登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
金精峠から周回 日光白根山 日光白根山 金精山 前白根山 五色山(関東)
img

記録したユーザー

Tatsu さん

この登山記録の行程

菅沼駐車場(04:45)・・・金精峠(05:50)[休憩 10分]・・・金精山(06:42)[休憩 8分]・・・国境平(07:10)・・・五色山(07:36)[休憩 24分]・・・前白根山(08:30)[休憩 5分]・・・前白根山分岐(08:45)・・・五色沼(09:10)・・・五色沼避難小屋(09:23)[休憩 7分]・・・日光白根山(10:25)[休憩 50分]・・・分岐(11:40)・・・弥陀ヶ池(11:45)・・・菅沼駐車場(12:50)

総距離 約11.2km 累積標高差 上り:約1,305m
下り:約1,305m
コースタイム 標準:7時間25分
自己:6時間21分
コースタイム倍率 0.86
コマクサを見るため、日光白根山を目指します。

危険個所はないものの、菅沼から金精峠の取り付きまでは、不明瞭です。

何とか天気を持ちそうです。菅沼駐車場に着くと、既に車がありました。お早い御着きで。
登山口をスタートし、まずは金精峠に向かいます。歩き始めて約20分、若干ルートの怪しげな所に差し掛かりました。とりあえず、道なりに進みます。すると、国道に・・・。先ほどのところまで戻りましたが、コースはよくわかりません。地図を頼りに沢を進むと、ピンクテープがでてきました。ここはとても分かりずらいです。
長雨で登山道と沢の区別がつきにくくなっていることと、倒木により分岐がわからなくなっているためのようです。
金精峠の取り付きもうっかりすると見失いそうです。
ここはあまり人が入っていないようですね。

金精峠からは男体山他山並みが見事です。中禅寺湖と戦場ヶ原、湯ノ湖も見えました。ここからは尾根歩きです。金精山の直前がちょっと急でしたが、きもちの良い尾根が続きます。ゴゼンタチバナ、ハクサンシャクナゲが見事です。

五色山からは白根山と五色沼、そして赤い屋根の避難小屋がよく見えます。
前白根に向かうと、少しづつ土質が変わってきます。コマクサの気配がしてきます。
この時期にしては多くの花が目に入ります。数は少ないものの以外に種類が豊富です。今季初のハクサンフウロ、ベニバナイチヤクソウ等々・・・。

前白根に到着すると、ありました、コマクサ。初めてですが、意外に赤い色が強い。雨が続いたせいなのか、それとももう終盤なのか、盛りを少し過ぎた感じです。これが女王なんですね。眼福眼福。

一度五色沼へと下ると、キバナノコマノツメやハクサンチドリが。本当にラッキーでした。ここまで一切誰とも会わなかったのだけれど、少しづつ人が増えてきました。

避難小屋を過ぎ、白根山の取り付きからはザレた急登が続きます。
無心に登っていくと、上の方に、コマクサが出現です。こちらのコマクサはピンクです。こちらもピークは過ぎた感がします。

山頂は人・人・人でした。ロープウェイ組が過半数でしょうか。菅沼駐車場からの直登組もそこそこいるようです。狭い山頂は写真撮影のみで、各々離れたところで休憩していました。私は、阿弥陀ヶ池に向かうため、隣のピークで一息。

阿弥陀ヶ池までもザレた急坂が続きます。こちらのルートの方が花の種類は少ないようです。ロープウェイ組はコマクサを見れたのでしょうか。

阿弥陀ヶ池に映る白根山もきれいです。そしてここからは樹林帯。夏休み初の日曜日、きっと帰路は渋滞する、との思いが頭をよぎり、ペースを上げて下ります。無事13時前に下山。駐車料金を支払って帰路につきました。

この時期でも多種の花を見ることができ、また、天気にも恵まれ、人の多さが気になったものの、今日も良い山行となりました。

登山中の画像
登山画像
スタート後約20分左に向かって道が続いています…
登山画像
しばし、沢の中を歩きます
登山画像
これがでたら、取り付きます
登山画像
ミヤマカラマツ
登山画像
コメツツジ
登山画像
ミネウスユキソウ
登山画像
トリアシショウマ?
登山画像
マイヅルソウ
登山画像
右から男体山大真名子山小真名子山女峰山太郎山
登山画像
ハクサンシャクナゲ
登山画像
ホーホケキョ
登山画像
ツマトリソウ
登山画像
金精山
登山画像
コケモモ
登山画像
五色山から望む白根山と五色沼
登山画像
タカネニガナ
登山画像
ベニバナイチヤクソウ
登山画像
ハクサンフウロ
登山画像
白根山をバックに前白根
登山画像
前白根のコマクサ
登山画像
シロバナノヘビイチゴらしい
登山画像
群落
登山画像
キバナノコマノツメ
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
ヤマオダマキ
登山画像
白根山のコマクサ前白根のものより色が薄め
登山画像
アップで
登山画像
白根山から五色沼と五色山
登山画像
湧き立つ雲
登山画像
イワヒゲ
登山画像
阿弥陀ヶ池から白根山を望む
登山画像
きのこの山
登山画像
ギンリョウソウ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Tatsu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!