登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
晴天の金峰山(コース定数17) (関東)
img

記録したユーザー

クニョム さん
  • 日程

    2020年10月25日(日)

  • 利用した登山口

    大弛峠  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:JR塩山駅から栄和交通のバスを乗り継いで大弛峠へ

  • 天候

    晴天!

この登山記録の行程

大弛峠(10:00)・・・朝日峠(10:38)・・・朝日岳(11:20)[休憩 5分]・・・金峰山(12:30)[休憩 30分]・・・朝日岳(14:10)[休憩 15分]・・・朝日峠(14:46)・・・大弛峠(15:26)

総距離 約8.0km 累積標高差 上り:約570m
下り:約570m
コースタイム 標準:4時間30分
自己:4時間36分
コースタイム倍率 1.02
晴天の予報を受けて登山を決めたのは金峰山。
JR塩山駅から栄和交通のバスとジャンボタクシーを乗り継いで、大弛峠へ向かう。
始発は7:30なのだが、自宅の最寄駅からの始発に乗っても間に合わないので、8:30発の便を予約した。この便だと、帰りは大弛峠を16:00発の便に乗らないとならない。コースタイム通りであれば問題ないのだが、最近、あまりコースタイム通りに歩けていない気がして若干不安ではあった。

大弛峠には10:00前に到着。トイレを済ませていよいよ登山開始。

人気の山であり、天気も最高ということで、駐車場はすでに満車。途中の路上にも駐車している車が何台かあった。

まず向かうのは朝日峠。歩きやすい登山道だが、コースタイムをオーバーしてしまった。このペースでオーバーだと先が思いやられるが、焦っても仕方がない。

次は朝日岳。
その朝日岳の山頂の手前に、眺望の素晴らしい岩場が現れる。朝日岳からは目指す金峰山の山頂が良く見えるが、富士山や南アルプスの姿は、この岩場からの方が良く見える。すでに、素晴らしい景観を目にして、自然とテンションは上がる。

が、朝日岳を超えて、一気に高度を下げることになり、帰りの登りか返しがとにかく不安になってしまった。この急坂を登り返さないといけないのか・・・、と。すると、足もなんとなく上がらなくなってきてしまい、焦りの気持ちが出てきてしまった。

この急坂が終わると、小さなアップダウンを繰り返しながら高度を上げていく。そして、ついに稜線へ。周りの木々がなくなったために風は出てきたが、予報で心配していたような強風ではない。霜柱が至る所にあったり、数日前に降ったという雪も北側の登山道には少し残っていたり、気温はやはり低いが、これも、予想していたよりは寒くなかった。

稜線からは、瑞牆山の山頂や八ヶ岳が良く見える。圧巻。頭上には雲一つない青空が広がり、とにかく圧巻。

で、山頂へ向かう。しかし、巨大な岩がゴロゴロしていて、短い足の持ち主としては歩きにくい。さらには、バランス感覚もダメダメで、足元がふらついてしまう。それでも、なんとか山頂にはたどり着いた。

さらに、その先に、有名な五丈岩が見えるのだが、そこまで行く気力が残っていなかった。とにかく、朝日岳への登り返しの体力を温存しなくてはいけない、という思いでいっぱいだったからだ。今となっては、少し後悔もあるが、登山においては無理は禁物、と納得するようにしている。

稜線に出たところまで戻り、遅めの昼食をとる。ここに座っていると、さすがに寒くなってくる。手もかじかんできたところで下山することにした。

そして、朝日岳への登り返し・・・。しかし、思っていたよりも順調に登ることができてしまった。超スローペースで、息を切らさない程度のスピードで登っていくと、意外にも登ることができるのだな、と思った。それも、帰宅してから時間を見てみると、コースタイムとそれほど変わらない。周りを気にせず、ゆっくりマイペースで登るべき、と改めて思った。

もちろん、足はしっかりと疲れを覚えていたが、朝日岳の後は、下りが多めのアップダウン。展望が素晴らしい岩場で少し休憩した後、登山口まで戻ってきた。

しかし、この時期は、14時を過ぎると日差しが夕方に近い色合いになってくる。登山口には無事に15:30頃戻ってきたのだが、できれば早め早めの登山を開始したい。

最後にとても印象的だったのは、大弛峠からジャンボタクシーの車窓から見た西日に輝く紅葉。西日に照らされるとこんなにも輝くのか、と驚くほどだった。車の中だったので、写真はまったく撮ることができなかったが、しっかりと脳裏には焼き付けた。

今回の山行で学んだことは、体力不足(毎回のことだが)と、自分のペースを大事にすること。
天気に恵まれ、素晴らしい山行となった。

登山中の画像
  • 塩山駅からのバス。 予約が必要。途中でジャンボタクシーに乗り換えて大弛峠へ。
  • 登山口近くにある、登山届提出箱
  • いよいよ登山開始
  • こんな登山道は好きだが・・・
  • この日は素晴らしい天気で、眺望は抜群
  • 朝日峠に到着。 コースタイムよりも時間がかかったが、スピードアップは無理な気がする。
  • ケルンもあった。
  • 南アルプスが良く見える。すでに雪が積もっていた。
  • 富士山もくっきり
  • 朝日岳直前の開けた岩場。朝日岳からよりも展望は良いかもしれない。
  • 朝日岳に到着。
  • 朝日岳ここからは金峰山の頂上が良く見える
  • 朝日岳から一気に下る登山道が恨めしい・・・。
  • あそこまで登るのか・・・。まだ先は長い・・・。
  • 雪が所々に残っていた。数日前に降ったらしい。霜柱はいたるところに! 寒いわけだ。
  • ついに稜線へ! 八ヶ岳や瑞牆山がくっきりと見える! 最高!
  • ついに山頂へ!
  • 富士山の山容が最高。
  • 金峰山山頂と言えば、五丈岩。
  • ついつい何度も撮ってしまう富士山
  • もう一度、五丈岩
  • 山頂の岩が凄すぎる。
  • ここで遅めのお昼(パン)。 風は予報よりは落ち着いていたが、やはり寒い。
  • ここから、朝日岳の山頂へ一気に登っていく。
  • こんな岩がたくさん!
  • 富士山の見納め
  • 朝日峠まで戻ってきた
  • 登山口に到着! 無事に下山。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

クニョムさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    2020年の営業は終了しました。来年は4/25~営業予定(予約は1/4以降にお願いします)
    20年12月02日(水)
    金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    11月23日で金峰山小屋の今季の営業を終了しました。冬季の営業日をご確認ください
    20年11月24日(火)
  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    標高の高い所では凍結が想定されます。チェーンスパイクなどの用意を。11/23以降の営業は要問合せ
    20年11月18日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

クニョム さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!