登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
朳差岳(足ノ松尾根/夏の終わりの百花繚乱)2019夏 朳差岳・鉾立峰・大石山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2019年8月18日(日)

  • 利用した登山口

    足ノ松登山口  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥胎内ヒュッテへの道は舗装されています。駐車場はヒュッテ手前で、50台ほど駐車できます。駐車料金はかかりません。なお、乗合タクシーの料金は、今年から片道700円となっています。

  • 天候

    晴れ
    [2019年08月18日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

足ノ松登山口(05:42)・・・姫子ノ峰(06:32)[休憩 9分]・・・ヒドノ峰(07:57)[休憩 8分]・・・大石山(09:28)[休憩 10分]・・・鉾立峰(10:26)[休憩 10分]・・・杁差岳(11:16)[休憩 54分]・・・鉾立峰(12:36)・・・大石山(13:18)[休憩 9分]・・・ヒドノ峰(14:16)[休憩 10分]・・・姫子ノ峰(15:20)[休憩 10分]・・・足ノ松登山口(15:58)

総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,733m
下り:約1,733m
コースタイム 標準:10時間30分
自己:8時間16分
コースタイム倍率 0.79
 昨年、初めて朳差岳に挑戦した。だが、ものすごい暑さの中、両足の太ももが痙攣して、稜線まであと少しのところで止むなく引き返した。今回はその経験を元に、3Lの水分を背負って同じコースを登る。
 
 朳差岳は、飯豊連峰の北端に位置する山である。標高は1636.4mと高くはないが、登り始めの登山口の標高は470mである。標高差が結構あって、登り始めから急登が続く。ガイドブックには、「比較的楽に稜線まで登ることができる」と書いてあるが、それは他の飯豊連峰のコースと比較しての話である。

 もう一つ、付け加えたいのが、稜線に登ってからの行程である。稜線に乗り上げ、大石山から頼母木小屋まで歩くならば、なるほど、なだらかな稜線歩きとなる。ところが、朳差岳まで行くのであれば、のどかな稜線漫歩とはいかない。今回、稜線まで乗り上げて感じたのは、朳差岳までの距離の長さ、そしてその前にそびえる鉾立峰への急な登りである。
 前回、大石山を前に撤退した際、稜線まで登れば何とかなったのではと思ったが、こうして目の前に広がる雄大な景色を見ると、昨年はたとえ稜線まで登っても朳差岳まで行くことは不可能だったということがよく分かった。

 さて、2回目の今日は、前回とほぼ同じ行程を取る。夜中に家を出て、奥胎内ヒュッテには5時前に到着し、軽く朝食を摂って乗合タクシーを待つ。先回、館内改修のため臨時休業中だったヒュッテは営業していた。
 5時半にタクシーが出る。乗客はわたしを含めて4名である。全員が50代以上、男性2名、女性2名である。料金は片道700円で、昨年より200円の値上げである。「あまり乗る人がいないので」と、運転手さんが申し訳なさそう話す。

 5時42分に足ノ松尾根登山口を出発する。少し登ってブナの森に入ると、平坦な道がすぐに急登に変わる。ここから姫子ノ峰までは急登が続く。ブナの森はやがてヒメコマツに変わり、木の根が露出した登山道をじっくりと登る。前回ほど発汗はひどくない。歩き始めはこまめに休みを入れて、水分を補給するよう心がけた。

 6時32分に姫子ノ峰に飛び出る。谷から涼しい風が吹き上がってくる。しばらく休んで火照る体を冷やし、アップダウンのある尾根道へ進む。岩場や崩落地を越え、何度か登り下りを繰り返しているうちに、樹木はヒメコマツからブナに変わっている。

 7時32分に滝見場に着く。下に段差のある滝が見える。思ったよりも風が通らないので、ここでは休まずに英三の峰、ヒドノ峰を越えて、水場分岐の辺りで休憩を入れた。気温はかなり上がっているが、木陰では時折涼しい風が吹く。

 8時26分にイチジ峰を過ぎ、8時49分に、先回両足が攣った場所に着く。今回は水分補給をこまめにしているせいか、それほど疲れが溜まってはいない。正面には大石山が大きく、左手の鉾立峰から谷に切れ込む山襞が深い。多少の感慨を感じながら、この小ピークを通り過ぎた。

 急坂の途中で一息入れ、あとは一気に登って稜線に乗り上げた。ここが西ノ峰である。展望が開け、右手には頼母木小屋が確認できる。その先の稜線は、頼母木山から地神山に続き、さらにその陰には、飯豊本山がうっすらと見える。雄大な景色だ。

 大石山へはチシマザサの道を行く。西ノ峰から数分で山頂に着くが、どこが山頂かよく分からない。山頂を右手に行けば頼母木小屋、左は朳差岳である。左に進むと、そこは夏の終わりの花畑で、タカネマツムシソウ、ハクサンシャジン、ハクサンフウロなどが咲き乱れていた。花には蜂や蝶が止まり、空にはアキアカネが群れ、それらは登山道にもあちこちに止まっている。よく見ると、蝶はあの田淵行男が追いかけた高山蝶のベニヒカゲのようだ。

 花畑の先には、遠く鉾立峰、その陰に朳差岳が姿を見せた。ここからあそこまで行くのかと歎息してしまうほど、いささか意欲を失わせる距離と登り返しである。時計はまだ9時半過ぎ。よし、と気合を入れ、広い稜線を鞍部に下っていく。右手には新潟の山々、その先には新潟平野、さらに先には日本海が見える。これは絶景である。

 鞍部からは、およそ標高170mの登りである。傾斜がきつく、何度も休みながら標高を稼いでいく。立ち止まって振り返ると、大石山から頼母木山、地神山へ続く稜線が雄大だ。疲れた足をなだめ、10時26分に鉾立峰山頂に着く。誰もいない。

 対岸の朳差岳を見る。また同じような登り返しを経て、ようやくあの場に立つことができる。それにしても過酷な登り返しの繰り返しである。ただ、こちらの登り返しの方が、傾斜が多少緩やかな気がする。

 鞍部に下り、また緩やかに登っていく。しばらく辛抱しながら歩を進めていくと、傾斜が強くなり、そこを越えると稜線上に出る。左に立派なレリーフが据えてある。飯豊連峰の登山道を開いた藤島玄のレリーフである。

 ここを過ぎると、もうきつい登りはなく、目の前に大きくなってきた朳差小屋を目指してゆったりと歩いていく。周囲はきらびやかな花畑になっている。タカネマツムシソウ、ハクサンシャジン、ハクサンフウロ、アキノキリンソウ、タカネナデシコなどに混じって、ミヤマトリカブトの高貴な紫を見つけた。

 朳差小屋に荷物を置き、ペットボトルとカメラを持って山頂に向かう。11時16分登頂。山頂には誰もいない。思ったけどよりも時間はかかったが、昨年の借りを返したことで満ち足りた気持ちになる。山頂からは新潟平野と日本海、飯豊連峰の山並みなどが望める。素晴らしい眺めだ。ここでしばらく風景を眺めていると、単独の男性が登ってきた。今朝の乗合タクシーで一緒だった方である。

 12時前に小屋を出る。花畑の中を快調に下っていく。天気は下り気味で、飯豊の山並みはガスに覆われてきた。鞍部に下る道にも花が多い。下って登り返し、鉾立峰に着く。単独の女性が休んでいた。聞けば、今日は朳差小屋に一泊するらしい。

 鉾立峰からの下りも順調で、下り切ってから広い鞍部を進む。ここも花が多い。大石山が大きくなり、登りになると高山蝶のベニヒカゲがあちらこちらで舞っている。道端に二度咲きのハクサンイチゲを見つけた。そういえば、今年、ハクサンイチゲを見るのは初めてである。

 大石山山頂手前で休憩する。日差しが復活し、かなり暑い。ここからはもう下るだけだが、飯豊の下りはどの山も厳しい。登りがきつければ、当然下りもきつい訳である。時折吹く涼しい風で体を冷やし、水分を補給してこれからの長い下りに備えた。
 
 それでも、下りは厳しい。西ノ峰からは順調に飛ばし、13時49分にイチジ峰、14時23分に水場分岐を通過する。そこから少し進んだところで体が熱くなり、ブナの木陰で休憩した。3L持ってきた水分も、大分残り少なくなってきた。

 14時35分に滝見場に着く。休もうと思ったが、ここは風が吹き抜けず、そのまま下る。ここからは暑さとの戦いになり、次第に歩く速度が鈍って、姫子ノ峰に着いたのが15時20分である。40分発のタクシーには間に合わないので、16時発を念頭に、10分ほど休憩した。

 ここまでくれば残りはもうわずかなのだが、暑さで足が進まない。転ばないように気をつけながら、ヒメコマツの道を過ぎ、ブナの道に入ってしばらくすると、ようやく平坦な道が目に入ってきた。つづら折りの道から、平坦な道に進み、15時58分に登山口に戻る。やっと間に合ったタクシーは冷房が効いていて、火照った体に心地よい。
 奥胎内ヒュッテに着くと、真っ先に自販機で冷たいコーラを買い、一気に飲み干した。

登山中の画像
登山画像
奥胎内第二ダム
登山画像
奥胎内ヒュッテ駐車場。今日は空いています。
登山画像
奥胎内ヒュッテ
登山画像
営業中
登山画像
乗合タクシー乗り場
登山画像
乗合タクシー(10人ほど乗車可)
登山画像
足ノ松尾根登山口
登山画像
ブナの森に入る
登山画像
すぐに急登が始まる
登山画像
木の根が露出している
登山画像
ヒメコマツの道
登山画像
岩場
登山画像
姫子の峰に着く
登山画像
対岸は胎内尾根
登山画像
アップダウンの尾根道を行く
登山画像
急な登りに取り付く
登山画像
急な登りと平坦な道が交互に現れる
登山画像
岩場も数カ所
登山画像
崩落箇所
登山画像
ヒメコマツ
登山画像
滝見場
登山画像
滝を見下ろす
登山画像
谷筋の下部に滝が見える
登山画像
英三の峰
登山画像
ホツツジが咲いていた
登山画像
大石山が見えてきた
登山画像
ムシカリの赤い実
登山画像
ヤマアジサイ
登山画像
ヒドノ峰
登山画像
ダケカンバ
登山画像
二つ峰が見える
登山画像
イチジ峰。大石山が近い
登山画像
鉾立峰(奥)からアゴク峰へ続く稜線
登山画像
振り返れば二王子岳
登山画像
向こうに新潟平野が広がる。発電所も見えた。
登山画像
二王子岳
登山画像
前回、この小ピークで撤退した
登山画像
左手に鉾立峰を見て進む
登山画像
ここを登り切れば稜線に出る
登山画像
西ノ峰に着いた
登山画像
朳差岳がわずかに顔を出す
登山画像
頼毋木(たもぎ)小屋への道は右手
登山画像
大石山山頂へ
登山画像
地神山の険しい山容。奥に飯豊本山がかすかに見…
登山画像
二王子岳を振り返る
登山画像
ヤマハハコが咲いている
登山画像
大石山山頂付近はチシマザサが多い
登山画像
大石山山頂
登山画像
トモエシオガマ
登山画像
ここから鉾立峰を目指す。その先に朳差岳がある。
登山画像
ハクサンフウロ
登山画像
タカネマツムシソウに蜂が止まる
登山画像
二王子岳方面を見る
登山画像
タカネマツムシソウに止まる高山蝶のベニヒカゲ
登山画像
鉾立峰の向こうに朳差岳が顔を見せた
登山画像
鞍部まで140mの標高差を下る
登山画像
右手に飯豊連峰の山並みを見る。頼母木小屋が小…
登山画像
鞍部から見上げる鉾立峰。朳差岳避難小屋が小さ…
登山画像
大石山、頼母木山から、地神山、門内岳へ続く稜線
登山画像
鉾立峰山頂
登山画像
山頂から飯豊連峰の巨大な山塊を見る
登山画像
また鞍部まで下って朳差岳に登り返す
登山画像
鉾立峰への登りよりも幾分緩やか
登山画像
振り返って鉾立峰
登山画像
朳差岳避難小屋が近くなってきた
登山画像
飯豊の登山道の開拓に力を尽くした藤島玄のレリ…
登山画像
タカネマツムシソウ
登山画像
朳差岳避難小屋まであと少し
登山画像
朳差岳避難小屋
登山画像
ミヤマトリカブトの向こうに山頂
登山画像
ミヤマトリカブトは小屋周辺にのみ咲いている
登山画像
朳差岳山頂
登山画像
前朳差岳方面の池塘
登山画像
朳差岳避難小屋に戻る
登山画像
ミヤマトリカブトの色が濃い
登山画像
タカネマツムシソウ
登山画像
ハクサンシャジン
登山画像
蜜を吸う蜂
登山画像
アキノキリンソウ
登山画像
登山道の両脇は百花繚乱
登山画像
ベニヒカゲとタカネマツムシソウ
登山画像
ハクサンシャジン
登山画像
二度咲きのハクサンイチゲ
登山画像
大石山への登り
登山画像
緑色のバッタ
登山画像
朳差岳に別れを告げる
登山画像
ミヤマクルマバナ
登山画像
西ノ峰
登山画像
ここから下りに下る
登山画像
ブナの中を下る
登山画像
ヒメコマツが現れる
登山画像
滝見場に着く
登山画像
滝を見る。午前中よりもはっきり見える
登山画像
姫子ノ峰で休憩
登山画像
ブナの急坂を下ると、ようやく平坦地が見えてき…
登山画像
平坦地に着くと、登山口はすぐ。
登山画像
登山口から乗合タクシーを利用。発車2分前に到…
登山画像
奥胎内ヒュッテに戻る。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 飯豊山・天狗平ロッジ~飯豊山
    飯豊山・天狗平ロッジ
    石転ビ沢・梅花皮沢赤滝のヘツリで土砂崩れ、通行に注意。草が猛烈な勢いで伸びて見えにく箇所があります
    19年09月09日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...