登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 7
大神の待つ神話の山 両神山 両神山(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年8月30日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビに「両神山荘」をセット。ダリア園を過ぎた付近から車幅が1車線と狭くなるが、舗装道路で危険個所はない。突き当りに有料駐車場あり。15台程度で1,000円/日(500円と聞いていたのに?値上がり??)。トイレあり。その数百m下に、無料駐車場が隣接して2つある。登山口へは階段でショートカットができるため、無料駐車場で十分便利。ただし、ここも台数は多くないため早めの到着がお勧め。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

第1無料駐車場(4:56)・・・登山口(5:06)・・・両神神社里宮・・・七滝沢コース分岐(5:29)・・・八海山・・・弘法の井戸(6:26)・・・清滝小屋(6:37)・・・鈴が坂(6:48)・・・両神神社(7:16)・・・剣ヶ峰(両神山頂)(7:39)(休憩~8:16)・・・両神神社(8:33)・・・鈴が坂・・・清滝小屋(8:57)・・・弘法の井戸(9:03)・・・八海山・・・七滝沢コース分岐・・・両神神社里宮・・・登山口(10:18)・・・第1無料駐車場(10:23)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,896m
下り:約1,907m
両神山。その名前に惹かれていつかは登りたいと思っていた。名前の由来は所説あるが、一般的には「イザナギ(伊邪那岐命)」と「イザナミ(伊邪那美命)」の神(二柱)を祀っていることから両神山と呼ばれるようになったと言われている。イザナギとイザナミと言えば、日本列島や多くの神々を産み出したとされる日本神話の始まりの神様。そんな古事記の世界を想像するだけでも行ってみたくなる。山頂でそんな世界を思い描いてみよう。そして、今回もう一つミッションを設定した。それは「愛らしいアイツに会うこと」。詳細は後述で。
前日入りで秩父を目指す。途中、長瀞に立ち寄り特別天然記念物の「岩畳」等を見て回る。普通に歩いているだけでも気絶しそうな猛暑に、Tシャツが一瞬で汗だくになってしまった。波しぶきとともに歓声が上がるラフティング。岸辺でBBQを楽しむファミリーと、長瀞はアウトドアには最高の場所だ。
一通り観光地を巡った後、夕方、岩畳に戻ってきた。岩の上に腰を掛けて、暮れていく風景を楽しむ。川岸で少しは涼めるかと思ったが、太陽が沈んでも嫌な暑さがそのまま残っていた。
「長瀞」というと個人的には「埼玉」よりも「和歌山」を最初に連想する。そもそも「瀞」とは川の流れを表す言葉で、カヌー用語では「瀞場」というが、長い距離に渡って流れが緩やかな場所を指す。エメラルドグリーンの穏やかな川面を眺めながらカヌー(カヤック)でホワイトウォータに夢中だった頃に想いを馳せる。今や遠い昔。笑。

食料を買い込み、道の駅「両神温泉薬師の湯」に一泊の陣をとる。登山口まで行ってしまおうかとも思ったが、道の駅には温泉もあり何かと便利だ。
昼間の熱気は深夜になっても残り、汗が滝のように流れ落ちて眠ることができなかった。それでも数時間は体力回復ができただろうか。
3時に行動を開始して、身なりを整えてから登山口へと車を走らせる。
第1無料駐車場に一番乗り。日の出とともに歩き出す。
バス停向かい側の階段を使って、登山口となる両神山荘脇までショートカットをする。ショットカットの階段には、「両神山 山頂」の矢印が設置されていた。間違いではないが、スタート時点から「山頂はこちら」はさすがに気が早くないか?と思ったのは自分だけか。ちなみに今回選定したのは最もポピュラーな日向大谷コース。その表参道と呼ばれるコースを使って登る。標高差1,100m。全部で5.6kmの行程。
スタート時点はほぼ水平移動。小さな鳥居をくぐり石像に「今日はよろしくお願いします」と頭を下げる。ここから本格的な登山道がスタートする。
軽いアップダウンを繰り返しながら携快に進んでいくと沢の音が聞こえてきた。
ほどなくして七滝沢コースとの分岐点。下山時に七滝沢コースを使おうと目論んでいたのに、「通行止め」と書かれている。台風19号の影響で崩落しているとか。コロナの時節柄、万が一のようなことは控えるべきと、ここは大人しく拝承。
沢に合流。何度か渡渉しながら沢に沿うように登っていく。水の流れる音に癒される。昇ってきた太陽の光が、木漏れ日として差し込んでくる。朝一番の陽射しだというのに、とても力強い。今日も暑くなりそうだ。渡渉のたびに、立ち止まって沢の水で顔を洗う。
水場「弘法の井戸」に到着。
大きな岩の下にパイプが2本突き出ていて、湧き水が流れ出していた。
手ですくってみると、沢の水よりも断然冷たい。地下水だろうか。一口飲んでみるとまろやかでとても美味しかった。飲み過ぎると胃液を薄めてしまうので、夏場の水分補給にはいつも気を使っているが、あまりの美味しさについ「もう一杯だけ」と水を掬う手が止まらない。
手の水を払い、顔をあげると、苔むした岩の上に弘法大師の石像があった。水を飲み干すまで全く気が付かないとは、いやいやお恥ずかしい。
ここから沢を外れ斜面を登っていく。次の目的地「清滝小屋」まではそう遠くはない。斜面を登っていくと樹木の間に大きな屋根が見えた。避難小屋だと勝手に思っていたが、炊事場や休憩所もあって、想像以上に立派な小屋だった。今は休業していて無人になっているとか。覗いてはいないが、(少なくとも外観は)綺麗なトイレもあった。
裏側のテント場に回ってみると、テントが2張りあった。一晩泊まって早朝に日の出アタックでも狙ったのだろうか。
小屋を過ぎて、斜面をつづら折り状に登っていく。「鈴が坂」に入ると更に斜度が一段増す感じだ。日向大谷コースは全体的に急登と呼ぶような坂はないが、沢を離れてから山頂までは、ひたすら休みのない坂道が続くため地味に体力を要する。
斜面を登りきると「産体尾根」と呼ばれる変わった名前の尾根に出る。尾根に出ると視界が開け幾分気持ち的に楽になるが、コース的にはここからがラストスパートで踏ん張りが必要。開けたところから両神山の山頂付近が望める。尾根沿いに登り緩やかに右にカーブするように山頂を目指していく。
足場の悪い鎖場が続くが、鎖に頼らにと登れないような危険個所はない。
大きな「横岩」を過ぎて、進んでいくと朱い鳥居が見えてくる。ついに両神神社に到着。
本日のミッション「愛らしいアイツに会うこと」の目的地だ。
ソイツは鳥居をくぐった直ぐのところに左右に分かれてちょこんと座っていた。
大昔、神社に狛犬を置くことになった際に、誰も狛犬なるものを知らなかった初期の頃は、「狛犬ってなんだ?犬か?」と勝手に想像で作った時期があった。この時に作られた独創的な狛犬をぞくに「へんな狛犬」と呼ぶ。Googleで検察してみると分かるが、全国には愛らしい変顔をした狛犬が多数存在する。それはそれで一見の価値がある。
長い前振りをしてしまったが、しかしながらソイツは同じ変顔でも「へんな狛犬」ではない。負けず劣らず愛らしい顔とユニークなフォルムをしているが、よく見ると愛らしい顔には鋭い牙が生えている。そう、これは犬ではなく最強のオオカミ。
両神山には神犬信仰のもとになっている神話が残っている。両神山にイザナギとイザナミが祀られているのは、日本武尊が東征の折にこの地を通りがかった際に二柱を偲んで祀ったと言われている。その時、日本武尊を両神山まで案内したのが、真っ白なオオカミだったとか。オオカミの語源は「大神」。調べてみると「日本書紀」ではオオカミのことを「かしこき神(貴神)にしてあらわざをこのむ」と表現しており、神様の使いとして崇めている。秩父周辺では、両神山のようにオオカミを祀っている神社が多い。特に三峯神社は有名だ。
二対の狛犬をよく見比べてみると、正面に向かって右側が雄、左側が雌であることが分かる。興味深くて見ていても飽きない。
両神神社までくれば山頂も近いのかと思っていたが、意外に距離があって驚いた。ただし、神社以降はほぼ水平移動なので、もうひと踏ん張りだ。横を見ると下から雲が競り上がってきていたので、先を急ぐ。時間との勝負だ。
岩場に足をかけ身体を持ち上げると山頂の標識が目に飛び込んでくる。剣ヶ峰と呼ばれるだけあって、積み上げられた岩の塊のような場所だ。山頂部分はとても狭く、岩のてっぺんに祠と三角点が設置されていた。一番高いところに立つと360度の絶景が見渡せる。秩父の山々が特に美しい。たおやかな稜線歩きがいまだ忘れられない雲取山も見える。雲取山からの稜線を辿っていくと甲武信ヶ岳がある。そして、雲取山と甲武信ケ岳の間には富士山も見える。もう少しゆっくり眺めていたかったが、競り上がってきた雲が直ぐに視界をふさいでしまった。本来であれば、南アルプスや八ヶ岳も見えるはずだが、こちらは既に雲の中だった。秩父山系と富士山を拝めただけでもラッキーか。
腰を下ろして、雲の流れと雲の合間から見える山々の風景を楽しむ。登ってきた方向の反対側、つまり山頂の向こう側には明らかに山容が異なるのこぎりの歯のような稜線が延びている。鎖場が30も連続するという関東屈指の岩場、八丁峠コースだ。岩場・鎖場ハンターとしては、上級者コースと聞いてワクワクしない訳がない。実は今日も密かに八丁峠まで足を延ばしてピストンをするつもりでいた。しかし、山頂に立ってみると妙に冷静に八丁峠コースを眺めている自分がいる。不思議なほどに気分が乗らない。照りつける太陽で気絶しそうなくらい暑いが、水はまだ3L以上残っている。体力や足の状態も申し分ない。しかしなぜか山頂で折り返えすのが正しい決断のように思えた。虫の知らせ的なものか、なんだかよく分からないが、こんな日は素直に心に従うべきと昔から決めている。
八丁峠コースのさわりだけ確認してから下山開始。岩場・鎖場ハンターは別な機会に出動だ。
全体的に登りやすかった日向大谷コース。降りはスピードを載せて一気に降る。降りると決めたからには、頭の中には「温泉」の漢字二文字でいっぱい。
かくして、猪突猛進で下山。野宿をした道の駅「両神温泉薬師の湯」に舞い戻り、良質な温泉に肩まで浸かる。熱中症ギリギリで歩いていたが、温泉でさっぱりリセットすることができた。ちなみに薬師の湯は大人600円。これにモンベル会員証を提示すると1割引きが適用できるのでお得。

登山中の画像
登山画像
両神山荘。ここから登山開始です。
登山画像
七滝沢コース分岐。えーーっ通行止めなの???…
登山画像
山岳信仰の山だけあって、あちこちに石像が。
登山画像
コノハズクみてみたい。
登山画像
弘法の井戸。いやー冷たくて美味しかった。
登山画像
弘法さんも微笑んでいます。
登山画像
清滝小屋。立派な小屋でした。
登山画像
裏のテント場。二張りありました。
登山画像
鈴が坂。つづら折りに登っていきます。
登山画像
両神山の山頂方面が見えてきました。
登山画像
危険な鎖場は基本ありません。
登山画像
こんな階段もあったり。
登山画像
両神神社につきました。 :)アイツはいるかな…
登山画像
いたー。可愛い。 :)
登山画像
角度を変えて。右側の雄です。
登山画像
左側の雌。なんで区別がつくかというと、、、そ…
登山画像
別なやつ。こちらはしっぽが大きい。
登山画像
山頂までは比較的水平移動。
登山画像
山頂手前。
登山画像
この岩をよじ登ると。。。
登山画像
山頂です。
登山画像
マップで山座同定。
登山画像
左に雲取山。右に甲武信ケ岳。中央に富士山。
登山画像
富士山アップ。
登山画像
八丁峠コースはこんな感じ。いいねぇ。
登山画像
表と裏の妙義山を思い出します。
登山画像
もう一度、山頂を眺めて下山。
登山画像
カッコいい石像。
登山画像
下山してきました。有難うございました、
登山画像
両神山荘に到着。
登山画像
第1無料駐車場の様子。いっぱいになっていました。
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    伊吹では白いイノシシだったんですけど。たける君、現代の田中陽希さんですね。

  • Yamakaeru さん
    そう大台ヶ原とかあちこちに行ってるね。そう言えば。

  • えいちゃん さん
    オオカミの狛犬、武蔵御嶽神社(御嶽山)にもありますね。
    大口真神(オオクチノマカミ)といって、昔から奥多摩、秩父方面ではオオカミ信仰は盛んで
    いろんな所の神社に、オオカミの護り札が貼ってありますね。

  • Yamakaeru さん
    永ちゃんさん、コメント有難うございます。
    大口真神の名前がついた逸話は知りませんでした。興味深く勉強になりました。山を歩き神話に触れるととても不思議な世界に導かれますね。
    有難うございます。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...