登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
自然のアスレチックの果ての絶景、瑞牆山 瑞牆山(関東)
img

記録したユーザー

すー さん
  • 日程

    2019年5月27日(月)

  • パーティ

    2人 (すー さん 、むすめ さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅(6:30) → 青梅ICから圏央道、中央道で須玉ICへ → 瑞牆山荘駐車場(8:45)

  • 天候

    晴れ!
    [2019年05月27日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

瑞牆山荘(9:00) → 富士見平小屋 → 桃太郎岩 → 瑞牆山山頂 →
桃太郎岩 → 富士見平小屋 → 瑞牆山荘

日帰りできる百名山として瑞牆山は以前から行ってみたかったのですが、土日は混んでいそうなので平日に有給休暇をとって行ってきました。

平日なので高速道路もスイスイ、駐車場もガラガラで快適なスタートを切ることができました。
歩きだしは新緑が気持ち良い瑞牆山荘前から。ミツバツツジが満開できれいでした。富士見平小屋までは普通の登山道で徐々に登っていきます。富士見平小屋ではテントを張っている人、外のテーブルでくつろいでいる人などみなさん新緑のなかで過ごしておられました。私たちも座って少し休憩。これから始まる急登の備えておやつを補充。

桃太郎岩まで少し下って、そこから岩登りが始まります。途中ロープやクサリも登場しますが
怖いところはありませんでした。ひたすら全身を使って岩をよじ登ります。(意外と楽しかった!)
最後のほうはちょっとバテましたが、山頂に出ると予想通りの素晴らしい絶景が広がっていました。

八ヶ岳、南アルプス、金峰山、国師ケ岳が一望でき、真下を除くと奇岩の大ヤスリ岩が見え、スリルがありました。怖いのであまり端にはいかず、ランチをしながらのんびり過ごしました。人もそれほどいなくて快適で最高の時間でした。やはり平日はいいですね。

十分景色を楽しんだ後は来た道を戻ります。覚悟はしていましたが、きつかったです。足がガクガクになりとても疲れました。

途中富士見平小屋で水出しコーヒーをいただきバッジを購入。アイスコーヒーは湧水で12時間かけて抽出したという手のかかったものでとても美味しかったです。

今日は標高2000mを超える山でも暑かったです。日影は涼しいですが日向は日差しも強くて・・・。
でも梅雨に入る前のベストなタイミングで行けてよかったです。

登山中の画像
  • 瑞牆山荘前からスタートです。山荘横の駐車場もまだ余裕でした。(9:00)
  • 山頂まで3時間ほどですね。
  • 新緑まぶしい森の中を抜けていきます。
  • ミツバツツジがまだ見られるとは思っていませんでした。
  • 岩も出てきました。
  • 満開のミツバツツジがあちらこちらに。
  • 里宮様がありました。「里宮「(さとみや)」とは山上にある「山宮(やまみや)」または「奥宮(おくのみや)」に対して村里にある宮を差しているのだそうです。
  • 広場にベンチがありました。
  • 富士見平小屋手前の水場です。たっぷり流れていました。
  • そして富士見平小屋に到着です。少し休憩していきます。
  • メニューがどれも美味しそう♪
  • ゼラニウムの赤がかわいらしい小屋ですね。
  • しばしの休憩の後山頂に向けて出発。
  • 雨が少ないので苔もカラカラです。
  • おお!!見えてきました!カッコいい山ですね。
  • 一旦桃太郎岩まで下ります。帰り、ここがきつそうだなあ。
  • 川を渡ります。
  • 写真では水があるのがわからないくらい透明度が高いきれいな川です。
  • 写真でよく見たことのある桃太郎岩。
  • 崩れてるところもありますが大丈夫です。
  • 鎖も出てきました。補助的に使えば大丈夫です。
  • だんだん険しくなる・・・。全身を使ってよじ登り。
  • 奇岩が続々。
  • 大ヤスリ岩ですね!
  • そして山頂に到着!疲れました~。
  • おお~!素晴らしい景色!後ろは八ヶ岳。 でも岩がつるつるして滑りそう・・・。
  • くつろぐ娘。後ろは南アルプス。
  • 南アルプスのアップ。
  • 八ヶ岳。先週は雲がかかっていましたが今日はバッチリ見えます!
  • 赤岳、横岳でしょうか。
  • 金峰山もよく見えます。
  • 五丈岩が目印。
  • 金峰山方面。
  • 新しい標柱。
  • 古いものは端っこに置かれていました。 こっちの方が好きなんだけどなあ。
  • 下を覗くと大ヤスリ岩です。
  • 小鳥がすぐそばまで来てくれました。
  • 金峰山、国師ケ岳方面。
  • 山頂の様子。名残惜しいですが下山開始。
  • それにしても暑いです~。
  • 下りのほうが大変だなあ。
  • 階段もあります。
  • 富士見平まであと30分。ここから登り返しです。
  • きついなあ。
  • そして再びの富士見平小屋です。ここまで来るとほっとします。
  • そうそう、富士見平小屋のコーヒーが美味しいらしく・・・。暑いので今日はアイスですね。
  • 小屋の中の様子。カウンターにはいろいろなコーヒーの器具?があって喫茶店のようです。
  • 天井のランプも素敵ですね。夜はどんな灯りをともすのでしょうか。
  • アイスコーヒーには手作りジャムの乗ったクラッカーもついてきました。美味しかった~!
  • ほどよい林の中の富士見平小屋。心地よい風が吹きぬけて、つい長居してしまいそうです。(笑)
  • 帰りもミツバツツジを楽しみながら。
  • 瑞牆山荘に到着。
  • お疲れ様でした~!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すーさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    すーさん、こんにちは。

    今回は平日にお嬢さんとご一緒の森林限界超えですね、羨ましい~。
    八ヶ岳の眺めもやっぱり素晴らしいですし、ミツバツツジも良い感じですね!。

    水出しコーヒーも美味しそうですが、どちらかというと、鹿三種の方が気になります(笑)。

  • すー さん
    ガバオさん、こんにちは!

    瑞牆山は土日は混んでいそうなので平日に行ってきましたが、ほどよい混み具合でよかったです。
    全身を使っての山登りだったので次の日は筋肉痛が・・・。

    そうですよね~、私も車じゃなければ鹿三種と瑞牆ビールを注文したかも?!(笑)

  • すてぱん さん
    すーさん、こんにちは

    瑞牆山だなんて、うらやましいなあ
    山頂直下のシャクナゲのトンネル、まだ咲いていませんでしたか?
    昨年は当たり年だったそうですが、今シーズンのシャクナゲの様子はどうなんでしょうね。

    富士見平小屋のベンチから、富士山はご覧になれたでしょうか?

  • すー さん
    すてぱんさん、こんばんは!

    すてぱんさんもだいぶ前に瑞牆山登られていますよね。山頂にでると思わず声を上げてしまうほどの絶景ですよね!
    山頂直下は石楠花のトンネルになるのですね!そういえばつぼみはいくつかついていたのを見たのですが花はまだでした。富士見平小屋のは咲いていましたけどね。今年の咲き具合はどうなのでしょうね。

    富士山は今回は富士見平小屋でも山頂でも見えなかったんです~。すてぱんさんが行かれた時は
    くっきり見えていましたね。

  • ミーグル さん
    すーさんこんばんは。瑞牆山ですか。この頃は最高でしょうね。ミツバツツジも最盛期のようです。富士見平小屋に以前泊まりましたが、今まで泊まってよかった山小屋のベスト5に入ります。食事もよく、夜のランタンでの明かりは、下界の嫌なことを吹き飛ばしてくれる雰囲気がなんとも言えません。朝食もまた格別でした。氷がないときはこんな感じだったんだなあと思いながらレポ拝見いたしました。凍っているときの瑞牆山はほんとにいい冬山の技術向上だったことを思い出しました。またレポ楽しみにしています。着々と五竜の準備をしていますが、持っていくもので悩んでいますよ。もうそろそろ梅雨に入りそうだし、梅雨の合間に登れたら最高なんですけどね。6月のアルプスは人もまだ少なく花もきれいです。一番好きな時期なんですけどね。

  • すー さん
    ミーグルさん、こんばんは~!

    はい!平日の空いているときに瑞牆山に行ってきましたが、本当に良かったです。
    そうなんですか~、富士見平小屋はいい山小屋なのですね!ジビエ料理もおいしそうだし、
    夜のランタンも雰囲気よさそう♪日帰りできてしまう距離なのですが泊まってゆっくり、金峰山と
    ダブルもいいですね。山頂からの景色の写真をパソコンの待ち受けにして時々眺めています。
    (笑)

    6月に入り、ミーグルさん親子の五竜登頂ももうすぐでしょうか?夏前の空いている北アルプス、上高地はいつかゆっくり行ってみたいです。羨ましいなあ、天気がいいことを祈っています。
    レコも楽しみです。ご安全に、楽しんできてくださいね~!

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    日帰り登山でも地図、ライト、非常食を、晴れていても雨具は必ずお持ちください
    19年07月21日(日)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    金峰山、瑞牆山の主ルートに大きな支障の連絡なし。濡れた登山道は滑ります、特に下山時注意
    19年07月09日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?