登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
八ヶ岳縦走2019 硫黄岳・横岳・赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

みかん さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(08:18)・・・堰堤広場(09:02)・・・赤岳鉱泉(10:04)[休憩 18分]・・・赤岩ノ頭(12:06)・・・硫黄岳(12:33)[休憩 13分]・・・大ダルミ(13:09)

【2日目】
大ダルミ(06:07)・・・横岳(06:52)[休憩 2分]・・・三叉峰(07:13)・・・赤岳天望荘(08:05)[休憩 22分]・・・赤岳(09:05)[休憩 30分]・・・行者小屋(11:05)[休憩 21分]・・・美濃戸(13:41)

総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約1,655m
下り:約1,655m
コースタイム 標準:10時間20分
自己:10時間39分
コースタイム倍率 1.03
八ヶ岳の天気予報が良かったので、1泊2日で行ってまいりました。

1日目は美濃戸から硫黄岳山荘まで、翌日は赤岳に登って降りてくるというゆとりのある行程で、時間を気にすることなくゆっくりと登ることができました。

終始好天に恵まれ、特に硫黄岳から赤岳までの縦走は富士山から北アルプスまで遠望しながらの道のりとなり、非常に楽しかったです。

ただ、赤岳展望荘から先、行者小屋までペットボトル1本(555m)の水しか携行しなかったのが失敗でした。赤岳頂上から先は下りで1時間20分のコースタイムなので大丈夫だろうと高を括ってしまい、行者小屋の手前で熱中症になってしまいました。

幸い、道中のほらがいグループの皆様とベテランのおじ様方に助けて頂き、無事下山することができました。厚く感謝申し上げます。十分な水分と塩分補給、そして休憩地ではしっかり休むことが大切だと痛感しました。

今後は十分な水と塩分の携行、そしてゆっくり休憩をとるようにし、これに懲りずまたどこかに登りたいと思います。

登山中の画像
  • 美濃戸口からやまのこ村までは、うわさ通りのハードなダートでした
  • 序盤から好天に恵まれ、テンションもあがります
  • 色が違うところは今年生えてきたところでしょうか
  • 八ヶ岳は苔が有名ですが、十分に堪能できました
  • 赤岳鉱泉にて。テント泊も楽しそう
  • 赤岩の頭
  • 硫黄岳の爆裂火口跡。最近ここにクマが落っこちたそうです・・
  • コマクサのが見事に咲いていました
  • 硫黄岳山荘にて。お客さんが少なくてゆっくりできました
  • 自家製のお味噌を使った味噌汁と中に入っている野菜が本当に美味しかったです
  • ご来光
  • 好天のもと、縦走を楽しみます
  • あちこちにコマクサの群生が見られ、まさにお花畑でした
  • 富士山もよく見えました
  • 写真では何度も見ている赤岳。最後の登りがきつそうです(笑)
  • 本日のベストショット
  • 頂上はあまり広くないので写真だけ撮ってすぐに降りました
  • 山容だけなら阿弥陀岳のほうが立派に見えます
  • 行者小屋に向かう長い階段。この先で熱中症になってしまいました
  • 行者小屋から先は南沢経由でゆっくりと下山
  • 帰りは途中で夕立に振られずぶ濡れになりました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

みかんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    今は体調不良者の救出は困難を極めます。体調不良を感じた時点で引き返すなど早めの判断を
    20年08月04日(火)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    宿泊は完全予約制、テント場は先着順で営業中。シャクナゲ尾根(稲子湯~ニュウ)に崩落や倒木箇所あり
    20年07月31日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    テント場は現時点では予約不要ですが、他のお客様の就寝時間への配慮など利用マナーにご協力をお願いします
    20年07月22日(水)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    周辺の登山道は、雨の影響はありません。天気予報では雨でも、実際にはそれほど降らないという日が多いです
    20年07月22日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みかん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月10日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...