登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
20190518 蓮華岳 蓮華岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

カルミリ さん

この登山記録の行程

扇沢(05:00)・・・大沢小屋(06:07)・・・針ノ木峠(08:33)・・・蓮華岳(09:42)[休憩 15分]・・・針ノ木峠(10:45)[休憩 35分]・・・大沢小屋(12:03)・・・扇沢(13:00)

総距離 約13.9km 累積標高差 上り:約1,847m
下り:約1,847m
コースタイム 標準:9時間50分
自己:7時間10分
コースタイム倍率 0.73
4:30頃に無料駐車場に着き準備を開始。
無料駐車場には車が20台ほど。有料は2台。
扇沢駅のトイレで用を足し、ゲート横で登山届を出して5時ちょうどに出発。

登山道と車道を進むと関電トンネル(?)が見えてくる。
左側の広場の脇から本格的な登山道となる。

登山道に入るとすぐ残雪の雪道が続く。
日がよくあたる所はシャーベット状で踏み抜いたりする。
日陰が長い箇所は足跡も無く、またコースサインも雪の下だったり、無くなったりしていたせいでかなり分かりにくい状況だったが、周りと地図をよく見つつ先へ進む。

大沢小屋を越え針ノ木雪渓に出ると、先行者2名を雪渓の向こう側に視認。
おや?と思いつつ地図を見ると直登してよさそうだったので、雪渓を登り始める。
後ろを見たら先程の先行者もついてきていた。
どうやらBCスキーヤー。

雪渓もかなりズボズボ。
傾斜がキツくなってきたところで、アイゼンを履き、ストックからピッケルに持ち替える。

後半はかなりキツイ登り。地図を見ると針ノ木峠はすぐそこなのだがなかなか着かない。
今年初だからなのか体力的にしんどく、10歩程進んでは休憩するの繰り返し…。ツライ…。
ちょいちょい遠くで雷のような音が。後ろを振り返ると厚めの雲は掛っているが、きっと土砂崩れか雪崩かな。

苦行を繰り返すこと30分程で針ノ木峠へ。
針ノ木峠は雪が少なくなっていることを期待していたが、がっつり雪。
休憩すると帰りたくなりそうなのでそのまま蓮華岳へ向かう。

地図通り山頂へ向かう道中の前半が傾斜がキツくしんどかったが、途中ライチョウに癒されながらもズボズボ踏み抜く雪の上を歩いて行く。途中でアイゼンを外す。

山頂が近くなった所で前も後ろも人いないので荷物をデポらせてもらった。
山頂付近は雪が無く、荷物を下ろしたのでとても快適だった。

山頂は大町方面は雲が掛ってしまい雲海といった感じ。キレイではなかった。
北アルプス方面はうっすらガスっていたが、槍ヶ岳がしっかりと見えた。(他は何岳なのかわからない…汗)

山頂を15分程独り占めし、下山を開始する。
ズボズボしながら針ノ木峠を目指す。

45分程で針ノ木峠に着くと6人休憩しており、内3人は針ノ木に向かい、残りの3人はスキーで下って行った。すごいなあ。

30分程休憩し、雪渓を下り始める。
朝よりもかなり柔らかくなっており、下りなのでガシガシ下る。
朝無かった土砂崩れ(?)や雪崩の形跡が。
雪渓の下の方にはBCの人たちが何人かおり、別の斜面の方では2パーティが何か訓練してました。

足跡が増えたため、朝程ではないが、それでもわかりにくい道を大沢小屋まで戻ると多数のテントが設営されていた。BCの方たちかな。

その後は、特に何もなく扇沢駅まで戻ってきました。
駐車場は有料も無料もかなり車が増えていました。

登山中の画像
登山画像
ゲート横のポストここで登山届を提出してから入…
登山画像
車道も通りながら進む
登山画像
ここからが本番
登山画像
登山道はこんな感じ
登山画像
雪渓が見えてきた
登山画像
針ノ木雪渓
登山画像
なんて山だろう
登山画像
北アルプス、だよな…
登山画像
お、あれは
登山画像
雷鳥
登山画像
もう黒いですね
登山画像
番い、かな
登山画像
去っていきました
登山画像
山頂付近の祠
登山画像
北アルプス、のはず
登山画像
通ってきた方角半分、雪
登山画像
きっと北アルプス
登山画像
土砂混じりの雪崩もしくは雪まじりの土砂崩れ
登山画像
雪崩
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、カップ、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル
【その他】 エマージェンシーシート
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カルミリさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カルミリ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?