桜祭りの会場がコースから見下ろす事が出来るので、シバザクラの開花状況が山の上からでも見ていてよく分かる。
本栖湖方面へ下ると再び東海自然歩道に入り、ここから根原入口へと向かう。
東海自然歩道はよく整備されたコースだが、途中倒木でコースが完全に塞がれた場所があり通過にやや難儀した。
しばらく歩いていると活気のある富士芝桜祭りの会場のすぐ横を通過していくが、芝桜祭りの会場と東海自然歩道とは電気柵で隔たっており出入りは出来ない。
東海自然歩道は微妙なアップダウンの繰り返しで、予想していたより長い時間歩いて行るとようやく根原入口に着く。

登山中の画像
登山画像
国道139号線の県境にある天徳宮の入口付近。目の…
登山画像
根原入口から東海自然歩道に入り、看板を頼りに…
登山画像
コースは比較的歩きやすいが、コースの脇は高低…
登山画像
ハイキングをするには快適な気温だった。自分はT…
登山画像
遠方にA沢貯水池という巨大な溜め池が見えている…
登山画像
東海自然歩道から端下峠へ向かう分岐。端下峠へ…
登山画像
今回のコースでは数少ない急登を歩くと、稜線に…
登山画像
竜ヶ岳へのコースは比較的歩きやすく、約200m程…
登山画像
竜ヶ岳。木々が少なく笹原が広がる山。この辺り…
登山画像
竜ヶ岳から富士山を眺める。雲海になっていてち…
登山画像
竜ヶ岳から南アルプスを眺める。竜ヶ岳は、標高…
登山画像
竜ヶ岳から本栖湖を眺める。今回は、本栖湖方面…
登山画像
竜ヶ岳の中腹から富士山を眺める。麓では富士芝…
登山画像
竜ヶ岳の中腹には石仏と呼ばれている場所がある…
登山画像
場所の由来となったであろう石の仏様があるお堂。
登山画像
竜ヶ岳の中腹から富士芝桜祭りの会場を眺める。…
登山画像
竜ヶ岳の中腹で見掛けたキスミレ。
登山画像
竜ヶ岳の中腹で見掛けたタチツボスミレ。
登山画像
竜ヶ岳の中腹から本栖湖を眺める。
登山画像
登りに通った端下峠とは違う方向、本栖湖側にあ…
登山画像
見た瞬間は意味の分からない看板だが、ヴィラ本…
登山画像
ヴィラ本栖ペンション近くにあったマメザクラ。…
登山画像
東海自然歩道に入り快適な道を歩く。
登山画像
東海自然歩道は、割りと頻繁に道案内が設置され…
登山画像
車両通行止めのゲート脇を通過する。
登山画像
ゲートを過ぎてしばらくすると、杉の倒木を見つ…
登山画像
倒木の根の部分。この杉の木は倒れてはいるもの…
登山画像
自分が歩いている東海自然歩道のすぐ隣に富士芝…
登山画像
東海自然歩道で見掛けたニリンソウ。
登山画像
東海自然歩道で見掛けた石垣のような堰堤。
登山画像
良く整備された東海自然歩道だが、整備されてか…
登山画像
根原入口が近付いてくると見える看板。本栖湖側…
登山画像
根原入口。目の前には国道139号線。
登山画像
天徳宮の駐車スペースに着いてハイキング終了。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

含鉄さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

含鉄 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?