登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
鳥取 VOL.1 伯耆大山(弥山)(中国・四国)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年12月15日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:JR「米子駅」から東に進んで国道181号線に入り、「米子南IC」から国道9号線(山陰道)を東に進み「米子東IC」を出て県道24号線をさらに東に進みます。ほぼ直線の県道24号線を登って行くと「大神山神社」や「大山寺」の参道入口に着きます。左にある約80台駐車可能な大山駐車場が「大山博労座駐車場」です(スキーシーズン以外は無料)。JR「米子駅」から約20km・40分です。トイレは駐車場の周囲に有ります。夏山登山口に近い「南光河原駐車場」はまだ先の橋を渡った左側です。

  • 天候

    曇り後快晴、軽風
    [2019年12月15日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大山博労座駐車場(09:00)・・・夏山登山口(09:10)・・・二合目(09:30)・・・三合目(09:45)・・・四合目(09:55)・・・五合目(10:05)・・・六合目(10:20)・・・八合目(10:45)・・・弥山/大山山頂(11:10)[休憩 10分]・・・山頂避難小屋(11:30)[休憩 10分]・・・八合目(11:50)・・・行者谷分かれ(12:20)・・・元谷入口(12:45)・・・大神山神社(13:00)・・・大山博労座駐車場(13:20)


総距離 約8.2km 累積標高差 上り:約1,039m
下り:約1,039m
中国地方唯一の日本百名山は、鳥取県の「伯耆大山」です。12月に入ると日本海側からの
厳しい気象条件で、スキー場の準備等「大山」周辺は別世界の雪山になると聞いていました。
当初は12月14日(土)の予定でしたが、降雪と風速14m以上の強風のために、荒れるとの
情報があり、米子駅前のホテルで連泊して日本酒と蟹を堪能しながら天候回復を待ちました。
15日(日)は昼前から天気になるとの予報だったので、8時レンタカー借受、9時登山開始の
スロースタートで出発しました。登山の方は登山口に近い「南光河原駐車場」に停めるので
約80台駐車可能な「大山博労座駐車場」には2台しか停まっていませんでした。
「夏山登山口」まで10分程歩いて、斜面に付けられた、ちょっとさびしい階段から入山します。
最初は参道っぽい直線の石の階段を登って行きますが、石の階段が終わるとすぐに足元に
雪が出始め、三合目を過ぎると軽アイゼン無しでは登れない状況の早い変化に驚きました。
黙々と雪の急登を登って行くと、六合目過ぎから完全に雪山の気象状況と景色になりました。
上方の山頂付近で時々青空が見えるようになり、森林限界を超えた八合目からは太陽光が
さすようになりました。「梵字ヶ池」分岐からの木道では完全に晴れ渡って、快晴となりました。
風もほとんどない最高の条件の中を、木道で山頂避難小屋まで登るとその先がピークです。
崩壊が進み立入禁止の「大山/剣ヶ峰」ですが、その手前の「弥山」山頂まで往復しました。
雲海上の為に、下界はチラリしか見れませんでしたが、快晴の絶景を楽しんで下山しました。
下山は、特別天然記念物の「ダイセンキャラボク」の純林を回って「行者コース」で下りました。
「行者コース」の「元谷」から見上げる有名な「北壁」は、想像以上の迫力ある大景観でした。
日本最大級の権現造りの「大神山神社」にお参りして、「大山寺」を抜けて参道を下ってくると
唯一の「大山火の神岳温泉/豪円湯院」が有り、ゆっくり地元の温泉につかって帰りましたが
帰り際に見上げた、晴れた冠雪の「伯耆大山」は威風堂々の素晴らしい姿でした。

登山中の画像
登山画像
大山博労座駐車場で0セットです
登山画像
遅いスタートなので登山口に近い「南光河原駐車…
登山画像
夏山登山口 34m
登山画像
最初は霊感が高まるような階段を登って行きます
登山画像
人気の山なので登山者は多くてフル装備の方もい…
登山画像
二合目 232m
登山画像
三合目を過ぎてチェーンスパイクを装着しました
登山画像
五合目 509m
登山画像
要所にある看板には現在地が表示されています
登山画像
六合目を過ぎると完全な雪山になりました
登山画像
彼方の山頂付近に天候の変化点が見え始めました
登山画像
風が無いので汗が出る急登を登り続けます
登山画像
八合目 864m
登山画像
間違いなく天気は回復しています
登山画像
森林限界では太陽光の下を登って行きます
登山画像
「梵字ヶ池」の分岐点まで登ってきました
登山画像
ついに天気は快晴になりました
登山画像
「梵字ヶ池」の分岐点からは木道を登って行きます
登山画像
手前のピークが「弥山」で奥のピークが「剣ヶ峰…
登山画像
雪のナイフエッジを渡って「弥山」山頂に着きま…
登山画像
弥山/大山山頂 1002m
登山画像
今日はここまでで勘弁してあげましょう
登山画像
下界も視界が開けてきました
登山画像
時間が止まった別世界です
登山画像
名残惜しいですが下山を開始します
登山画像
山頂避難小屋 974m
登山画像
下山は「ダイセンキャラボク」純林のある「梵字…
登山画像
深いところでは足を落とすとヒザ下の積雪です
登山画像
天気がいいので下山もかなり気持ちがいいです
登山画像
油断するとあっという間に遭難注意報です
登山画像
「ダイセンキャラボク」は特別天然記念物です
登山画像
木道で「ダイセンキャラボク」の間を抜けますが…
登山画像
八合目 879m
登山画像
振り返ると山頂付近の天気はまだいいみたいです
登山画像
深い雪の道を下っていきます
登山画像
時折見える下界が時間を思い出させてくれます
登山画像
ガンガン下っていきます
登山画像
行者谷分かれ 565m
登山画像
山頂付近では風が出てきたようです
登山画像
狭いステップをジグザグに下っていきます
登山画像
次は果てしなく続く直線を下っていきます
登山画像
なかなかの樹形です
登山画像
この景色を見るために下山は「行者コース」を選…
登山画像
元谷入口 293m
登山画像
日本最大級の権現造りの「大神山神社」は国指定…
登山画像
大神山神社 109m
登山画像
有名な700mの長さの参道を下っていきます
登山画像
大山博労座駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れさまでした
登山画像
JR米子駅から現役車両の特急「やくも」に乗っ…
登山画像
車窓から見るとさすが「出雲富士」と言われる重…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター、アウタージャケット、オーバーグローブ、冬山用登山靴
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    天気安定し降雪少なめ。登山道の積雪は踏み固められ上部はクラストのため12本爪アイゼン必要
    20年02月25日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?