登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
初春の丹沢(鐘ヶ嶽・擂鉢広場・三峰山・煤ケ谷) 鐘ヶ嶽、三峰山(関東)
img

記録したユーザー

カモネン さん
  • 日程

    2020年1月25日(土)

  • パーティ

    2人 (カモネン さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:厚木バスセンター9番乗り場から「厚33七沢行き」に乗車して広沢寺温泉入口バス停で下車。所要約25分。

  • 天候

    曇り
    [2020年01月25日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

広沢寺温泉入口バス停(8:05)⇒ 鐘ヶ嶽(9:10/9:20)⇒ 山神峠(9:40)
 ⇒ 見晴広場B(10:10/10:15)⇒ 見晴広場A(10:20)⇒ 擂鉢広場(10:30)
 ⇒ 大沢分岐(10:45/10:55)⇒ 778ピーク(11:05)⇒ 893ピーク(11:30)
 ⇒ 唐沢峠(11:40/11:50)⇒ 三峰山分岐(12:20/12:30)⇒ 三峰山(12:55/13:05)
 ⇒ 物見峠手前分岐(14:00)⇒ 煤ケ谷バス停(15:00)


総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約1,537m
下り:約1,497m
バタバタしていたり、雨だったりして、延び延びになっていましたが、ここにきてようやく今年最初の山行です。この時期はやはり雪の心配のない丹沢にしてみましたが、今回はこれまで歩いたことのない区間を加えたルートにしてみました。
スタートは広沢寺温泉入口バス停。まずは鐘ヶ嶽に登り、山神峠まで下ります。ここまでは何度も歩いたことがあります。が、今日は山神峠から不動尻には向かわず、弁天御髪尾根の見晴広場と擂鉢広場を経由して大沢分岐に出てみます。
未踏区間に突入するといきなりの急登。鎖・ロープもあり。鹿柵に沿って汗だくで尾根を登りつめると程なくして茶色の陶器の筒が現れました。ここが見晴広場B。あいにく天気は曇りでしたが晴れていればなかなかの見晴らしでしょう。
さらに尾根を進むと見晴広場A。「広場」というほど広くはないんですが見晴らしは開けてます。にしても、尾根道は明瞭だし、しびれるほどの危険個所もなく、山歩きに慣れた人にはごく普通の登山道なのになぜ登山地図に載らないんでしょうねぇ?などと不思議に思いつつ進んでいると擂鉢広場に到着。確かに擂鉢のような地形になっていて、ギリシャの円形歌劇場の遺跡みたいでした。
擂鉢広場からも急登ですが、割とあっけなく大沢分岐に到着。ここからは歩き慣れたいつものルート。778ピークと893ピークを経由して唐沢峠へ。なお、778ピークから間違って鍵掛尾根に下ってしまう人が多いからか、「鍵掛」と書かれた小さな標識が新たに設置されていました。
唐沢峠からは点線のバリエーションルートで三峰山を目指します。が、バリエーションルートとは言っても最近は歩く人が多いようで明瞭な踏み跡ができてました。すれ違った人も20名ぐらいいましたから、もはやバリルートではないように思います。
三峰山の鎖場地帯は2年ぶり。何度来ても楽しいルートですねー。積雪があるとスリップ&滑落の危険が高まってやや緊張しますが、雪さえなければフィールドアスレチック感覚で踏破できます。あとは煤ケ谷を目指して緩やかなアップダウンの登山道を下るのみ。このルートもあまり人に会わない静かな区間です。予定では物見峠を経由して煤ケ谷に下りるつもりでしたが、煤ケ谷15:05のバスに乗るために物見峠の手前の分岐から煤ケ谷に下りました。この区間も私にとってはお初のルート。どのくらい時間がかかるのか心配でしたが、バス停には何とか15:03に到着。バスは1時間に1本しかありませんからラッキーでした。

今回初めて歩いた山神峠から大沢分岐までの弁天御髪尾根。以前に山友達から勧められていましたが本当に良かったです。急登あり、鎖・ロープあり、痩せ尾根あり、見晴らしあり等々、いろいろな変化がありましたし、何よりも人がいなくて静か。おすすめです。

登山中の画像
登山画像
広沢寺温泉入口バス停から少し登ったところにあ…
登山画像
天狗伝説の残る地点。
登山画像
浅間神社直下の石段。
登山画像
浅間神社境内にある案内板。
登山画像
鐘ヶ嶽山頂の石仏。
登山画像
見晴広場Bへの急登。
登山画像
見晴広場B。
登山画像
見晴広場A。あまり広場っていう感じはなく、た…
登山画像
擂鉢広場。円形歌劇場みたいな感じ。
登山画像
大沢分岐に向かう急登。
登山画像
おなじみの大沢分岐。
登山画像
778ピークに今までなかったこんな標識が!
登山画像
893ピークに向かう急登。
登山画像
点線のバリエーションルート上にある「通行禁止…
登山画像
三峰山の鎖場。
登山画像
三峰山山頂から下る急階段。
登山画像
鎖・ハシゴ・ロープの連続。
登山画像
修験者の祈りの場(パワースポット)。
登山画像
ここから煤ケ谷に向かって下る。
登山画像
気持ちの良いトレイル。
登山画像
物見峠手前の分岐。おどろおどろしいことを書い…
登山画像
突然現れた祠。これも丹沢修験の関係?
登山画像
煤ケ谷までもう少し。
登山画像
煤ケ谷バス停。奥に見える橋の向こうから下りて…
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、修理用具、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。