登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
武尊山(上野原登山口から須原尾根) 武尊山(上信越)
img

記録したユーザー

与一 さん
  • 日程

    2020年3月23日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:宝台樹スキー場まで道路に雪まったく無し。奥にある武尊山登山口まで一部路面に雪があるが入れる。雪があるので3台くらい。さらに先の入会の森の先まで除雪してあるが、道以外に積雪があるので解けるまで利用できない。

  • 天候

    晴れ/曇り 午後強風
    [2020年03月23日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口駐車場(5:20)・・・尾根取付(5:35)・・・名倉ノ頭(8:10)・・・避難小屋上(9:10)・・・武尊山(12:00/12:10)-名倉ノオキ(14:10)・・・林道(14:50)・・・駐車場(15:40)


総距離 約12.9km 累積標高差 上り:約1,319m
下り:約1,317m
尾根への取り付き
 駐車場からの林道は雪道、まだ凍っているので潜らない。なるべく末端側から登りたいの で、雪がつながっていそうな枝尾根を探しながら林道を奥に進む。なんとか行けそうな場所に入ろうと一歩踏み込むと腰下まで落ちる。初めからわかん装着。尾根の途中で雪が切れていて、わかんを外す。結構急で一部木登り。雪が続いていた緩い凹状地形から取り付いたが、尾根筋からの方が良かったかも。尾根は藪が少ないので、今思えば雪のない末端から登ってもよかったかも。

尾根(名倉ノオキからは夏道と合流)
 尾根上は疎林で歩きやすく、この時期だからか雪庇など危険な要素はない。細かいアップダウンがあり、いくつかは稜かトラバースかの選択がありいずれも急傾斜。崩れやすい雪なので怖いと思えるところはあるが、足場を確実に確保しながら行動すれば問題はない。

鎖場
 鎖場はすっかり雪に埋まっていて、周りの景色も変わっている&記憶も怪しいので、夏の岩場を登っているかどうかも定かではないが、急な雪面は3つに分かれている。始めの場所は雪が不安定で足場つくりに時間がかかった。出口の数メートルは胸に雪面が当たる状態なので、手で雪を掻き落とし斜度を落として細かく前進する状態。振り返ると深いU字溝になっていた。中間は急斜面が短いものの、足場が流れるので時間と体力を消費、最後の場所は堅く締まっていてわかんがけりこめない、ピッケルを打ち込んでわかんの爪で(アイゼンに履き替えるとこだが横着したため)、上部は鎖が出ていたので、ピッケルのピックを差し込んで手掛かりにしてクリアした。鎖場で1時間半もかかった。

上部稜線
 鎖場を抜けるとなだらかな稜線となり、細かいアップダウンや小ピークのトラバースを過ぎると周囲が見渡せるようになり気持ちが良いが、非常に冷たい風が強く吹いていた。川場スキー場側から何人かが行き来していた。

下りは往路を名倉ノオキまで引き返し、名倉沢に下って林道に出た。

迷いポイント(私だけ?)
 武尊山から西に300ほどの尾根が北に向きを変える部分、往路トラバースして踏まなかったピークを踏んだ後、下る方向を間違えて往路トレース地点まで引き返した。

鎖場の迂回ルート(登りでも使えるが、状態により雪崩に注意)
 登ってきた鎖場は下る方がさらに厄介と判断し、武尊山頂から確認した東斜面を下り、鎖場下で往路に戻った。

武尊神社登山口の降り口
 手小屋沢避難小屋の道標は確認できたが、武尊神社登山口の降り口の道標は確認できなかった。それらしい場所はあるが、バックステップで下るような急な雪面だった。

名倉川沿いの夏道の下り口
 古い赤布(正方形1枚、短冊2枚、紐1本)が周囲の木や枝にかかっているし、地形の1692ピークからちょっと下った大木が生えている場所なので、注意していればわかる。木の枝越しに雪面があるのでほぼまっすぐ、雪面を目指して下れば、宝台樹尾根との分岐の鞍部に出る。北に谷地形があるので、その谷を下る。

名倉谷(夏道)
 谷の上部は雪で埋まっていて快適に歩けるが、中間部より水流上の雪が解けシュルンドが小さな口を開けている。落ちても大したけがはしないが、這い上がるには背丈ほどの雪の壁を這い上がらなければならないので、激しく体力を消耗することが想像できる。また対岸に渡れなくなると、岸の急斜面をトラバースする必要があるので、雪解けが進むとますます厄介かもしれない。(谷の下降は尾根より危険)

林道
 林道は朝と違って雪が緩み、わかんが役立った。カーブを省略しようとして、林道を外れたら腰まで潜って脱出に時間がかかった。朝の教訓が生かされていない。急がば回れが正解だ。

水場
 入会の森の十郎太の泉は、その周囲だけ雪が解けていた。水量は秋と変わっていない。立ち寄って顔を洗い水を頂いた。

登山中の画像
登山画像
駐車場 雪はあるが3台程度なら止められそう。
登山画像
入会の森と名倉尾根末端
登山画像
取り付き点(崖上の途切れたところから)
登山画像
林道脇は雪の下に空洞がある
登山画像
谷系から汐音に上がると、雪が切れていた
登山画像
枝尾根上部は何とか雪がつながっている
登山画像
遠くに武尊山、本当にたどり着けるかやや不安(…
登山画像
名倉尾根に合流、快適な雪面
登山画像
ちょっぴり近くなったがまだまだ遠く感じる
登山画像
思いがけないリッジ状
登山画像
手小屋沢避難小屋下降点、すぐ下の避難小屋は雪…
登山画像
最初の鎖場? 登ったのは写真の右手(写せなか…
登山画像
こんな地形、段々の通過が厄介(段々の左側の斜…
登山画像
難所を超えて武尊山近づく。このころから風が吹…
登山画像
もう一登りで武尊山。予定時刻を1時間30分も過ぎ…
登山画像
奈倉谷上部、うまくルートを取れば1mmも登り返…
登山画像
中間部ではひび割れが
登山画像
入会の森の十郎太の泉
登山画像
迷いポイントと鎖場の迂回トレース
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、ゴーグル、ザイル、ロープ、ビレイデバイス(確保器)
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

与一さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

与一 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?