登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
三方倉山(ブナの黄葉と清流:ブナ平〜シロヤシオ〜姉滝)2019 三方倉山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん

この登山記録の行程

二口キャンプ場駐車場(8:41)・・・ブナの大木(ブナ平)(9:38)・・・柱状節理(10:01)・・・三方倉山山頂(10:40)【休憩3分】・・・シロヤシオコース登山口(11:53)・・・姉滝(12:27)【休憩8分】・・・二口キャンプ場駐車場(13:04)

 9月、10月の土日はほとんど雨で、そうしているうちに紅葉シーズンは終盤を迎えた。11月上旬は紅葉を楽しむ最後の機会である。最後の機会を逃してはなるものかと、近場の二口山塊に向かった。目指すは三方倉山である。

 この山は標高971mで、標高は高くはないものの、ブナの森、柱状節理、渓流沿いの遊歩道、春の花など見所が多い。今日はブナ平から登って山頂を踏み、シロヤシオコースを下って遊歩道を歩く。久しぶりに姉滝を見てみようと思う。

 二口キャンプ場の駐車場には8時に着く。雲が多いが、青空も覗いている。渓流の紅葉は終わりに近い。河原には茶色の葉が大量に落ちている。キャンプ場周辺の紅葉は今がピークのようだ。キャンプ場のあたりを散歩する。振り返ると、葉の落ちたダケカンバの向こうに、今から登る三方倉山が見えた。

 8時40分に駐車場を出る。橋を渡り、河原に出る。息子たちが小さかったころ、家族でよく来た場所である。河原から右手の土手を登り、ブナ平コース登山口に着く。二股の道を左に進み、小さな沢を渡って急坂に取り付く。左手に仙台市の小さな水道施設が見え、そこからしばらく急坂を登ると、尾根に乗り上げる。周囲はコナラやブナの林で、朝日が差し込んで黄金色に輝いている。ここがブナ平なのだろうか。稜線上の平坦な台地をしばらくの間ゆっくりと歩く。

 緩やかな登山道を左に折れ、小さな沢を渡るとまた登りになる。左にはカラマツの林が広がる。登り切ると再び道は平坦になり、右手に大東岳が姿を現した。やがてブナの巨木に出会った。ブナ平には数本、ブナの巨木がある。

 出発してから1時間弱。また沢を横切り、右回りに進んで2本目のブナの大木を見る。ここから道はつづら折りとなる。少し登ってトラバース気味に歩いていくと、目の前に柱状節理が現れた。大きな石を規則的にコンクリートで固めたような、不思議な自然の造形である。柱状節理の大きな塊りを右に見ながら、岩場を登る。空には雲が広がり、風も強くなってきた。このあたりの紅葉は、もう終わっている。

 10時30分前後に稜線に出た。左に進路を変え、急な稜線を一歩一歩登る。目の前には大東岳が、振り返ると二口キャンプ場やビジターセンターが見える。周囲のブナは萎縮していて、背丈はずいぶん低くなっている。やがて傾斜が緩み、シロヤシオコース分岐点を過ぎると、山頂はもう目の前である。木々の間から大東岳が顔を覗かせている。

 山頂は風が強い。木々はすっかり葉を落とし、初冬の装いである。山頂から少し西に進み、クロベの林で一休みしようかと思ったが、ここも冷たい風が吹き抜けている。山頂の広場を一周し、下山することにした。10時42分。

 シロヤシオコースは下りの連続である。つづら折りの道には落ち葉が積もり、滑りやすくなっている。正面には大東岳が鎮座している。空は雲に覆われ、青空は姿を見せない。途中でスリップし、軽く尻もちをつくこと2回。小一時間ほどで杉林が見えてきた。そこまで下るとシロヤシオコースの分岐点に着くはずである。

 11時43分に分岐点に着いた。ここを左に折れて、二口遊歩道に入る。遊歩道とはいうものの、自然度が高く、アップダウンもある。右手は二口渓谷に向かって切れ落ちている。このあたりの紅葉は今が見頃である。

 12時27分に姉滝に着く。橋を渡って対岸の河原に降り、川伝いに進んで滝の近くまで行く。橋からは「妹滝」しか見えず、河原を進んでようやく「姉滝」が見えてくる。姉滝と妹滝の対で「姉妹滝」なのである。もう少し近寄りたかったのだが、沢の水量が多く、手前30mまでが近寄れる限界だった。

 滝を見物し、川岸を歩いて二口林道まで上る。林道はすっかり舗装されていて、普通乗用車でも快適に走れるようだ。右手に二口渓谷の流れを見ながら、13時04分に駐車場に戻る。三方倉山の山頂部はすっかり冬の装いで、いつ雪が降ってもおかしくない状況だった。今年の紅葉巡りは一応これで終了である。

登山中の画像
登山画像
三方倉山
登山画像
二口キャンプ場手前の渓流
登山画像
紅葉の向こうに三方倉山
登山画像
橋を渡る
登山画像
駐車場手前の赤い橋を見て進む
登山画像
河原の登山道
登山画像
渓流を見下ろして
登山画像
階段を上る
登山画像
ブナ平登山口
登山画像
落ち葉を踏みしめて
登山画像
水道施設
登山画像
ブナとコナラの林
登山画像
カエデの葉
登山画像
ブナ平を行く
登山画像
日差しに輝くブナ
登山画像
大東岳が見える
登山画像
ブナ平
登山画像
ブナ平
登山画像
ブナの巨木
登山画像
巨木の根
登山画像
巨木の向こうもブナの黄金色
登山画像
美しい輝き
登山画像
柱状節理の左を登る
登山画像
柱状節理
登山画像
急登
登山画像
急登が続く
登山画像
ブナの萎縮林
登山画像
山頂
登山画像
山頂のクロベ
登山画像
対岸の大東岳の岩場
登山画像
大東岳
登山画像
シロヤシオコース登山口
登山画像
黄葉が見頃
登山画像
磐司岩が見える
登山画像
二口の渓流
登山画像
カツラの大木
登山画像
美しい青
登山画像
姉滝が見えた
登山画像
落ち葉と渓流
登山画像
姉滝(右)と妹滝(左)
登山画像
姉滝
登山画像
妹滝
登山画像
二口の渓流
登山画像
遊歩道に架かる橋
登山画像
渓流を見下ろす
登山画像
碧の流れ
登山画像
三方倉山
登山画像
カエデの赤が鮮やか
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    ブナ太郎 さん、こんにちは。

    目の覚めるような画像に釘付けです。
    もちろん被写体も素晴らしいのでしょうが、風景の切り取り方も美しいと感じました。

    こんな秋に出会われて、羨ましい限りです。

  • ブナ太郎 さん
    すてぱんさん こんばんは。そして初めまして。

    実はすてぱんさんの登山記録はずいぶん前から読んでおり、いずれ登るであろう首都圏の山選びの参考にしていました。
    コメントをいただき、ありがたく思っています。

    三方倉山は全くマイナーな宮城の低山ですが、実は見所が多く、私はよく歩いています。今回は、ギリギリブナ平の黄葉に間に合いました。天候は曇りベースでしたが、時折日が差して、その瞬間に鮮やかな黄金色を目にすることができました。東北の山に足を伸ばす機会はあまりないかもしれませんが、三方倉山周辺の大東岳や神室岳も素晴らしい山です。機会があればぜひお越しください。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?