登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
みずがき山荘〜金峰山〜瑞牆山(ピストン) 瑞牆山、金峰山(関東)
img

記録したユーザー

さん
  • 日程

    2019年8月29日(木)~2019年8月31日(土)

  • 利用した登山口

    瑞牆山荘  

  • パーティ

    4人 (ほ さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:JR韮崎駅から山梨峡北交通のバスを登山口まで利用。
    1時間15分ほどで、2,040円/人

  • 天候

    1日目と3日目は曇り時々晴れ、2日目は強風と雨時々曇り
    [2019年08月29日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
瑞牆山荘(12:21)・・・富士見平小屋(13:03)

【2日目】
富士見平小屋(05:10)・・・大日小屋(05:44)[休憩 11分]・・・大日岩(06:16)[休憩 4分]・・・砂払ノ頭(06:56)[休憩 10分]・・・金峰山(07:46)[休憩 12分]・・・砂払ノ頭(08:44)[休憩 6分]・・・大日岩(09:36)・・・大日小屋・・・富士見平小屋(10:37)

【3日目】
富士見平小屋(05:38)・・・瑞牆山(06:57)[休憩 35分]・・・富士見平小屋(08:28)[休憩 50分]・・・瑞牆山荘(09:46)

総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約1,968m
下り:約1,968m
コースタイム 標準:11時間20分
自己:8時間9分
コースタイム倍率 0.72
秋雨前線がかかる不安定な天気だったが、余裕を持ったスケジュールで金峰山・瑞牆山に強行。

【1日目】
みずがき山荘から富士見平小屋までの道のりは長くはないものの、急登が続く。途中迷いやすそうなポイントにはロープや赤テープ等の印があるので、地図と印を目印に登る。

富士見平小屋はテン場代1,000円/人。100張ほどの広いテン場だった。地面は土、ペグ利用可。管理人が留守の際には小屋のドアにお金を入れるポストがある。トイレはバイオトイレで、男女別々に一つずつ。宿泊しない場合は100円の利用料がかかる。水場はみずがき山荘方面に1~2分下ったところにあり、水は非常に豊富。

【2日目】
金峰山までの道のりは、樹林帯を抜けて砂払ノ頭まで出るとハイマツがしげる稜線歩きになる。砂払ノ頭までは、大日岩付近で鎖場が出現する。こちらも登山道の印や道標は数多くあったが、大きな倒木が多かったので足運びには注意した方が良いかもしれない。砂払ノ頭から先は、山梨県側が切り立った崖になるので注意。この日は山梨県側から吹き上げる風と雨で岩のコンディションは最悪だったが、何とか乗り切ることができた。
後で知った話だが、大日岩も五丈岩(金峰山山頂)も登ることができるらしい。ただし、今回のように雨で岩肌が濡れていたり、風が強かったりする際は安全第一で行動した方がよさそう。

大日小屋横に湧水があり、飲料水をくむことができる。

【3日目】
富士見平小屋から天鳥川まで下り、渡渉してから登りが始まる。中盤まで沢伝いに登るので、濡れた岩や木には注意。大きな岩や砂利が主役の登山道だった。倒木や流れてきた岩などにより登山コースが若干変化する場面があった。

富士見平小屋からの下りは土曜日の午前ということもあり、これから登る方々に20名以上すれ違った。

登山中の画像
登山画像
JR韮崎駅
登山画像
入山
登山画像
富士見平小屋から10分ほどの地点で瑞牆山が良く…
登山画像
富士見平小屋
登山画像
富士見平小屋のメニュー
登山画像
富士見平小屋の水場
登山画像
大日小屋
登山画像
大日岩
登山画像
砂払ノ頭
登山画像
砂払ノ頭から瑞牆山方面
登山画像
金峰山山頂
登山画像
金峰山山頂
登山画像
下山時には登山道が水たまりだらけだった
登山画像
富士見平小屋左手から瑞牆山に登る
登山画像
天鳥川を渡渉
登山画像
瑞牆山山頂
登山画像
瑞牆山山頂直下の岩
登山画像
下山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ほさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    瑞牆山登山口に至る県営林道みずがき線(増富温泉から黒森)は予想雨量が多いため、本日から月曜日まで通行止め
    19年10月18日(金)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    台風19号で千曲川源流側は整備中で通行要注意。徳ちゃん新道は支障なし。登山口までも注意を
    19年10月17日(木)
  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    台風19号の影響は山荘にはありません。瑞牆山は支障なし。金峰山には倒木があり注意して通行
    19年10月17日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ほ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!