登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
岩岳経由で飛龍山 梅雨の合間に寝っ転がりに 飛龍山(大洞山)、前飛龍、岩岳、熊倉山(関東)
img

記録したユーザー

鋸太郎 さん

この登山記録の行程

道の駅たばやま0402……0441余慶橋(よけいばし)0444……0507火打石谷・小常木谷出合(渡渉)0508……0734岩岳0734……0755積算雪量計0756……1015露岩のピーク1017……1023前飛龍1023……1110飛龍権現1110……1131飛龍山1150……1208飛龍権現1208……1238前飛龍1250……1254露岩のピーク1255……1341熊倉山1351……1418サヲウラ峠(中川神社)1418……1451アンテナ1451……1454三角点(丹波山村)1455……1556丹波山小1556……1606道の駅たばやま


総距離 約21.2km 累積標高差 上り:約2,113m
下り:約2,113m
道の駅たばやまから岩岳経由で飛龍山に登り、熊倉山・丹波天平を経由して降りました。
6月は週末の雨にも祟られて全くお山に行けなかったのですが、遂に臨界点を超えた様で、平日に半ば無理矢理休みを取って行ってきてしまいました。
  
日帰りで、そこそこ歩きごたえがあり、でも翌日にできるだけ疲れを残さないお山、などのワガママ検索にヒットしたのが今回の山行だった訳ですが、往路の岩岳コースは結構ハードだったと思います。
  
踏跡は明瞭で、ロープを使う場所はありませんでした。
標識はまったくありませんが、迷いそうな箇所もありません。
ただ眺望。
これもほとんどありませんでした。
いえ、そういう道も山も決して嫌いではないのですが、
「山岳同定だー。地図地図!」とか
「途中峰だー。写真写真!」とか
理由をつけて休むタイミングを貰えませんでした。
逆に言いますと、岩岳コースはストイックに山歩きをしたい方には最適です。
  
前回同様、運動不足が祟ってかフトモモが随分強張る様になってしまいましたので、ちまちまと寝っ転がっては歩く山行となりました。
「フトモモがつりそうだ!」
「(普段食べない)行動食を食べたらどうだ?」
「余り変わらない!」
「水分はどうだ?ガバガバ飲むのだ!」
「何か効いた!」
「今の内にストレッチ、いや脱力プルプルだ!」
水分補給が功を奏したか、復路では回復しました。
時間は随分かかってしまいましたが、
「梅雨の最中に山に寝っ転がる贅沢!」
とばかりに、これはこれで楽しかったです。
  
下山後は道の駅たばやまで「鹿ばぁーがー」をおみやげに買い、「のめこい湯」でお風呂に浸かりました。
「のめこい湯」は二度目ですが、四年半前のお正月では、餅つきに加え大鍋で煮込んだ鹿肉がサービスで食べ放題でした。
まだやってるのかな。

登山中の画像
  • 夜明け直前の「道の駅たばやま」から出発します。
  • まずは国道411号線「大菩薩ライン」を西へ歩きます。 大菩薩嶺も登りましたが、あれもキツかったなあ……。
  • 余慶橋に着きました。 しばし散策。
  • こちらは旧道(旧橋)です。
  • 奥が現在の橋です。
  • それでは登山開始しましょう。 岩岳ルートは林業の方の道なのでしょう。 入口にも道中も、標識は全くありませんでした。
  • ですが入ってすぐこのサイン。 「こっちじゃないよ」 ありがとう。
  • 反対方向に進んで登山道を見つけます。
  • 平面図上は沢に沿っていますが、かなり高巻きました。
  • 降って火打石谷・小常木谷出合です。
  • しっかりした橋がありました。 右奥に延びているのは火打石谷ですが、水源は熊倉山(火打岩)ではなく前飛龍だと思います。
  • ここから少しだけ小常木谷沿いを歩くのですが、
  • 深い渓谷を散策しているみたいで最高でした。
  • 小さな滝を最後に
  • 茅谷尾根へ向かう道に入りました。
  • みんな腰巻してる! 鹿対策でしょうね。
  • 植林とは言え
  • 良い林と道です。
  • 一瞬の眺望。
  • さらにお日さまー! 今日を逃すと、予報上もう6月に晴れ間のチャンスはありませんでした。
  • 九十九折も交え、どんどん登っていきます。
  • 立派なさるのこしかけ。 自分の手袋より大きいです。
  • 多分、向かう先の岩岳だと思うのですが……。
  • その岩岳に着きました。
  • 三等三角点「岩岳」です。 山頂に標識らしきものは見つけられませんでした。
  • 本当に道はしっかりしていました。 ただ道中、巻いている小ピークもわざわざ寄りましたので、岩岳から先は藪漕ぎな印象を残した感があります。
  • 積算雪量計だそうです。 現役とは思えませんが、どう使用したのでしょうね。
  • 岩岳尾根に乗りました。
  • 行きません。
  • なおも小ピークが続きますが、結構削られました。
  • そんな中、広場の様な場所に到着です。
  • ひとやすみ。
  • 快晴。気持ちよかったです。
  • 貴重な眺望。 とりあえず左奥の大きな山は三頭山ですね。
  • そして続く小ピーク越え。 いわゆる「地形図に現れない小ピーク」もいくつかあったと思います。 眺望が効かないので、あといくつ小ピークが続くのか、神経戦でもありました。
  • さらにはシャクナゲの藪漕ぎが! シャクナゲは木ですからね、短気を起こして手折ろうとしても、こっちが負けます。 いえいえ、例えばの話ですよ?
  • 熊倉山……かな?
  • 正面中央は南アルプス方面ですが、雲に隠れてしまっています。 右奥には北奥千丈岳、国師ヶ岳が見えました。
  • さあやっと前飛龍だ!
  • けどまだ登り降りを食らいました。
  • それでも露岩のピーク、ついたー! ここからはノーマルコースのはずだ!(ラクだとは言ってない)
  • ここが一番の眺望でした。 左端は雲取山。そこから右に、僅かなピークが小雲取山ですね。
  • 正面のミサカ尾根の向こうに見える、丸い頭は三頭山。 最奥、左に向かって御前山、大岳が見えます。 こうして見ると、奥多摩三山の名は伊達じゃないですね。
  • 雲に隠れてしまっていますが、正面は大菩薩嶺。
  • 南アルプス方面、のはずです。
  • 一般登山道の証、標識!
  • 何とか前飛龍に着きました。 眺望はありませんが、2~3人でお昼を食べられる広さはあります。
  • その先の飛龍権現へは単純下降ではなく、小ピークをひとつ越えます。 斜面で小休止中、本日初めて他の登山客の方にお会いしました。 親川まで降りられるとか。健脚ですねー。
  • さあ
  • 来たかった飛龍権現です。
  • 更に進んで本日の主峰、飛龍山着です。 着いたー!
  • 三等三角点「比龍」です。 これはこれで厨ニ心をくすぐる漢字だ!
  • 上空は青と白のハーフ&ハーフ。
  • 誰も来ませんでしたので、しばらく寝っ転がってました。 前夜は2時間程度の仮眠で車を走らせましたので、もう極楽。危うく熟睡するところでした。 飛龍山は、雰囲気的にどこか皇海山を思い出させましたね。
  • それでは下山しましょう。 権現様まで戻り、
  • 前飛龍です。
  • もう折角なので、山頂ごとに寝っ転がることにしました。
  • 露岩のピークまで戻りました。 ここで往路と分かれます。
  • そうそう、岩岳尾根へはロープが張っていました。 弛んでいたので張り直しておきましたが、自分はそっちから来たのにね。
  • 前飛龍直下は急斜でしたが
  • 次第に緩やかな尾根道になりました。
  • 行きません。
  • 熊倉山まで降りました。
  • 熊太郎、熊倉山を踏む!
  • 熊倉山の三等三角点「火打岩」です。
  • ここでも10分ほど寝っ転がりました。 外国人のトレランの方が一瞬迷って熊倉尾根に向かいかけましたが、一般ルートを降っていきました。 ひと安心するも、あっと言う間に見えなくなりましたよ。
  • サヲウラ(サオラ)峠に着きました。
  • ここからまっすぐ降りることも出来ますが、今少し緩やかな道を愉しみたく、予定通り丹波天平に向かいました。
  • アンテナに到着。 確かにアンテナですね。
  • アンテナ近くの二等三角点「丹波山村」です。 アンテナより山頂側です。
  • さあここからは最後の仕上げ。 国道まで700mを一気に降ります。
  • 1時間ほど戦って、丹波小学校の裏に着きました。
  • 国道へは小学校の敷地内を歩かせてもらいます。 掃除をされていた先生にご挨拶。
  • 歩ききったー! ただいまー!
  • おみやげを買って、その後隣接する「のめこい湯」に浸かりました。
  • 久し振りのお約束。 よい山行でした。 楽しかったー!
  • 「くま!」 「おみやげだ!」 「ありがとう!おつかれさま!」
  • 彼らにナイショでこっそり買ってきた真のおみやげは、鹿肉のハンバーガー「鹿ばぁーがー」です。
  • なかなかのサイズで、味も良かったです。 700円はお山価格かな。
  • オマケでこれは2015年正月の写真です。 のめこい湯で大盤振る舞いしていた鹿肉のカタマリ。
  • 文字通り骨になるまで食べ尽くしました。 格闘でしたが、本当においしかったです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ
【その他】 予備ヘッドライト、風力計、アマチュア無線機、カラビナ、スリング、プルージックコード、細引き
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

鋸太郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    七ツ石小屋は、木~日のみ営業中。雲取山荘は営業自粛中、雲取山へは無理のない登山計画を
    20年07月31日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

鋸太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました