登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
GW 谷川岳 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

hiko さん

この登山記録の行程

天神平(1005)━天神峠(1038)→熊穴沢避難小屋(1135/1155)→肩の小屋(1350/1400)→谷川岳(1410/1420)(トマの耳のみオクの耳は諦めた)→肩の小屋(1425)→熊穴沢避難小屋(1514/1546)→天神平(1640)


総距離 約6.4km 累積標高差 上り:約1,048m
下り:約1,050m
当初計画は伊勢から移動し、巻機、苗場、谷川、武尊の予定が4月の降雪、天候不良、リフト運行停止から結局、谷川岳1座のみとなってしもうた( *´艸`)まあ、この時期に4座も登ろうと言うのは無理があったようですね。(聞いた話ですが、苗場山はリフトでの登山は断られたそうです。武尊は最短を狙って川場スキー場に行きましたが、4/30までで、5/2に行ったらシーズンオフで誰もいなかった( ゚Д゚)、あと、強風)>>ということで谷川岳のみ)
当初計画は、西黒尾根から登り、登頂後はロープウェイで下山するつもりが、雪が多くて素人には危険、田尻尾根は雪崩のため、通行禁止と言うことで往復ともロープウェイで(^^♪
天神平スキー場の右端を天神峠目指して、急登、峠手前で右に巻いて行く。天神尾根で岩場を下ると避難小屋に着いた~入り口から雪が吹き込んでいたが、雨を避けて一服(^0_0^)。。ここから500mの直登!!、うんざりした頃、肩の小屋に到着。。ガスが出て来て、視界が悪いが、小屋からちょっと登ったら谷川岳山頂(トマの耳)に・・・あー良かった。オキの耳まで行ったら、最終のロープウエイに間に合いそうにないので、急いで下山。途中、天神尾根の岩場を巻く夏道があったのでそっちへ行ったら、踏み跡の無い急斜面に(@_@)。。何とか這い上って、尾根に出た~(急がば回れですな~) 最終の20分前に何とか天神平に着いて良かった良かった('ω')
春山は11年前(そんな昔だったんだ( ゚Д゚))の庚申岳から皇海山コースでやはりアイゼンは12本爪、ストックではなくピッケルじゃないと止められないとの教訓から準備したものの、急斜面ではビビる。スノーシューもヤフオクで購入したが、あんな急斜面では恐ろしくて使えない。踏み抜きは時々あるもののアイゼンが万能でした。露出した岩場もあるしね。
翌日、武尊岳の裏見の滝登山口まで行ってみました。情報ではそこから林道をさらに登ると小さな駐車場があるとのことでしたが、武尊神社横に通行止めの鎖が掛けてあるものの簡単に下ろせたのと何も注意書きが無かったので進むと100m位先から残雪があり進めませんでした。神社まで戻って、見上げると武尊岳方面は残雪が多そう~剣ケ峰までは強風だろうし、あそこから降りてくるのは大変そうだな~と言うことで、それなら最短の川場スキー場なら行けそうだな~と清く諦め、翌日、スキー場に行ったら全くの無人( *´艸`)、他のコースも残雪が多く、大変そうなので今回は1座のみで終了となりました。ま!11年振りだから良しとしましょう(^0_0^)
 

登山中の画像
登山画像
天神峠から見る天神平結構登ったね~
登山画像
向こうに見えるは武尊かな?
登山画像
谷川岳~ハ~遠いな~
登山画像
こっちは巻機山かな?
登山画像
肩の小屋オープン準備中
登山画像
土樽方面かな
登山画像
雪庇の下はだいぶ溶けてきた。何時流れ落ちても…
登山画像
やっとこ着いた
登山画像
頂上前の雪庇
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、シュラフカバー、ストーブ、燃料、ライター、アウタージャケット、アイゼン、ピッケル、ザイル、ロープ、ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

hiko さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ