登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
2019秋 立山と別山尾根から剱岳へ 雄山、大汝山、富士ノ折立、剱岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

急行アルプス さん
  • 日程

    2019年9月20日(金)~2019年9月22日(日)

  • 利用した登山口

    室堂ターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:〇扇沢へは7時47分に到着。無料駐車場はすでに満車、やむなく有料第1駐車場へ。12時間1,000円は高い! 結局、2泊3日で5,000円なり。
    〇扇沢8:00発の電気バスに乗れ、以降の乗り継ぎもスムーズで9時半前に室堂に到着。

  • 天候

    9月20日:晴れときどき曇り、21日:曇りのち雨、22日:曇りのち晴れ、のち曇り
    [2019年09月20日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
立山室堂(09:43)・・・一ノ越(10:31)[休憩 10分]・・・雄山神社(11:23)[休憩 18分]・・・大汝山(11:56)[休憩 30分]・・・富士ノ折立(12:38)[休憩 8分]・・・大汝山(12:59)・・・雄山神社(13:15)[休憩 28分]・・・一ノ越(14:13)[休憩 11分]・・・立山室堂(14:53)[休憩 8分]・・・ミクリガ池(15:17)・・・エンマ台(15:33)

【2日目】
エンマ台(07:00)・・・雷鳥平(07:12)[休憩 3分]・・・別山乗越(08:43)[休憩 22分]・・・剱澤小屋(09:43)

【3日目】
剱澤小屋(05:35)・・・剣山荘(05:57)[休憩 4分]・・・一服剱(06:24)[休憩 8分]・・・前剱(07:15)[休憩 10分]・・・平蔵のコル(08:02)[休憩 10分]・・・剱岳(08:39)[休憩 31分]・・・平蔵のコル(09:33)・・・前剱(10:08)[休憩 7分]・・・一服剱(10:47)[休憩 6分]・・・剣山荘(11:08)[休憩 5分]・・・剱澤小屋(11:32)[休憩 48分]・・・別山乗越(13:07)[休憩 10分]・・・雷鳥平(14:01)・・・エンマ台(14:28)・・・ミクリガ池(14:45)・・・室堂ターミナル(14:57)

総距離 約22.5km 累積標高差 上り:約2,709m
下り:約2,739m
コースタイム 標準:19時間30分
自己:13時間18分
コースタイム倍率 0.68
〇待った甲斐あって9月22日は天候回復。平成4年以来の剱岳登頂を果たすことが出来て大興奮!
〇剱岳は、平成28・29・30年の秋も山行を計画するも、いずれも台風や前線活動の活発化で断念。おまけに今年の7月も「剱澤小屋」まで来るも、その後は天候悪化でやむなく下山。「今度こそは」との想いで今回の山行を計画するも、台風発生と前線の北上で21日からの連休は悪天候の予報。「20日の立山山行を楽しめれば御の字」と割り切って出発した。
〇20日は予報通りまずまずの天候。今年は冷え込みが弱いようで紅葉の進み具合が1週間程度遅いようだが、秋色の室堂から立山(雄山、大汝山、富士ノ折立)をめぐる。「雄山」頂上からの「薬師岳」方面の眺望が実に綺麗。この日は室堂の「雷鳥荘」に宿泊。白色の温泉につかり、明日も天候に恵まれることを期待した。
〇21日は3時前に雨が屋根をたたく音で目が覚める。6時からの朝食をすませて出発にとりかかる。小雨ながら山はハッキリと見えており「意外と天気は持つかもしれない」と期待するも、8時頃から山は完全に雲に覆われ雨脚も強まる。「剱御前小舎」前のトイレ内のベンチでコーヒーを飲みながら雨が弱まるのを待つも心は少々折れ気味。しかしながら「てんきとくらす」の予報では翌22日の朝の登山指数は「A」。これに期待して「剱澤小屋」へ向かう。「剱澤小屋」スタッフの温かいもてなしが有難い。おまけにキャンセル続出で小屋はガラガラ、ゆっくり休むことが出来た。夕刻にご主人から山頂までのルートと注意事項の説明を受ける。「ガレ場では道を間違いやすいので、ペンキマークを見失わないように」とのアドバイスは大変役に立った。夕食は揚げたてのトンカツを美味しくいただく。
〇22日、朝食をすませた頃は「一服剱」から上部はまだ雲に覆われている状況。「行けるところまで行こう」と出発。その後、みるみる天候は回復し「一服剱」に到着する頃には完全に晴れ渡っていた。岩場・鎖場は濡れていて滑りやすく緊張の連続であったが「剱岳」頂上に27年ぶりに到着し絶景に大興奮。30分ほど頂上に滞在、立ち去りがたい想いを胸に下山にとりかかる。過去の登頂で「「カニの横ばい」の第1歩目がなかなか踏み出しにくい」との印象が強かったが、現在は赤いペンキでしっかりマーキングされていて比較的スムーズに通過できた。「遭難は下山時に起きやすい」ことを常に念頭においてその後のハシゴ・鎖場・岩場を慎重に下る。「一服剱」まで下ると「剣山荘」や「剱澤小屋」が大きく見えてきて、ようやくホッとする。「剱澤小屋」に戻ると主人やスタッフが(またも)温かく迎えてくれ、登頂の達成感とあいまって嬉しさがたまらなくこみあげてきた。

登山中の画像
登山画像
祓堂
登山画像
「雄山」頂上にて
登山画像
遠く「富士山」が見える
登山画像
「大汝山」頂上にて
登山画像
「富士ノ折立」頂上にて
登山画像
「雄山」に戻ってきた
登山画像
「薬師岳」付近に雲がかかってきた、結構カッコ…
登山画像
「雄山」頂上にて
登山画像
こんなに良い天気なのに、明日は本当に天候は崩…
登山画像
「剱澤小屋」の夕食、揚げたてのトンカツは大変…
登山画像
雲がとれて「剣山荘」付近より「一服剱」が見え…
登山画像
「剣山荘」より後立山方面を見る。天候が回復し…
登山画像
「一服剱」からは「前剱」がきれいに見えてきた。
登山画像
「前剱」付近より。
登山画像
「前剱」を過ぎたあたりの4mの鉄のブリッジとそ…
登山画像
「カニのタテばい」、ここまで来たら「行くしか…
登山画像
「カニのタテばい」取付きより、来し方を振り返…
登山画像
「剱岳」山頂にて。平成4年以来、3度目の登頂。
登山画像
「前剱」頂上にて
登山画像
「一服剱」より振り返る
登山画像
「剣山荘」まで下ってきた
登山画像
「剱澤小屋」前からの「剱岳」
登山画像
「剱御前小舎」に到着、「剱岳」にガスがかかり…
登山画像
「雷鳥沢キャンプ場」に到着、いよいよフィナー…
登山画像
「雷鳥沢ヒュッテ」と「ロッヂ立山連峰」
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食
【その他】 ヘルメット
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

急行アルプスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

急行アルプス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?