登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
瓶ヶ森 石鎚山 2019秋 瓶ヶ森 石鎚山(中国・四国)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2019年11月2日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:11/1,仕事の後に移動
    佐賀関(21:00)~三崎(22:15頃着)~八幡浜(道の駅 八幡浜みなっと泊)
    11/2 (5:20発)R197~松山道~いよ小松IC~石鎚山・西之川登山口(7:40着)

  • 天候

    快晴
    [2019年11月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

西之川(08:06)・・・林道出合(08:35)[休憩 8分]・・・新道分岐(09:42)・・・鞍部(10:20)[休憩 10分]・・・瓶ヶ森ヒュッテ跡(10:56)・・・瓶ヶ森(女山)(11:12)[休憩 6分]・・・子持権現山登山口(11:53)・・・シラサ峠(12:24)・・・伊吹山(12:42)・・・よさこい峠(12:56)・・・国民宿舎石鎚(13:51)・・・休憩所・・・東稜基部・・・二ノ鎖(14:50)・・・石鎚神社(15:15)[休憩 4分]・・・天狗岳(15:29)[休憩 3分]・・・石鎚神社(15:39)[休憩 3分]・・・二ノ鎖・・・夜明峠・・・休憩所・・・八丁鞍部(16:08)・・・石鎚神社成就社(16:45)[休憩 3分]・・・西之川(17:37)


総距離 約25.2km 累積標高差 上り:約2,742m
下り:約2,745m
今年のGWに来た時には二ノ鎖を見逃し,強風とガスで天狗岳を断念したので,それを取り返しにやってきた。
同じコースでは面白くないので,瓶ヶ森もセットで時計回りに周回コースとした。
当初,行きでロープウェイを使って反時計回りとするか,時計回りで帰りにロープウェイを使おうか悩んだが,朝からロープウェイを使うと多くの人と共に流れて行かなければならず,鎖場や岩場の渋滞が懸念されたことと,まだ体力もあるしケチケチ山ツアーにして,下山後に旨いものを食べようと思い,時計回りのロープウェイを使わずに下山することにした。(やはり正解でかなりの数の下山者とすれ違った)
 登山口から瓶ヶ森への登りは果てしなく続く杉林の急登で,登り切ったところにある笹原の開放感は何とも言えず気持ちがいいし,遠くの石鎚山をバックにいい眺めだ。キャンプ場もあってテント泊縦走も魅力的だ。
瓶ヶ森山頂からは360度のいい眺めで,四国ってこんなにも山が沢山なのかと,幾重にも高い形のいい山並みが連なっているのが見えたし,紅葉の盛りは見下ろす谷周辺に降りていたので1000m付近かな。
車でも近くまで来ることができるせいか,かなりの人が登ってくる。中にはピクニックという感じでオードブルの包みを抱えて何人ものパーティーが登ってくる。(いい天気なので気持ちがいいだろうな)
次に土小屋方面に移動した。少し舗装路を行き再び山道に入ったが,笹が茂り,股下,腰下などの高さの笹道が暫く続き,途中に“マムシに注意”なる注意板があるものの,これは注意のしようがないなと思いながらガサガサ歩いてきた。もちろん刈り込んでくれているところもある。
土小屋からは沢山の人達とすれ違い出した。このコースは良く整備されていて,アップダウンが少なく歩きやすい道が続くが二ノ鎖分岐点近くになると勾配が急になり少し厳しくなる。
 二ノ鎖,三ノ鎖と上がったが,二ノ鎖の途中にオバサン1名が居ただけで独り占め。ワッセと登って行ったら,オバサンがそうやって登るんだと三角形の金具への足を掛けたことに感心していたが,これよりは鎖の円形部につま先を入れて登ったほうが揺れないので楽だ。
山頂から天狗岳へ移動,細い岩場渡りで行くので人が多いときはかなり渋滞するだろうなと思いつつ,程なく天狗岳へ。岩の上なのでゾクゾクする。
暫し先着者と話しをして山頂に戻り,成就方面へ下山した。
下山中,登りの人とはすれ違わず,成就手前でバテバテの人をサポートする数名に追いついた。17:00がロープウェイの最終便なのでギリギリのペースの様だが,成就に宿泊すれば問題ないが下山なら大丈夫だろうか?
私は途中の分岐から西之川に向かい,薄暗い中を延々下った。
秋の夕暮れは早く,ましてや山間部はあっという間に暗くなる。
だいぶ暗くなってきたので途中でライトを装着!とザックの中から取り出そうとしたら無い。
これは大変だと真っ暗になる前に到着しようと,小走りで下山した。(普段は山では走らないようにしているが仕方がない)
 もう少し早く出発していれば明るいうちに帰ることができたなと,毎度ながら遅めの出発は反省だ。
 なかなか登り応えのあるルートで,気候的にもロング歩きにちょうどよく,いい眺めでいい山歩きができた。



登山中の画像
登山画像
橋を渡って直ぐ右にある神社
登山画像
暫く舗装林道を登っていくと右の沢に橋が架かっ…
登山画像
登山口
登山画像
整然とした杉林
登山画像
新道コースは崩落で危ないらしい
登山画像
台ヶ森から瓶ヶ森・・・左のピーク
登山画像
台ヶ森から石鎚山
登山画像
登り切って第一キャンプ場の笹原から石鎚山・・…
登山画像
気持ちのいい笹原歩き
登山画像
瓶ヶ森山頂から笹ヶ峰(左端)に続く稜線
登山画像
反時計回りに瀬戸内海は雲の下
登山画像
石鎚山方面
登山画像
高知方面
登山画像
瓶ヶ森山頂(女山)
登山画像
男山
登山画像
子持権現山・・・ここまで舗装路を少し来たが,…
登山画像
子持権現下の祠・・・直進すると鎖場だが,行か…
登山画像
シラサ峠への道も腰下の笹薮漕ぎ・・・ボンヤリ…
登山画像
シラサ峠は施設の建設中
登山画像
オソロシや
登山画像
よさこい峠
登山画像
土小屋のロータリー
登山画像
レストハウス・・・人がいっぱい
登山画像
土小屋参拝殿にお参りして再出発
登山画像
平坦で良く整備されてハイキングコースのよう
登山画像
遠く笹ヶ峰
登山画像
二ノ鎖の分岐
登山画像
二ノ鎖・・・結構長さ,標高差がある
登山画像
途中から下を見ると結構高い
登山画像
最後の一登り
登山画像
天狗岳にクライマーがいた
登山画像
三ノ鎖
登山画像
天狗岳
登山画像
天狗岳登頂
登山画像
振り返って山頂神社
登山画像
成就社方面
登山画像
絶壁を入れて撮影
登山画像
更に西の尾根
登山画像
南方面
登山画像
もう一度天狗岳
登山画像
頂上山荘・・・3日の宿泊でシーズン最後らしい
登山画像
サビサビの鎖グルグル
登山画像
振り返って山頂方面
登山画像
成就社到着
登山画像
よく見る構図
登山画像
西之川分岐・・・まだ明るいと思っていたら・・・
登山画像
登山口に着いたら真っ暗
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...