登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
ランナーにあおられて新春ハイク 焼山、姫次、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2020年1月5日(日)

  • 利用した登山口

    焼山登山口   大倉  

  • 登山口へのアクセス


    その他:行き_
    新宿駅04:55(京王新線・高尾山口行き)~05:24調布駅05:32(京王相模原線・橋本行き)~05:58橋本駅・北口1番乗り場06:20(神奈川中央交通)~06:54三ケ木バス停06:55(月夜野行き※伏馬田入口止まり)~07:12焼山登山口バス停
    帰り_
    渋沢〜本厚木〜新宿(小田急線)

  • 天候

    晴れ、風ややあり。12月22日の雪(凍結)のうえに前夜の雪が1〜2センチ。
    [2020年01月05日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

焼山登山口(07:23)・・・焼山(08:32)[休憩 10分]・・・平丸分岐・・・大平分岐・・・黍殻山避難小屋・・・八丁坂ノ頭・・・姫次(09:45)[休憩 12分]・・・地蔵平・・・蛭ヶ岳(10:52)[休憩 7分]・・・棚沢ノ頭・・・丹沢山(11:57)[休憩 20分]・・・塔ノ岳(12:54)[休憩 5分]・・・金冷シ・・・花立山荘・・・茅場平・・・小草平・・・駒止茶屋・・・雑事場ノ平・・・観音茶屋・・・大倉(14:15)

総距離 約23.1km 累積標高差 上り:約2,372m
下り:約2,377m
コースタイム 標準:11時間40分
自己:5時間58分
コースタイム倍率 0.51
天気が良さそうなので富士山を眺めながら歩こうと丹沢の主脈へ。トレイルには雪や霜がうっすらと積もっていたが滑り止めは使用せずに歩き通すことができた。アイゼン装着の登山者はほとんどいなかった。焼山登山口から焼山に至る途中の、標高700mを越えたあたりの大きな崩落地点は尾根に上がって通過した。
.
【概略】
「青野原診療所前」までだった神奈川中央交通の三ケ木発 月夜野行きバスの運行は「伏馬田入口」まで延びており、「焼山登山口」にも停車する。
「コース利用自粛」「通行止め」の原因となっている登山道の崩落地点は、焼山登山口から焼山までの三分の二、標高720m近辺。直前にロープが張ってある。地形図によれば登山道はいずれ西の尾根に上がるので、手前から尾根に登って現場を巻いた。
12月22日の夜に降った雪は融けて固まり氷になっているようだが、その上に前夜(1月4日)の雪がうっすらと積もっていた。摩擦を担保してくれるありがたい雪のおかげで滑り止めなしでもスリッピーな箇所はなく、傾斜の緩い木道や階段は一段飛ばして下降した。陽のあたる場所は盛大にぬかるんでいた。
.
【山行記録】
京王線の橋本駅でひどく軽装のランナーのペアに気づいてはいたが、まさかバスを2本乗り継いでおなじバス停で降りるとは思わなかった。装備を整えているあいだに先にスタートしてくれる。なのに林道から登山道(東海自然歩道)に入るところで通行止めの掲示を眺めており、こちらが前に出てしまう。そしてなかなか追いついてこない。尾根に取り付いて崩落地点を高巻いているときに現場を眺めている二人を下方に見つけ、下を巻かないように声をかけた。焼山のベンチで彼らがやってくるまで休憩をとり、アイゼンをもっているのかたずねておく。
先に行ってもらったのに、やがて立ち止まるからまた前に出てしまう。人が少なくて静かなエリアを選んだはずなのに面倒な展開になったなあ、と思う。それなら正月休みで1.5kgほど増えた体を絞ることにして、スピードハイクに徹してみようと計画を変更する。道中、焼山への登りの途中から白っぽくなったトレイルは昨夜のわずかな積雪だったり霜だったりした。霜柱に踏み込んで沈む以外は脚の運びに支障はなかった。眺望のない黍殻山への登りと袖平山へのピストンは省く。
姫次では真正面に見える富士の眺めを堪能した。上がってきた二人と入れ違いに地蔵平へ向かう。蛭ヶ岳への登りにかかるころ、背後に人の気配を感じたので振り返ると二人が走っている。走るのは下りと平らなトレイルらしい。蛭ヶ岳への標高差300mの階段登りはキツく、まだふた山あるのでセーブしながら登った。山頂でもまた入れ違いになり、中ノ沢乗越あたりで走って下りている姿を後方に確認し、丹沢山頂でカロリーメイト6本をハイドレーションで流し込んでいるときに見かけたのが最後になった。
塔ノ岳山頂からの下降トレイルに降雪の影響はほとんどなかった。体の右半分のこわばりもだいぶ解けてきた。骨盤のフレックスを意識しながら1時間15分で大倉へ降り、農家の玄関先で100円のみかんを買う。最近の山行の終わりはヘッドランプを灯けバスに間に合おうとダッシュしてばかりだったので、14時半前の好天の陽の光のなかでみかんを頬張る平穏に少し戸惑った。


登山中の画像
登山画像
バス道から林道への入口。
登山画像
道中。
登山画像
おなじく道中。
登山画像
登山道崩落地点。
登山画像
崩落地点を高巻いてあがってきた尾根。急斜面な…
登山画像
尾根に上がると祠があった。
登山画像
道中。
登山画像
小さな崩落箇所。
この山行での装備
【その他】 サロモンのX Ultra 3・モンベルのストレッチゲイター。テスラの冬用起毛タイツ・ユニクロのショートパンツ。テスラの冬用起毛インナーにマウンテンハードウェアの長袖・モンベルのヤッケ・モンベルのヘルメット・ノーブランドのロンググローブ。ザックはロウアルパインの25リッターに、雨具・モンベルのチェーンアイゼン・ユニクロのライトダウン・ロールペーパー・ヘッドランプ・スマホ・バッテリー充電器と予備電池・ボイスレコーダー・ココヘリ発信機・地図、カロリーメイト3パック、下山後の着替え一式。キャメルバックのハイドレーションに薄めのスポーツドリンク1リッター(残量0.5L)。スタート時重量6.5kg。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ