登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
両神山(日向大谷) 両神山(関東)
img

記録したユーザー

のりほり さん
  • 日程

    2019年5月3日(金)~2019年5月4日(土)

  • パーティ

    3人 (のりほり さん 、たけ さん 、とし(中3) さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:両神山荘泊なので一番上の駐車場に駐車。

  • 天候

    5/4 晴れ、曇り時々小雨&雷
    [2019年05月03日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

両神山荘 6:30 → 会所 7:10 → 八海山 8:20 → 白藤の滝分岐 8:35 → 弘法の井戸 9:00 → 9:10 清滝小屋 9:30 →
10:40 両神神社 11:00 → 11:35 剣ケ峰 11:40 → 両神神社 12:10 → 12:55 清滝小屋 13:05 → 八海山 13:40 →
14:30 会所 14:40 → 両神山荘 15:15


総距離 約9.3km 累積標高差 上り:約1,481m
下り:約1,481m
知人二人から両神山いいよ~と言われた時期に、NHKラジオ石丸謙二郎の山カフェ番組内で、両神山荘のおかみさんが電話でお話されていたのを聞き、これは行くしかない!とGWの山登りを両神山に決めた。

関越道花園ICから国道140号、皆野寄居有料道路(¥420現金のみ)、皆野秩父バイパスを通ればスムースに到着できる。日帰りも可能だけど折角なので両神山荘に前泊。
登山は翌日なので宝登山神社で安全祈願をしてから民宿に向かう。(阿佐美冷蔵宝登山店は長蛇の列)

日向大谷登山口にある民宿両神山荘。木のお風呂があり、食事は山菜料理満載。貴重な岩茸、実はキノコ類ではなくコケ類で鉄分が豊富なんだとか。魚の甘露煮、天ぷら、煮もの、うどんまで、どれも美味しくお腹一杯頂いた。
朝食は5時半から。5月に入っても朝の気温が5度ぐらいの時もあったそう。部屋にはまだ炬燵が置いてあったがそれほど寒さは感じなかった。

一昨日に、これから向かうルートの八海山あたりで滑落事故がありヘリコプターも出動したとか。
疲れが溜まった下山時に滑落したそうで、とにかく気をつけて歩かないといけないな。

登山届をポストに入れ、登山者カウンターを押し6時半に出発。
僅かばかり残っている花の道を通り登山道へ。鳥居をくぐり会所までの道は歩きやすいが片側が崖の所もあり、落ちないよう注意が必要。特に危険な場所には鎖やロープがはってある。
七滝沢コース分岐、会所を過ぎると丸太橋がある。薄川沿いを何回か川を渡りながら新緑の中を歩く。不動明王?像やいつくも標識があるのでわかりやすい。
八海山から先は急坂で鎖場もある。白藤の滝分岐の標識には山頂まで2時間とある。うーんまだまだか!
白藤の滝分岐から20分程(私の足で)歩くと弘法乃井戸。お水を一口。冷たくて美味しい。
さらに10分程(私の足で)で清滝小屋が見えてきた。葉っぱもかわいいネコノメソウを見つけた。ハシリドコロの花も沢山咲いている。
清滝小屋は無人ながら立派な建物。小屋のそばにある東屋にはベンチ、テーブル、流し場(水道)もある。
「みんなの登山記録」にもあったように、トイレは水洗できれいなのに、チップ入れも無い。ペーパーもあると記録にはあったが、さすがにGWなので、ペーパーは使いきって無くなっていた。
次に目指すは両神神社。七滝沢コース分岐を過ぎ、鈴ケ坂を登ると産体(泰)尾根にでる。
鎖場が続き、鉄パイプの階段、横岩、根っこだらけの急坂を登ってようやく両神神社に到着。
両神神社、御岳神社奥社とお参りをしてここで昼食。民宿で作ってもらった梅干しのおにぎりと沢庵が美味しい♪更にバナナと栄養ドリンク付き!
頂上まではコースタイムであと30分。神社から緩やかな道を一旦下る。(下りたくないけど・・)
白井差新道と合流。このコースは事前に予約しないと歩けないので、ロープがはってある。
木の階段?と鎖場を登ったら頂上。混雑した山頂でどうにか記念写真を撮っていると、黒く怪しげな雲から雷鳴が聞こえてきた。こっ怖い!!早く下山しなくちゃ!
360°の大展望から山座同定をしたかったし、写真も沢山撮りたかったけど、人は多いし雷は鳴るしで下山開始。でも、下から登ってくる人を待ったりとなかなか進めない~
かなりの頻度で雷鳴が聞こえてくるけど、ぞくぞくと頂上を目指す人とすれ違う!
ひんやりとした風も吹いてきたので、とりあえず神社、できれば清滝小屋まで下山したい。
時々ポツポツと雨も降ってきたが、なんとか清滝小屋に到着。雷が怖いので小屋の中で休憩。
小屋に泊まる準備をされているご夫婦がいた。ここなら安心だな。
雨具を着るほどの雨ではないので助かったが、ゴロゴロと雷鳴は続く。。。。
急いで下山したいが、下山時の鬼門、八海山辺りは特に慎重に通過。会所の休憩所でひと休み。
会所からも滑落注意の場所がいくつかあり、気を引き締めて歩く。両神山荘が見えようやくホッとする。
無事下山できてよかった。

下山後は星音の湯で汗を流す。わらじカツカレー、くるみ坦々うどん(冷)が美味しかった。

このところ伊豆ケ岳、宝登山、四阿屋山と秩父の山歩きが続き、その際必ず見えていたギザギザ台形の山=両神山に登ることができて嬉しい!! 次はどこに行こうかな~♪

登山中の画像
  • 車窓からの両神山。鉄柱が無ければ・・・
  • 両神山荘。
  • 山菜料理の夕食。
  • 朝食。この他にトマト、きゅうりの漬物、オレンジ、梅干し、しょうがの漬物も。
  • 登山開始。森に入っていく。
  • ここから神聖な所。
  • まず、小川を渡る。
  • 鎖場
  • 滑落注意の場所には鎖。
  • 会所。七滝沢コースの分岐。
  • 会所休憩所の先にある丸太橋。
  • 不動明王?
  • また薄川を渡る。
  • こんな道を通り・・・
  • 沢を渡る。
  • ニリンソウ
  • 増水してなくてよかった。
  • 八海山
  • 八海山にも石像が立っている。
  • 八海山を過ぎると急坂。
  • 鎖場
  • 白藤の滝分岐。
  • 新緑が美しい気持ちのいい登山道。
  • 弘法乃井戸。冷たく美味しい水! (南アルプス天然水とはまた違う)
  • 空が近くなってきた。
  • 根っこばかり・・・
  • ネコノメソウ
  • ハシリドコロ
  • 清滝小屋。すぐ横の東屋にはベンチとテーブル、水道(ながし場)、水洗トイレが有り快適。
  • 清滝小屋の脇から登山道。
  • 鈴が坂
  • もう少しで産体(泰)尾根。
  • 産体(泰)尾根。山頂方面。
  • 鎖場1
  • 鎖場2
  • パイプの階段。
  • 横岩
  • まだまだ登る・・・
  • 両神神社
  • オオカミの石像(阿)
  • オオカミの石像(吽)
  • 御岳神社奥社の彫刻。
  • 穏やかな道。からの。。。
  • ここには鎖無し。
  • 登り渋滞。
  • 白井差新道分岐にはロープがはってある。(このルートは予約が必要)
  • 板の渡し鎖付き。
  • この鎖場の先が頂上。
  • 頂上は狭くて・・・人で混雑。
  • 眺め1
  • 眺め2
  • この黒い雲から雷鳴が!!
  • これから登る人も多い。
  • 下りの鎖場は注意。
  • 小鹿野二子山
  • 新緑♪
  • 雨がポツポツと。。。
  • ロープがはってある滑落注意場所。
  • 会所の休憩所。
  • 両神山荘に無事戻ってきた。
  • 両神山荘のポンちゃん♡
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

のりほりさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

のりほり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...