登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
梅雨明けの谷川岳 天神尾根往復 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん

この登山記録の行程

天神峠(09:00)・・・天神峠分岐(09:25)・・・熊穴沢避難小屋(09:45) [休憩 10分]・・・天狗の留まり場(10:35) [休憩 10分]・・・谷川岳肩ノ小屋 (11:25) [休憩 10分]・・・トマの耳 (11:45) [休憩 05分]・・・オキの耳 (12:10) [休憩 30分]・・・谷川岳肩ノ小屋(13:00)・・・天狗の留まり場(13:25) [休憩 15分] ・・・熊穴沢避難小屋(14:20)・・・天神峠分岐(14:35)・・・天神平(14:50)


総距離 約7.0km 累積標高差 上り:約995m
下り:約1,171m
 長かった関東甲信越地方の梅雨がやっと開けた。いよいよ夏山シーズンの到来である。早速ロープウェイを使えば手軽に高山の雰囲気を味わえる谷川岳に出かけた。登りの道中はほとんどガスがかかり展望はきかなかったが、肩ノ小屋でガスが晴れ、雄大な景色がお出迎え。夏の花もたくさん咲いていて楽しい一日を過ごすことができた。
 ロープウェイの天神平駅からリフトを乗り継いで天神峠へ。リフトの下はお花畑になっていてニッコウキスゲやシモツケソウがいっぱい咲いていたが、ガスがかかり見晴しはよくない。条件がよければ富士山まで望める南側の展望台へ行ってみたが、周りは真っ白で何も見えない。早々に天神尾根を山頂に向かった。
 登山道は道の両側のクマザサが刈られや、歩きやすいようになっていたが濡れた岩の上の刈り取ったササが乗っていて滑りやすい。天神尾根分岐で天神平からの登山道に合流、熊穴沢避難小屋にはたくさんの登山者が休んでいた。
 避難小屋から本格的な登りとなり、岩場も出てくる。岩場にはクサリやロープが取りつけられているが、すでに下山する登山者もいてところどころで渋滞していた。時々薄日がさすものの、天狗の留まり場もガスの中。天狗のザンゲ岩を過ぎ、木道が出てくると肩の小屋まであと一息なのだがガスの中の登り。下山者から「頂上は晴れていますよ」との声に励まされ登った。
 肩の小屋でそれまでの天気が一変した。西へ、万太郎山から平標山へと続く稜線の北側は晴れ。南側は白い雲がわいている。稜線を挟んで天気が一変、絶景であった。
 トマの耳にも多くの登山者。東側からは雲がわきいている。オキの耳に向かう稜線から東側の岩壁を望むとはるか下に雪渓が残っているもの見えた。
 オキの耳のでも多くの登山者がいたが、小学生を連れた家族連れや、若者のグループも多かった。最近は登山者の年齢層が広がっていることを実感させられた。
 オキの耳でゆっくり展望を楽しみ、下山にかかった。途中に何カ所かある岩場では子どもや岩場に不慣れな登山者がいるようで、時々渋滞が発生していた。天神平のローウェイ山頂駅に到着でやっと谷の向こうに白毛門が顔を出したが、谷川岳の山頂は雲に隠れていた。
 なお谷川岳ロープウェイの営業時間は11月まで土日祝日は7時から。平日は8時から午後5時までである。

登山中の画像
  • ローウェイ山頂駅
  • リフトで天神峠へ
  • 天神峠の展望台。一面真っ白
  • 天神峠から
  • 天神峠のお花畑
  • 熊穴沢避難小屋
  • 岩場では登山者の行列
  • 天狗の留まり場下
  • 天狗の留まり場
  • 頂上直下の階段
  • 谷川岳肩ノ小屋
  • 谷川岳肩ノ小屋から西へ続く稜線を望む
  • 肩ノ小屋からトマの耳を望む
  • トマの耳への登りで
  • トマの耳、登山者いっぱい
  • トマの耳からオキの耳を望む
  • オキの耳
  • オキの耳からトマの耳
  • 天神平駅から見る白毛門
  • ニッコウキスゲ
  • シモツケソウ
  • ハクサンフウロ
  • クルマユリ
  • ウスユキソウ
  • ミヤマシャジン
  • キオン
  • タカネコンギク
  • エゾシオガマ
  • オオコメツツジ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 谷川岳登山指導センター ~谷川岳
    谷川岳登山指導センター
    9/9の豪雨によりロープウェイベースプラザ手前の橋が崩落し、9/15現在、一般車両通行止め。ロープウェイの運行再開も未定
    20年09月15日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...