登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
2019秋 立山と別山尾根から剱岳へ 雄山、大汝山、富士ノ折立、剱岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

急行アルプス さん
  • 日程

    2019年9月20日(金)~2019年9月22日(日)

  • 利用した登山口

    室堂ターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:〇扇沢へは7時47分に到着。無料駐車場はすでに満車、やむなく有料第1駐車場へ。12時間1,000円は高い! 結局、2泊3日で5,000円なり。
    〇扇沢8:00発の電気バスに乗れ、以降の乗り継ぎもスムーズで9時半前に室堂に到着。

  • 天候

    9月20日:晴れときどき曇り、21日:曇りのち雨、22日:曇りのち晴れ、のち曇り
    [2019年09月20日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
立山室堂(09:43)・・・一ノ越(10:31)[休憩 10分]・・・雄山神社(11:23)[休憩 18分]・・・大汝山(11:56)[休憩 30分]・・・富士ノ折立(12:38)[休憩 8分]・・・大汝山(12:59)・・・雄山神社(13:15)[休憩 28分]・・・一ノ越(14:13)[休憩 11分]・・・立山室堂(14:53)[休憩 8分]・・・ミクリガ池(15:17)・・・エンマ台(15:33)

【2日目】
エンマ台(07:00)・・・雷鳥平(07:12)[休憩 3分]・・・別山乗越(08:43)[休憩 22分]・・・剱澤小屋(09:43)

【3日目】
剱澤小屋(05:35)・・・剣山荘(05:57)[休憩 4分]・・・一服剱(06:24)[休憩 8分]・・・前剱(07:15)[休憩 10分]・・・平蔵のコル(08:02)[休憩 10分]・・・剱岳(08:39)[休憩 31分]・・・平蔵のコル(09:33)・・・前剱(10:08)[休憩 7分]・・・一服剱(10:47)[休憩 6分]・・・剣山荘(11:08)[休憩 5分]・・・剱澤小屋(11:32)[休憩 48分]・・・別山乗越(13:07)[休憩 10分]・・・雷鳥平(14:01)・・・エンマ台(14:28)・・・ミクリガ池(14:45)・・・室堂ターミナル(14:57)

総距離 約22.5km 累積標高差 上り:約2,709m
下り:約2,739m
コースタイム 標準:19時間30分
自己:13時間18分
コースタイム倍率 0.68
〇待った甲斐あって9月22日は天候回復。平成4年以来の剱岳登頂を果たすことが出来て大興奮!
〇剱岳は、平成28・29・30年の秋も山行を計画するも、いずれも台風や前線活動の活発化で断念。おまけに今年の7月も「剱澤小屋」まで来るも、その後は天候悪化でやむなく下山。「今度こそは」との想いで今回の山行を計画するも、台風発生と前線の北上で21日からの連休は悪天候の予報。「20日の立山山行を楽しめれば御の字」と割り切って出発した。
〇20日は予報通りまずまずの天候。今年は冷え込みが弱いようで紅葉の進み具合が1週間程度遅いようだが、秋色の室堂から立山(雄山、大汝山、富士ノ折立)をめぐる。「雄山」頂上からの「薬師岳」方面の眺望が実に綺麗。この日は室堂の「雷鳥荘」に宿泊。白色の温泉につかり、明日も天候に恵まれることを期待した。
〇21日は3時前に雨が屋根をたたく音で目が覚める。6時からの朝食をすませて出発にとりかかる。小雨ながら山はハッキリと見えており「意外と天気は持つかもしれない」と期待するも、8時頃から山は完全に雲に覆われ雨脚も強まる。「剱御前小舎」前のトイレ内のベンチでコーヒーを飲みながら雨が弱まるのを待つも心は少々折れ気味。しかしながら「てんきとくらす」の予報では翌22日の朝の登山指数は「A」。これに期待して「剱澤小屋」へ向かう。「剱澤小屋」スタッフの温かいもてなしが有難い。おまけにキャンセル続出で小屋はガラガラ、ゆっくり休むことが出来た。夕刻にご主人から山頂までのルートと注意事項の説明を受ける。「ガレ場では道を間違いやすいので、ペンキマークを見失わないように」とのアドバイスは大変役に立った。夕食は揚げたてのトンカツを美味しくいただく。
〇22日、朝食をすませた頃は「一服剱」から上部はまだ雲に覆われている状況。「行けるところまで行こう」と出発。その後、みるみる天候は回復し「一服剱」に到着する頃には完全に晴れ渡っていた。岩場・鎖場は濡れていて滑りやすく緊張の連続であったが「剱岳」頂上に27年ぶりに到着し絶景に大興奮。30分ほど頂上に滞在、立ち去りがたい想いを胸に下山にとりかかる。過去の登頂で「「カニの横ばい」の第1歩目がなかなか踏み出しにくい」との印象が強かったが、現在は赤いペンキでしっかりマーキングされていて比較的スムーズに通過できた。「遭難は下山時に起きやすい」ことを常に念頭においてその後のハシゴ・鎖場・岩場を慎重に下る。「一服剱」まで下ると「剣山荘」や「剱澤小屋」が大きく見えてきて、ようやくホッとする。「剱澤小屋」に戻ると主人やスタッフが(またも)温かく迎えてくれ、登頂の達成感とあいまって嬉しさがたまらなくこみあげてきた。

登山中の画像
登山画像
祓堂
登山画像
「雄山」頂上にて
登山画像
遠く「富士山」が見える
登山画像
「大汝山」頂上にて
登山画像
「富士ノ折立」頂上にて
登山画像
「雄山」に戻ってきた
登山画像
「薬師岳」付近に雲がかかってきた、結構カッコ…
登山画像
「雄山」頂上にて
登山画像
こんなに良い天気なのに、明日は本当に天候は崩…
登山画像
「剱澤小屋」の夕食、揚げたてのトンカツは大変…
登山画像
雲がとれて「剣山荘」付近より「一服剱」が見え…
登山画像
「剣山荘」より後立山方面を見る。天候が回復し…
登山画像
「一服剱」からは「前剱」がきれいに見えてきた。
登山画像
「前剱」付近より。
登山画像
「前剱」を過ぎたあたりの4mの鉄のブリッジとそ…
登山画像
「カニのタテばい」、ここまで来たら「行くしか…
登山画像
「カニのタテばい」取付きより、来し方を振り返…
登山画像
「剱岳」山頂にて。平成4年以来、3度目の登頂。
登山画像
「前剱」頂上にて
登山画像
「一服剱」より振り返る
登山画像
「剣山荘」まで下ってきた
登山画像
「剱澤小屋」前からの「剱岳」
登山画像
「剱御前小舎」に到着、「剱岳」にガスがかかり…
登山画像
「雷鳥沢キャンプ場」に到着、いよいよフィナー…
登山画像
「雷鳥沢ヒュッテ」と「ロッヂ立山連峰」
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食
【その他】 ヘルメット
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

急行アルプスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

急行アルプス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。