登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
丸舞登山口から行く太平山 太平山(東北)
img

記録したユーザー

イケ さん
  • 日程

    2019年11月2日(土)

  • パーティ

    2人 (イケ さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道13号線の秋田市川辺和田地区の和田坂本交差点を北側へ入る。河辺ダムを目指し、ダムの手前の丸舞川沿いに林道を進みと登山口の駐車場に到着する。駐車場は20台程度のスペースがある。トイレは無い。

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2019年11月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

丸舞登山口(07:00)・・・飛び石の渡河地点(07:30)・・・垢離執り場(07:45)・・・炭坑跡(08:25~08:30)・・・風穴(09:00)・・・トラボ長根(10:20)・・・不帰沢(10:45~10:50)・・・太平山山頂(11:30~12:25)・・・不帰沢(12:55)・・・トラボ長根(13:20)・・・風穴(14:05~14:10)・・・炭坑跡(14:40)・・・垢離執り場(15:05)・・・丸舞登山口(15:50)


総距離 約10.2km 累積標高差 上り:約1,096m
下り:約1,096m
 太平山にはこれまで、旭又登山口からしか登ったことはなかったので、他のコースからの初めての登山でした。
 丸舞登山コースは最初の1時間ほどは北の又沢の渓流沿いを進み、途中5カ所ほどの橋を渡るなど、水と緑の織りなす爽やかなコースとなっています。
 渓流を離れると、ブナ林の急登が続く、特に炭坑跡地の上部はロープが設置された岩場の狭い登山道がある他、「風穴」のあるところ、「トラボ長根」と呼ばれる2メートルほどの狭い尾根が続くところ、さらには山頂直下の花崗岩の岩場など、とてもバラエティーで、刺激的なコースでした。
 また、紅葉の状況は、山頂付近は終わっていましたが、標高5~600m付近は最盛期で、渓流沿いはまだ始まったばかりと、標高に沿っていろいろ変化していく状況も、また、素晴らしかった。
 11月の晩秋の時期にあっては、登り4時間、下り3時間あまりのこのコースは、時間的に余りゆっくりもできない登山で、下りはあわただしい下山で、膝ががくがくでした。山頂でお昼をゆっくりしすぎたせいもあり、登山口の駐車場に戻ったのは16時で暗くなる直前でした。やれやれ!!

登山中の画像
  • 朝日に照らされた紅葉の太平山
  • 丸舞登山口の駐車場
  • 「第一の橋」 登山道の前半は北の又沢の渓流沿いの道で、とても爽やかです。 途中に5カ所?の橋がある。
  • 「第二の橋」 水害で流されてありません。 直ぐ下手の川の中の石をいくつか選んで飛石で渡れます。 トレッキングポールでバランスをとって渡ってください。
  • 「四カ所目の渡河地点」はコンクリート大きなブロックの飛石です。 ちょっとしたスリルです。
  • 「垢離執り場」地点 山岳信仰で山に登る前に水垢離(みずごり)した場所か?
  • 登山道脇のブナの倒木に生えていた天然のナメコ
  • 「炭坑跡地」地点 かつて無煙炭を採取したところで、ワイヤーケーブルで、野田口へ運んでいたとか?
  • 「風穴」地点
  • 風穴の近くには大きな岩があり設置箇所がくぼんでいる。 そこが穴になっているのか?
  • 紅葉最盛期 風穴より少し登った地点、標高で500~600m程の地点
  • 「トラボ長根」地点
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

イケさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

イケ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年3月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...