登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
朱色に染まったレンゲツツジの大群落と笹原ハイクを楽しむ 甘利山、千頭星山(南アルプス)
img

記録したユーザー

すー さん
  • 日程

    2019年6月16日(日)

  • パーティ

    2人 (すー さん 、むすめ さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅(6:20) → 青梅ICから圏央道、中央道で韮崎ICへ → 甘利山公園線で広河原駐車場へ
    *甘利山公園線は道幅が狭め、すれ違いに注意

  • 天候

    晴れのちくもり
    [2019年06月16日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

広河原駐車場 → 東屋 → 甘利山山頂 → 奥甘利山 → 大西峰 →
千頭星山山頂 → 大西峰 → 甘利山山頂 → 駐車場

そういえば今年はまだレンゲツツジを見ておらず、たまたまヤマケイオンラインの注目情報の「レンゲツツジが山肌を彩る季節です」を見たところ距離的にもちょうどいい甘利山の存在を知り、早速行ってみました。甘利山は登山口から20分ほどで着くのでここまでは観光客も訪れます。それでは歩き足りないのでその先の千頭星山(せんとうぼしやま)までピストンし、歩きごたえのある山行となりました。甘利山からは甲府盆地と富士山を一望でき、夜景もきれいなのだそう。駐車場までの林道が狭いのでさすがに夜は来たくありませんが・・・。

コースは前日の大雨にも関わらず、ぬかるみはほとんどなくよく整備されており歩きやすいです。
のんびりしたコースかと思っていましたがかなりの急登もあり息切れしました。途中から雲が多くなり時々雨もパラパラ降りました。また、千頭星山山頂は2139mあり、突風も吹き寒かったです。
持って行ったフリースが重宝しました。千頭星山は眺望ゼロなので少し降りた笹原でランチをしましたがこの笹原がとても雰囲気よく、気持ちがよかったです。富士山は終始てっぺんの雲は撮れませんでしたが・・・。

甘利山はやはりレンゲツツジが満開なので賑わっていましたが激込みというほどでもありませんでした。ヤマツツジとは違った大きくてふっくらしたレンゲツツジはやはりとても美しかったです。
見に来てよかったと思いました。これからの季節、天気と休みが合うのはなかなか難しいと思いますが、できるだけ体力が衰えないよう頻繁に行きたいと思います。



登山中の画像
  • 甘利山登山口のある広河原駐車場に着きました。レンゲツツジの時期は係員が誘導してくれます。
  • 8:30でかなり車が停まっています。この奥にトイレがありました。
  • 熊も出るみたいです。鈴を付けて行きましょう。
  • 案内図がありました。今日は甘利山から千頭星山(せんとうぼしやま)まで歩きます。さらに先には鳳凰三山があります。縦走する人いるのかな?
  • ここからスタート。はじめは鹿よけの網がかけられています。いきなりのレンゲツツジ、テンションが上がります。(笑)
  • ほどなく東屋のある広場に到着。
  • その奥には満開のレンゲツツジと甲府盆地の絶景が広がっていました。富士山も見えますがこの時点ではまだ雲の中。
  • 人が通る通路に三脚、植生保護のため張られたロープの中に荷物・・・。残念です。
  • ミツバツツジもまだ残っていました。
  • これはムシカリかな?
  • マイヅルソウ。不思議な花の形をしていますね。
  • ツマトリソウ。花のすぐそばに写真付きの説明書きがあり、助かります。
  • 甘利山までは一般の観光客の姿も多いです。
  • レンゲツツジがだんだん増えて見事に。
  • おっと、1株だけ黄色のツツジを発見!黄色は初めて見ました。
  • レンゲツツジと甲府盆地と富士。富士はいまだ雲に隠れています。
  • 一面のレンゲツツジ。
  • 楽園のよう。
  • ミツバツチグリ。
  • これから向かう千頭星山は曇っていますね。
  • 木道も現れて高原の雰囲気。
  • 前方は厚い雲。青空だともっといいのになあ。
  • 後ろ側は青空が見えています。
  • 少し薄めのレンゲツツジ。
  • 富士山。下の方は雲が取れてきました。
  • この木は白樺でしょうか。下界ではなかなか見られないのでいいですね。
  • 巣箱も設置されていました。ここから巣立った雛はいたのでしょうか。
  • のびのびと枝を伸ばした木。
  • ANNのカメラマンさん。機材が重そうですが山頂まで担いでいらっしゃいました。今日のニュースに甘利山が?
  • 甘利山山頂に着きました!かなり広いです。
  • さて、レンゲツツジはまた帰りに楽しむとして先に千頭星山へ向かいます。ここから見ると遠く感じました。
  • まずは目の前の奥甘利山を目指します。
  • サラサドウダンも風に揺れて。
  • 富士山の雲がだいぶ取れてきました。
  • 甘利山から千頭星山まではレンゲツツジではなくヤマツツジが少し咲いていました。
  • 奥甘利山の手前で振り返ると富士山と甘利山の2ショットが見られました。
  • 甘利山の山頂をズームアップ。赤くなっていますね。
  • 笹の道が気持ちがいいです。
  • マルバタケブキの葉が群生していました。黄色い花が咲いたらきれいでしょうね。
  • 満開のズミ。
  • 奥甘利山は登山道からすぐ上ったところにあるので行ってみましょう。
  • 奥甘利山山頂到着。
  • 一部開けていて、富士山が見えました。
  • サルオガセ。苔の一種らしいです。
  • カラマツがいい感じです。
  • 急登もありますが歩きやすい道です。
  • 公園のような散策路で楽しく歩けます。
  • 味のある手作りの道標。
  • 大西峰。2066m。
  • 年代を感じる道標ですね。
  • この雰囲気好きです。
  • そしてようやく千頭星山山頂に到着!
  • 山頂の様子。眺望がなく風も吹いていて寒かったです。
  • なので少し降りて笹原でランチにしようと思います。
  • これは熊さんの仕業???
  • 天気がイマイチですがここでランチにしました。
  • 富士山も見えています。
  • お腹いっぱいの後、下山開始。
  • 下山はあっという間に感じました。
  • ズミの花。
  • 甘利山と富士山が見えてきました。
  • レンゲツツジが現れるともうすぐ甘利山山頂。
  • 甘利山に戻ってきました。千頭星山を振り返ります。あんなところから下りて来たんだなあ。
  • 山頂はまだまだ賑わっていました。
  • 午後はすっきり晴れるかと思っていましたが、雲がさらに増えたような・・・。
  • ピストンなのでもう一度レンゲツツジを楽しめます♪
  • 眼下には甲府盆地が広がっています。夜景がきれいなのだそうです。
  • そしてあっという間に駐車場に到着。まだ車が多いです。
  • 「躑躅苑(つつじえん)」というカフェ?があるのでちょっと行ってみます。
  • アマドコロが咲いていました。
  • 建物の前には甘利山で見られる花や鳥などが紹介された案内板がありました。
  • 看板犬の六ちゃん。人懐っこくてかわいかったです~!
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、サングラス、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    6月中旬頃の営業再開へ準備中。黒戸尾根は破損した「はしご」修復のため通行止め
    20年05月29日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介