登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
秋は過ぎしリトル比良 リトル比良(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2019年11月9日(土)

  • パーティ

    2人 (K-TAN さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:JR湖西線 北小松駅
    復路:JR湖西線 近江高島駅

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

08:58 北小松駅
09:20 登山口
10:12 涼峠分岐
10:47 寒風峠
11:20 滝山
12:18 岩阿砂利山
13:05 鳥越峰
13:12 オーム岩
14:38 岳山
15:33 賽の河原
15:48 下山口
16:08 近江高島駅


総距離 約13.1km 累積標高差 上り:約1,203m
下り:約1,212m
紅葉の時期なので、前回紅葉が綺麗だったリトル比良に行くことにした。

8時55分北小松駅出発し、20分程で楊梅の滝に到着した。

前回は道が崩落していたので、楊梅の滝へは閉鎖されていたが、今回は修復されていたので入っていく。

楊梅の滝を左に、登山道が続いており、登って行くと本来の登山道へ合流する。
合流地点から少し登ると景色が開けており、びわ湖が望める。

ひとしきり急登すると、涼峠分岐に到着。ほとんど休憩せず、分岐を右へ進む。
しばらく進むと、せせらぎが流れ、紅葉した樹林帯の中で枯れ葉の絨毯の上を歩く登山道になるので、気持ちがいい。

そのまま、寒風峠に到着し、右の登山道にすすむ。左は武奈ヶ岳、蓬莱山方面だ
少し緩い登りをゆっくり登って行く。

滝山の手前で道標は 左が鵜川の越を指していたが、間違って滝山に登ってしまった。
この道標から大きく下って、3つのピークを経由して、車道に降り立つ。
車道を左に50m進むと、反対側に登山口がある。

岩阿沙利山0.5Kmの道標が地面に転がっている。
この0.5Kmが結構きつい

3時間20分 岩阿沙利山で大休憩して、疲労回復を図りオーム岩を目指す。

オーム岩まで1時間ほどかかる
ここからも大きく下って登り返すルートなので結構しんどい

登り返した鳥越峰はパスして先を急ぎ、10分程下ったところがオーム岩

13:13 オーム岩到着

オーム岩に出ると、天気がいいので、圧倒される絶景が広がっている。

前方には、蛇谷ケ峰、左にはびわ湖北端が綺麗に見渡せる。

岩の下は絶壁で、3Dパノラマを見ているようだ

ひとしきり絶景を堪能して、岩の上で昼ご飯

今日は、焼きおにぎりの出汁茶漬け
 ニッスイの冷凍焼きおにぎり大2個をバーナーで香ばしくあぶる
 湯を沸かし、ヒガシマルうどんの素を入れ、焼きおにぎりにぶっかける
 刻みのり、刻みネギ、鰹節を乗せて、三つ葉をトッピングしたら、練ワサビを
 絞り加えて出来上がり。

40分程休憩して下山開始

近江高島駅まで5Kmの道のりなので、2時間かかる。

下りでも、アップダウンがあり、しんどいが
何より、えぐれた細い道で、石が多く、一歩の高低差があるので、かなりしんどい

延々そんな道を下ると、うんざりしてくる

やっぱり、逆向きのルートに設定して正解だった。

岳観音堂跡の下に弁慶の切り岩があり、ここからは、緩い下りを下っていくと賽の河原に出る。

賽の河原からは広い道を15分ほどで下山口のゲートに到着

下山口から20分で近江高島駅に到着

駅のコンビニでビールを買い込み、電車の中で乾杯

13.1Km 7時間09分 ほぼ一本道のコースで迷うようなところはない。秋の風情を感じながら、それなりに登り応えのある登山が楽しめるが、何よりオーム岩からの絶景は最高だった。

登山中の画像
  • 楊梅の滝入り口
  • 楊梅の滝
  • 滝の左手に登山道が続いている
  • 本来の登山道に合流すると、視界が開けている。
  • 畑の小場  コバとは休憩所の意
  • 10:10 涼峠 分岐、右に進む
  • なかなかいい雰囲気の登山道だ
  • 10:44 寒風峠到着  右に進む
  • 秋だねぇ
  • 紅葉はきれいに見えないが、秋の風情を感じる
  • 前に来たときは、地面が真っ赤だったんだけど
  • まっすぐ行ってしまって、戻ってきた。 鵜川峠方面へ結構下る
  • 標識がちゃんとあって、一本道なので迷うことはない
  • 気持ちがいい登山道が続く
  • 11:40 あと5時間の標識に驚くが、結果は16:10到着だったので4時間半かかった
  • 車道左50mに再び登山道がある。
  • 12:16 岩阿沙利山(いわあじゃりやま)到着
  • 岩阿沙利山からわずかに見える景色
  • 結局どっちだ!? 近江高島駅は倒木を超えていきます。
  • 落ち葉の絨毯道
  • プチ岩登り
  • オウム岩へ
  • オウム岩から前方は、蛇谷ケ峰
  • オウム岩から左はびわ湖北端
  • 記念写真
  • 壁紙にしようかな?
  • 昼は焼きおにぎりの出汁茶漬け  結構うまい
  • 岳山
  • 下りは思った以上にきつい 最近めったに無い、筋肉痛の予感がする  高度が下がると、岩が多くなり、少しわくわくする。
  • 岳観音跡
  • 弁慶ってこんなとこまで来たんかいな?
  • びわ湖北端
  • 賽の河原 なんで賽の河原なんだろうか??
  • 後は広い道を進む
  • 下山口ゲート
  • 長谷寺
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...