登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
東日本遠征-1 天城山(関東)
img

記録したユーザー

ヤマちゃん さん
  • 日程

    2019年5月2日(木)

  • パーティ

    6人 (ヤマちゃん さん 、hrm-ymr さん 、hrs-ymt さん 、hrm-ymt さん 、nby-tkh さん 、nrk-tkh さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:団地0000⇒新名神⇒伊勢湾岸⇒新東名⇒長沼沼津IC⇒天城高原ゴルフコースP0545

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月02日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

天城高原ゴルフコースP0608⇒四辻0632⇒万二郎岳0729/0749⇒万三郎岳0900/0936⇒涸沢分岐1017⇒四辻1128⇒天城高原ゴルフコースP1144

元号が令和に改元されたからという訳ではないが、10連休でもあったので山竹の会で5月2~3日に登山遠征をした。
天気予報では2日間とも晴れで、令和として幸先の良いスタートとなりそうである。

先ずは5月1日(厳密には2日)の午前0時に団地を出発して天城山へ向かった。
天城山は伊豆半島のほぼ中央に位置する、1406mの万三郎岳を主峰とする日本百名山・花の百名山である。
新東名で休憩をはさみながら長泉沼津ICを下りる頃には空も明るくなり始めて、6時前に登山口のある天城高原ゴルフコース駐車場に着いた。
ゴルフとは別の登山者専用の比較的広い駐車場にはまだ車は数台程度である。
トイレも完備されており、洗い場も設置されたうえで、無料というのはありがたい!!

朝食(時間的には朝食だが、活動時間的には昼ごはんか?)はSAで済ませておいたので、早速準備をして6時過ぎにスタートした。
駐車場入り口のバス停脇が登山口である。
ここからしばらく下り~登りを繰り返すと四辻という、万三郎岳と万二郎岳への分岐に出る。
今回は万二郎岳を先に踏んだ後、万三郎岳に登り四辻に戻る周回コースなので、四辻を左へ進む。
しばらく沢沿いを渡渉を繰り返しながら進む。
ここは樹皮のない白っぽい幹の木が多く、明らかに西日本で登っている山とは植生が違う。
また、ちらほらとマメ桜が咲き残っている。
1時間と少しで万二郎岳に着く。
開けたところがあまりないので眺望は無さそうだが、このタイミングでガスが出だした。
小休止して主峰である万三郎岳へ向かう。
少し下って登り返すと、アセビのトンネルという登山道を覆うようなアセビに囲まれた登山道が現れる。
少し早かったようでちょっとは咲いているものもあるが、ほとんどがまだ蕾である。
満開の時であればホントにトンネルになるのだろう・・・残念である。
時折急な岩場も出てくるが、ハシゴが取り付けられており問題はない。
しばらく進むとようやく万三郎岳が現れる。
最後の登りを詰めると万三郎岳頂上である。

残念ながらあまり開けたところはなく眺望はないが、一等三角点がある!
弥栄の神の石碑もある。
丁度、新天皇陛下のご即位の時に安倍首相が「皇室の弥栄をお祈り申し上げます」と言っていたので、これも何かの縁かな!?と不思議な感覚になった。
あまり広い頂上ではないが、いくつかベンチはある。
まだ9時前と登山者も少なかったので、ベンチに座ってカップ麺とコーヒーを飲み、少しまったりしていると、だんだん登山者が増えてきた。

後続者にベンチを譲って、9時40分に下山を開始した。
下りのルートは登りとは少し雰囲気が異なり、苔むした感じがすごく良かった。
とりたてて難所もなく、予定通り12時前に駐車場に戻った。

せっかくの天城なので 越えたいし、滝も見たいということでの早目の下山である。
洗い場でシューズを洗わせてもらって、ゴルフ場でピンバッチを買って、越えるのは無理だが浄蓮の滝に向かう。
想像以上に水量の多い立派な滝である。
もちろん天城越えの記念碑も!!
そういえば ブラタモリでやっていた、ワサビの産地でもありワサビ団子を頂いた。
ワサビの香りが鼻から抜ける美味しい団子であった。
越えることは出来なかったが、道の駅 天城越え で生ワサビの蕎麦を食べて、夜の宴会用に食材を購入した。
湯の国会館で汗と疲れを洗い流して、東京の単身宅に向かう。
今回はうちの単身宅で山竹の会6人で宿泊して2日目の山に向かう。
夜8時過ぎに単身宅に着き、コインランドリーで洗濯乾燥し、酒を買って宴会スタート!!
みんなほとんど寝てないのに全くもって元気である。
0時前にようやく就寝。

その2に続く・・・

登山中の画像
登山画像
ゴルフ場までの道中には20頭以上の野生の鹿が…
登山画像
登山口
登山画像
沢を渡渉
登山画像
更に渡渉
登山画像
マメ桜
登山画像
樹皮のない白い幹
登山画像
万二郎岳山頂
登山画像
岩場にはハシゴ
登山画像
アセビのトンネル
登山画像
ハシゴ
登山画像
ようやく万三郎岳が見える
登山画像
万三郎岳山頂
登山画像
一等三角点
登山画像
弥栄の神の石碑
登山画像
苔むした登山道
登山画像
緑が綺麗
登山画像
おつかれさま!!
登山画像
天城越え♪
登山画像
浄蓮の滝
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤマちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!