登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
西吾妻山 お手軽コース? 西吾妻山(東北)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2019年9月20日(金)

  • パーティ

    2人 (ジュンパク さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:東京駅から山形新幹線で米沢駅へ。バスに乗り換え、湯本駅前へ。ロープウェイが休止中の為、代走の車で天元台高原へ。後は、リフト3本(約35分)乗り継ぎ、北展望台の登山口へ
    代車・リフトは、この時期限定平日半額のプレミアムチケットを利用

  • 天候

    曇り

この登山記録の行程

北展望台 11:10--(25分)--11:35 カモシカ展望台 11:37--(15分)--11:52 中大巓分岐 12:00--(24分)--12:24 大凹の水場 12:24--(32分)--12:56 梵天岩 12:56--(11分)--13:07 天狗岩分岐 13:07--(20分)--13:27 西吾妻山(2035m) 13:43--(10分)--13:53 西吾妻小屋 14:04--(13分)--14:17 天狗岩(吾妻神社)14:19--(10分)--14:29 梵天岩 14:29--(26分)--14:55 大凹の水場 14:55--(13分)--15:08 中大巓分岐 15:08--(6分)--15:14カモシカ展望台 15:14--(19分)--15:33 北展望台

西吾妻山へ東京からも日帰りできると分かったので、紅葉の様子を見に出かける。

東京駅6時12分の山形新幹線に乗車したものの、登山口をスタートできたのは11時過ぎ。リフトの終了が4時なので、それまでに戻ってくる必要がある。更に、数少ないバスの時間も考えると、もう少し早く戻りたいところ。また、気温が下がってきた時期でもあり、思っていた以上に寒く感じられる。

コースは木道をイメージしていたが、当然、それだけではない。先ずは、湿った大きな岩が転がる急登から始まる。カモシカ展望台を過ぎると、間もなく湿原に向けて緩やかに下っていく木道が始まり、紅葉を楽しめるようになる。大凹の湿原では花の名残を探しつつ歩く。

大凹の水場からまた急登すると、次の湿原へ。石畳と木道。地塘を眺めながらガスに巻かれたりしている梵天岩に。今回は、梵天岩から左に回り込んで山頂に向かう。

山頂は展望は利かないが、人も少ない中、今日は逆に風を遮ってくれるので、遅い昼食を取ってから西吾妻小屋に向かう。少し下ってからは木道歩きとなる。ルートから外れた場所にある小屋にはトイレもある。

再びルートに戻り、吾妻神社、天狗岩のある岩原に。ガスが濃いと迷いそうだが、赤ペンキが付けられているので、それに従って歩けば問題ない。

後は、帰りの時間を気にしつつ、同じコースを引き返す。リフト乗り場には何とか3時半頃には戻れたので、リフト、最終代行車の乗り継ぎも良く、予定していた4時40分のバスに間に合うことができた。

初めての西吾妻山というのと、急な寒さと時間に追われたせいか、気分的に疲れた山行となってしまった。それでも、今年最初の紅葉らしい紅葉を見ることができたのは収穫だった。是非また、花の咲く時季に訪れてみたいと思う。

登山中の画像
登山画像
リフト3本を乗り継ぎます
登山画像
先ずは、湿った岩岩の道
登山画像
秋ですね
登山画像
マイヅルソウ
登山画像
カモシカ展望台。今日は展望が全くありません。…
登山画像
木道脇の湿地
登山画像
紅葉が良い感じになってきました
登山画像
見事に紅葉しています
登山画像
中大巓分岐。右方向へ
登山画像
ガスに煙る梵天岩のあるピークを望む
登山画像
いよいよ大凹湿原が見えてきました
登山画像
全部チングルマ。花の咲く時季に見たい!
登山画像
エゾヤマリンドウ。あちこちにありました
登山画像
大凹の水場
登山画像
歩きにくい
登山画像
整備された石畳もありました
登山画像
梵天岩はもう少し
登山画像
地塘の水が波打っています
登山画像
梵天岩を巻いていきます
登山画像
ちょっと歩きにくい
登山画像
朱も良いですね
登山画像
オオカメノキの実
登山画像
もう直ぐです
登山画像
展望の利かない山頂。逆に風を遮ってくれています
登山画像
西吾妻小屋が見えてきました
登山画像
小屋の内部です
登山画像
シラタマノキ
登山画像
ネバリノギランの紅葉
登山画像
これも鮮やか
登山画像
ガスに煙る吾妻神社
登山画像
左が天狗岩?
登山画像
大凹湿原に戻ってきました
登山画像
リフト乗り場は直ぐ。お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、行動食
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...